2021年01月01日

元日に思う

 
謹賀新年
 
皆さまのご健康とご多幸を
お祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
快晴の元旦。
地元の神社へ初詣。
コロナ禍の終息を祈願し、自身のいっそうの精進を誓う。
 
帰宅後は届いた賀状に目を通し何通かに返信をしたため、それからベートーヴェン/弦楽四重奏曲のアナリーゼを。
ゆったりとした年の初めとなった。
 
 
そして夜7時。
いつもの年のようにTVをつける。
今回のウィーンフィル/ニューイヤーコンサートは客席に聴衆を入れない形での開催である、と情報としては聞いていた。
 
ホール内の全景が映し出される。
 
 
 
言葉にならない思いが不意にこみ上げる。
(これは...瞼に焼き付けておくべき光景であるな)
無観客ゆえにホールの響きが一段と美しいのがなんともまた哀しかった。
 
...などと思いを巡らせているうち、第1部はあっという間に終演。
そしてムジークフェラインの客席にセットされたというたくさんのスピーカーから発せられるリモートの温かい拍手が心に沁みる。
 
詩人と農夫序曲、春の声、クラップフェンの森で、皇帝円舞曲...
第2部の選曲は王道中の王道!
僕の大好きな作品ばかりだ。
 
予定の全プログラムの演奏が終わる。
ふたたび湧き上がる拍手、そして画面が切り替わった。
 
 
 
音楽は世界を結ぶ。
 
例年のようにアンコール、美しく青きドナウと続き、締めはやはりラデツキー行進曲。
 
〜そう、手拍子のないラデツキー行進曲だ。
いま我々は尋常でない場面に立ち会っているのだ、と改めて実感。
 
次回こそはきっと...
 
Danke schön, Wiener Philharmoniker!
Grazie mille, Maestro Muti!
 
 
本年も「音楽ノート」をどうぞよろしくお願いいたします。
 
令和3年 元日  小澤和也
posted by 小澤和也 at 23:28| Comment(0) | 日記

2020年12月24日

コーヒーと、音楽と...

 
立川市民オペラ合唱団のプローベへ。
活動再開後、僕にとって2度目の登板日。
 
 
早めに立川入りし、久々の一六珈琲店へ。
いつもは深煎り&苦み路線なのだが、きょうはグアテマラをオーダー。
少しだけ冷ましたところで豊かなコクと爽やかな酸味とのバランスがぴたりとハマった感じがした。
 
美味しい。(´∇`*)
 
 
このお店への訪問はほぼ例外なく立川オペラの稽古とセットである。
前回来たのはいつだっただろう?
調べたら1月以来だ...トゥーランドットの立ち稽古が佳境に入った頃だったか。
 
諸行無常。(´-`*)
 
 
またせっせとコーヒーを飲みに通うぞ。
というか...
 
通えますように。
 
 
 
Vrolijk kerstfeest!  :-)
みなさま、
素敵なクリスマスをお過ごしください。
posted by 小澤和也 at 22:49| Comment(0) | 日記

2020年12月01日

フルトヴェングラーのセッション録音 -1948年-

 
フルトヴェングラーが1947年に行ったセッション録音についてブログをしたためたのが昨年の11月30日。
 
[音楽ノート/フルトヴェングラーの命日に]
2019.11.30.記
 
続編を書こう書こうと思いつつ...
1年経ってしまった。
 
 
さて...
翌1948年に彼が遺したスタジオレコーディングは次の3曲である。
 
§ブラームス: 交響曲第2番/ロンドンpo (3/22,23,25)
§ヴァーグナー: 「神々の黄昏」より「ブリュンヒルデの自己犠牲」/フラグスタート、フィルハーモニアo (3/26)
§モーツァルト: 交響曲第40番/ウィーンpo (12/7,8&49/2/17)
 
ブラームスとモーツァルトはセッション録音としては唯一のもの。
ヴァーグナーは1952年に同じくフラグスタート&フィルハーモニアoと再録音しており、一般的にはそちらの方がよく知られているようだ。
 
 
今回はこれらの中からブラームスの第2交響曲を聴く。
僕の所持しているのはSP盤から復刻したCDだ。
 
 
以前の拙ブログでも書いたことだが、「ライヴこそフルトヴェングラーの真骨頂である」「彼のセッション録音は不完全燃焼」などと巷ではよく言われる。
その (マイナスの方の) 典型例のひとつとして挙げられるのがこのLPOとのブラームスらしいのだ。
例えば第1楽章の冒頭部は確かに “恐る恐る始められる” 感じがするし、ここぞというクライマックスでの押しも “もっと欲しい!” と思えなくもない。
原因は明らか、この楽章に限っては金管・ティンパニが今ひとつ低調なのである。
(さらに悪いことにこの楽章はホルンで始まりトランペットで終わるのだ)
それでも弦楽セクションのうねるようなカンタービレや憂いを含んだほの暗い音色はさすがフルトヴェングラーのサウンドだ。
 
第2楽章以降はほんとうに素晴らしい。
(ライヴでの彼ならこうするだろう!) といった先入観を除けば、十分に考え抜かれたフルトヴェングラーならではの「静かなる劇性」を感じ取ることができるだろう。
 
 
彼の指揮したブラームス第2交響曲のライヴ録音2種、
1) ウィーンpo (1945.1.28.)
2) ベルリンpo (1952.5.7.)
これらはいずれも名演として世評が高い。
殊に 1)は戦中そしてフルトヴェングラー亡命直前の鬼気迫る演奏として別格に扱われることも。
これらを上回るものとは言えないが、この1948年セッション録音も忘れてしまいたくはない記録である。
posted by 小澤和也 at 17:06| Comment(0) | 日記

2020年11月05日

バッハの音楽と過ごす休日


きょう(11/4)は終日オフ。
バッハを読み、聴き、音符と戯れて過ごす。
 
 
ここ最近のお気に入りは
コラールプレリュードの数々。
ルター派の賛美歌であるコラールをベースとし、それにさまざまな和声や対位旋律が施された愛すべき小品である。
 
 
手元にあるヴァルヒャの全集やリリングのアルバムを気ままにかけて、お気に入りの曲を探す愉しみ。
個人的には壮麗な響きの作品よりもゆったりと静かに流れるものが好きである。
〜例えば
「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」BWV639
「われら悩みの極みにありて」BWV641
など。
 
 
入手したばかりの鈴木雅明/バッハ・オルガン曲集第3集にじっくりと耳を傾ける。
 
 
2017年にNHKで放送されたドキュメンタリーを観て以来、僕は氏のオルガン演奏の大ファンなのだ。
傑作・パッサカリアとフーガ BWV582が圧巻の名演奏。
そしてこのアルバムにも美しいコラールプレリュードが数曲収められている。
なかでも
「主イエス・キリストよ、われらを顧みたまえ」BWV709
がしっとりと心に沁みてゆく。
 
 
 
無数の書き込みやアンダーライン、ドッグイヤーですっかりぼろぼろになってしまった愛読書たち。
今でも読むたびに新たな発見がある。
 
 
名指揮者ハンス・フォン・ビューローが「音楽の旧約聖書」と称えた平均律クラヴィーア曲集。
その中で僕が愛してやまない曲のひとつが第1巻、変ロ短調のフーガ (5声) である。
哀しみをたたえた美しい主題が『重層の建築のように重々しく、どこまでも整然と力強く』(吉田秀和氏の著作より) 連なってゆく。
 
楽譜を見ながら、弦楽五重奏に見立てた5声体のスコアを戯れに書き起こしてみた。
 
 
↑第1ページ
 
↓第4(最終)ページ
 
 
黙々と音符を書き連ねながら、不思議と心が満たされてゆくような気がした。
(おかしな喩えだが) 写経のようなものだろうか。
 
 
たっぷりと心の充電完了。
さあ、明日からまたがんばろう。
posted by 小澤和也 at 00:48| Comment(0) | 日記

2020年10月07日

3つの「くちなし」(2)

 
 
前項でも触れたが、「高野喜久雄詩集」は2種類ある。
それらの出版および田三郎の歌曲「くちなし」の成立時期等を年代順に整理すると次のようになる。
 
・(歌曲「くちなし」作曲: 1965-66年頃)
・歌曲「くちなし」初演: 1966.1.24.
・高野喜久雄詩集 (思潮社) 出版: 1966.10.1.
・現代詩文庫40/高野喜久雄詩集 (思潮社) 出版: 1971.3.15.
【初演日は「田三郎歌曲集 (音楽之友社刊)」巻末資料より引用、また作曲時期については歌曲集「ひとりの対話」が1965-71年にかけて書かれたとのデータから類推した。ちなみに楽譜には「コピーライトマーク️1966」とある】
 
歌曲「くちなし」の歌詩と現代詩文庫版に収められている詩とではそのフォルムも味わいも大きく異なっていた。
そこで、詩集「二重の行為」の初出となった1966年刊行の「高野喜久雄詩集」を入手。
さっそく「くちなし」を一読する。
 
 
くちなし 
高野喜久雄
 
焼け跡の瓦礫の庭に
亡き父が植えたくちなし
年ごとにかおりは高く
花はふえ
今年は十九の実をつけた
 
くちなしの木に
くちなしの花が咲き  実がついた
ただそれだけのことなのだ
けれどふるえる
ふるえる心
 
「ごらん  くちなしの実をごらん
  熟しても  口をひらかぬくちなしの実だ」
とある日の父のことば  わかります
しみじみと今わかります
その願い  わかります
 
くちなし
くちなし
くちなしの実よ
それのよう
こがれて生きよと父はいう
きびしく生きよと父はいう
今もどこかで父はいう
 
〜詩集「二重の行為」より
高野喜久雄詩集 (思潮社刊、1966年) 所収
 
 
詩としての “かたち” は歌曲のそれとほぼ同じ。
ただし選ばれている言葉たち、そしてそれらの織りなすリズムはかなり異なっている。
全体的に「詩集」のほうが説明的、描写的でやや硬めの手ざわり、対して「歌曲」の詩句はより抽象度が高く、語調も丸みを帯び柔らかな印象を読み手に与えるのだ。
【こうして両者を比較したうえで改めて「現代詩文庫」の「くちなし」を読むと、こちらは5年後の高野喜久雄による新たなコンポジションのようにさえ思えてくる】
 
歌曲の歌詩 および 現代詩文庫版「くちなし」はこちらを参照:
小澤和也 音楽ノート〜3つの「くちなし」(1)
 
 
ここで僕の中にひとつの素朴な疑問が。
上に挙げたように、歌曲が初演された後に詩集が出版されたわけであるが、高野はほんとうに「歌曲の歌詩を手直しして「詩集」を完成させた」のだろうか...?
より抽象度の高い『荒れていた庭  片隅に』を描写的な『焼け跡の瓦礫の庭に』へと改め、
『ふるえるわたしのこころ』から “わたし” を削除し、
『わかります』(第三連) や『くちなし』(第四連) のリフレインを後から加えたのだろうか?
 
 
これは何の根拠もない個人的な仮想なのだが...
〜 原型としての詩「くちなし」が先にあって、それを歌曲作曲の際に改めた (田三郎の求めに応じて、あるいは自発的に)...そして詩集出版にあたってはその “原型” を再掲したのではないか 〜
と思えてならないのだ。
 
 
そう考えるようになったのは、ネット上で見つけたとあるブログがきっかけである。
そこには合唱組曲「水のいのち」誕生の経緯についてふれられており、次のように記されていた。
『田三郎が高野喜久雄の詩「水たまり・川・海」を読んでいて、それらを「読む詩」から「きいてわかる詩」になおしてもらうことを頼んだ。高野さんは田三郎の構想に従い...(以下略)』
 
[「元高校教師のブログ」〜「読む詩と歌う詩(歌詞)との違い--高野喜久雄が遺した答え」から引用させていただきました]
 
 
確かに「水たまり」「川」の原詩と歌詩とを比較すると、細かな相違点あるいは大規模な改作の跡が見て取れる。
これは詩の優劣の問題ではなく、上記引用の通り「読んで味わうか聴いて理解するか」の違いであろう。
これと同じようなやりとりが「くちなし」でもあったのではないだろうか。
その前提に立って改めて両者を照合すると
・祈り
・待ちこがれつつ
・ひたすらに
などの語句が作曲家によって差し替え (加え) られたことが分かる。
まさに “田三郎的ワード” だ。
 
 
これら3つの (現代詩文庫版もこの際加えよう)「くちなし」は僕にとって、互いに補完しあって詩のイメージ/歌のイメージを膨らませてくれる素晴らしい存在となった。
そしていずれまた「水のいのち」を手がける機会があれば、「読む詩」と「歌う詩」とをじっくり比べつつ味わってみたいと思う。
 
(完)
posted by 小澤和也 at 12:30| Comment(0) | 日記