2022年04月30日

藤村さんの言葉

image1.jpeg


先日NHKテレビで放送された、藤村美穂子さんの独唱によるマーラー「リュッケルトの詩による5つの歌曲」(広上淳一/京都市交響楽団)。
オンエア後も録画を繰り返し視聴している。
真に素晴らしい演奏だ。
特に「真夜中に」と「私はこの世に忘れられ」の2曲は繰り返し聴くたびに僕の心に深く、やわらかく沁みていく。


演奏終了後。
万雷の拍手を受けられている際の、慈愛に満ちつつもどこか憂いを湛えられた藤村さんの表情も強く印象に残る。
それは2011年4月、震災直後のN響第九を指揮したメータさんの、同じくカーテンコールでの柔和な、しかし神妙なお顔つきを僕に思い起こさせた。


そして......
演奏に先立って流された藤村さんのインタビュー (お話) がさらに強い力で僕の魂を揺さぶるのである。
コロナ禍における自らの苦悩を語る藤村さん。 (この演奏会自体がプログラムの変更を余儀なくされたのだった)
さらに件の隣国によるウクライナ軍事侵攻への痛切な心情を吐露され...


以降の藤村さんの言葉をここに引用させていただく。

私はね......
醜悪なもの、美しくないもの、汚れたもの、そういうものに対する一番の答えは......「美」だと思うんです。

大きい声を上げる方も素晴らしいし、デモンストレーションする方も素晴らしいし......

だけど、私は歌手なので......
音楽という、天才たちが遺してくれた作品を通して、自分が言いたいことを伝えられたらいいなと思っています。
(引用ここまで)


「醜悪に対して美をもってそれに応える」
表現者の端くれとして、僕自身もかくあるべしと改めて思う。
posted by 小澤和也 at 06:47| Comment(0) | 日記

2022年03月22日

終演御礼

image1.jpeg

立川市民オペラ2022スペシャルガラコンサート、二日間の公演が無事終了しました。ご来場くださいましたみなさま、お心を寄せてくださいましたみなさま、ありがとうございます。ここまで駆け抜けることができ、いまはただただ感無量です。

市民オペラ合唱団のみなさん。
お疲れさまでした、そして公演のご成功おめでとうございます。
厳しい状況の中で地道に練習を続けてこられたみなさんの団結力の賜物かと思います。
CS (コーラスサポート) のみなさん、今回もほんとうにお世話になりました。
団員さんと同じフィールドに立ち、指導者・トレーナーの気づきにくい部分にまで目を配ってくださいました。心から感謝申し上げます。

稽古期間中は合唱コレペティとして、そして公演では延べ20曲近くのアリアや重唱曲の伴奏でも大活躍だったピアニスト越前さん、冨田さんおよび清水さんにも厚く御礼を申し上げます。いずれの曲においても、ソリストとともに“楽興の魔法の粉”と“静かなる熱気”を客席じゅうに振り撒いていらっしゃいました。

立川市民オペラ合唱団は来月からさっそく次の公演へ向けて練習を始められるとのこと。
どうかそれまでに、歌い演ずるうえでの様々な制約が少しでも良い方向へと改善されてゆくことを願ってやみません。
posted by 小澤和也 at 22:25| Comment(0) | 日記

2022年03月04日

祈りを込めて ー Stand with Ukraine

遠く海を隔て
ただ祈ることしかできないもどかしさ。
そのやるせない思いを
勇壮な旋律、美しいハーモニーと重ね合わせ
弦楽の響きに置き換えてみた。
Ukraine.jpg
ウクライナ国歌
「ウクライナは滅びず」

下記リンクより全曲(2ページ)をご覧いただけます。
ukrainian_anthem.pdf
#standwithukraine
posted by 小澤和也 at 21:20| Comment(0) | 日記

2022年02月23日

カヴァレリア・ルスティカーナの源流をたどる (4)


-->

[画像: マスカーニによる間奏曲(ピアノ譜)の自筆原稿(一部)]

「源流をたどる(3)」の続きです。

『カヴァレリア・ルスティカーナの源流をたどる』
(1) へのリンク↓
(2) へのリンク↓
(3)へのリンク↓


[第5場]
【サントゥッツァ、アルフィオ、およびブラーズィ】
怒りと絶望にひとり打ちひしがれるサントゥッツァのもとへローラの夫アルフィオが現れる。
サントゥッツァはたまらずトゥリッドゥとローラの関係を彼に告げて...
という物語のアウトラインはオペラとほぼ共通であるが、第4場と同様にその描写は戯曲のほうがいっそう生々しい。


サントゥッツァ: ああ、神様があなたを遣わされたんだわ、アルフィオさん!
アルフィオ: ミサはどのあたりかな、サンタさんよ?
サントゥッツァ: 遅かったですね。でもあなたの奥さんはあなたを探してトゥリッドゥと一緒に行きましたよ。
アルフィオ: どういう意味だ?

戯曲ではこれに続いて、オペラにはないサントゥッツァの台詞が挿入される。
『あなたの奥さんは祭壇のマリア様のように黄金をいっぱい身にまとって歩き回っていますわよ、あなたにとっても名誉なことでしょう、アルフィオさん』
強烈な皮肉、そしてサントゥッツァのローラへの嫌悪がここにも見てとれる。
アルフィオは当然のごとく、
『おい、それがおまえさんに何の関係があるんだ?』
とにわかに気色ばむ。
そしてサントゥッツァのさらなる一言「あなたが外で稼いでいる間にローラは家を飾り立てているのよ〜」に続くのだ。
[この「家を飾り立てる」は「(夫婦間の) 不義を働く」という意味なのだそう]


その後のアルフィオの台詞もなかなかである。
『(...)復活祭の日の朝から酔っ払ってるのか、それなら鼻からワインを絞り出してやる!』
『(サントゥッツァの言うことが)もし嘘だったなら、(...)その目で泣けないようにしてやる (目をくり抜く!)、おまえも、不名誉な一族みんなもな!』

そしてこれに応ずるサントゥッツァの言葉も痛切の極みである。
『アルフィオさん、わたしは泣くこともできないんです。わたしの操を奪い、そしてローラのもとへ走ったトゥリッドゥを見てももう涙も出なかった』

アルフィオはサントゥッツァに礼の言葉を述べ、教会へは行かずに家に戻る。
『(...) 女房が俺を探しているのを見かけたら、トゥリッドゥへの贈り物を取りに家へ帰ったと言ってくれ』


ミサが終わり村人たちが教会から出てくる。
最後に現れたブラーズィがサントゥッツァに気づく。
『サンタさんよ、もう誰もいなくなってから教会へ行くっていうのかい!』
サントゥッツァは
『わたしは大罪を犯してしまったのよ、ブラーズィおじさん!』
と言い残して教会へと向かう。


戯曲においては
この場面の後、サントゥッツァは全く登場しない。

(つづく)


[参考資料]
カヴァレリーア・ルスティカーナ/河島英昭訳 (岩波文庫)
オペラ対訳ライブラリー カヴァレリア・ルスティカーナ/小瀬村幸子訳 (音楽之友社)
イタリアオペラを原語で読む カヴァレリア・ルスティカーナ/武田好 (小学館)
戯曲「カヴァレリア・ルスティカーナ」翻訳/武田好 (星美学園短期大学研究論叢第40号)
Cavalleria rusticana/Giovanni Verga (OMBand Digital Editions)
-->
posted by 小澤和也 at 21:20| Comment(0) | 音楽雑記帳

2022年02月06日

カヴァレリア・ルスティカーナの源流をたどる (3)



(2)の続き、第2場からです。

『カヴァレリア・ルスティカーナの源流をたどる』
(1) のリンクはこちら↓
(2) のリンクはこちら↓


[第2場]
【トゥリッドゥ、およびサントゥッツァ】
前景の登場人物たちがみな教会へと向かい、ひとりヌンツィアの家の前でトゥリッドゥを待つサントゥッツァ。
そこへトゥリッドゥが急いで登場、サントゥッツァの詰問から二人の言い争いへと展開してゆくところは戯曲とオペラとで同様であるが、サントゥッツァの言葉遣いに若干のニュアンスの違いがあることに気づいた。
例えば最初のやり取り。
オペラでは

Tu qui, Santuzza? (おまえ、ここに、サントゥッツァ?)
Qui t’aspettavo. (ここであんたを待ってたのよ)

と始まるのだが、一方戯曲では

Oh,Santuzza! … che fai tu? (おお、サントゥッツァ!...ここで何してるんだ?)
Vi aspettavo. (あなたを待っていたの)

tu(親称二人称) で言葉をかけるトゥリッドゥに対し、サントゥッツァはオペラでは対等にtuで、戯曲では敬称のvoiで返すのだ。
トゥリッドゥへの呼びかけもこの場面では“Compare Turiddu”( トゥリッドゥさん)である。

もう一点、戯曲を読むとトゥリッドゥの ”ダメンズ“ ぶりがいっそう際立っているように感じられるのだ。
フランコフォンテへ (ワインを仕入れに) 行っていたということが嘘であると見破られた後の台詞:
『俺は自分がいたいと思ったところにいたのさ』
「今あなたに捨てられたらわたしはどうすれば?」とすがるサントゥッツァに対しては
『俺はおまえを捨てたりしないさ、おまえが俺を追い詰めなければ。でも言ったろ、俺はやりたいと思ったことは自由にできる御主人様でいたいんだ』
そして最後には
『やりたいと思ったことができない男などと思われたくないんだ、そんなのはだめだ!』

二言目には “mi pare e piace”、
「俺がやりたいように」の一点張りなトゥリッドゥなのである。


[第3場]
【ローラ、トゥリッドゥ、およびサントゥッツァ】

ローラが登場。
(オペラでは『アイリスの花〜』と小唄を口ずさみながら姿を見せるが、戯曲にはこのストルネッロはない)
ローラの
『あら、トゥリッドゥさん、私の夫が教会へ行くのを見ませんでした?』
に始まる三者のやり取り、細部は異なるがその内容、そして発言の順序は戯曲とオペラとでほとんど全て同じである。

両者で唯一異なっているのが
トゥリッドゥ: 行こう、ローラさん、ここですることなんて何もない!
ローラ: 私に気を遣わないで、トゥリッドゥさん、道はわたしの足がよくわかってるから。それにあなた方の邪魔もしたくないですし。
〜の後に続くトゥリッドゥの一言、
Se vi dico che non abbiamo nulla da fare!
(何の用もない、って言ってるんだ!)
トゥリッドゥはローラに対してでさえとっさに癇癪を起こしているのだろうか...?
乏しい語学力ゆえ正確なニュアンスは分からないけれど...


[第4場]
【トゥリッドゥ、およびサントゥッツァ】
ローラが教会と去ってゆき、場面はふたたび二人きりとなる。
「すがるサントゥッツァとこの場から逃れようとするトゥリッドゥ」という構図は戯曲とオペラとでもちろん共通であるが、そのやり取りは戯曲のほうがかなり長く、また生々しさも数段すさまじく感じられる。
(ここではサントゥッツァもトゥリッドゥに対し “tu” で返している...第2場とは対照的なサントゥッツァの心情の変化を示していよう)

始まってすぐ、トゥリッドゥがサントゥッツァを罵る言葉:
オペラ: Ah! perdio! (ああ!畜生!)
戯曲: Ah! sangue di Giuda! (ああ!ユダのような奴め!)
直後のサントゥッツァ:
オペラ: Squarciami il petto… (わたしのこの胸を引き裂いて...)
戯曲: Ammazzami. (わたしを殺してちょうだい)

一方でオペラにおけるサントゥッツァの強烈な一言
Bada! (覚悟なさい!)
は戯曲中にはない。
サントゥッツァはひたすらトゥリッドゥにすがりつく。
『その足でわたしの顔を踏みつけていいのよ。でもあの女はだめ!』
『(...)彼女のせいであんたはわたしを捨てていくんだ』
『(...)このうえまたあの女の前でわたしを辱めるようなことはしないで』
サントゥッツァはトゥリッドゥと同じく、否、それ以上にローラのことが許せないのだ。

そして...第4場のラスト。
『もうたくさんだ!畜生!』
と彼女を振りほどいたトゥリッドゥに対するサントゥッツァの最後の台詞:
『トゥリッドゥ!聖体におわします神様、ローラのせいで彼がわたしを置いて行きませんように!』
(そしてトゥリッドゥが去ると)
『ああ!あんたに呪われた復活祭を!』

(つづく)


[参考資料]
カヴァレリーア・ルスティカーナ/河島英昭訳 (岩波文庫)
オペラ対訳ライブラリー カヴァレリア・ルスティカーナ/小瀬村幸子訳 (音楽之友社)
イタリアオペラを原語で読む カヴァレリア・ルスティカーナ/武田好 (小学館)
戯曲「カヴァレリア・ルスティカーナ」翻訳/武田好 (星美学園短期大学研究論叢第40号)
Cavalleria rusticana/Giovanni Verga (OMBand Digital Editions)
-->
posted by 小澤和也 at 17:07| Comment(0) | 音楽雑記帳