2019年11月15日

我が懐かしの「月下の一群」<1>

 
「月下の一群」は、フランス近代詩人66名の詩340編が収められた、堀口大學 (1892-1981) による訳詩集 (初版は第一書房より、1925年刊) である。
昭和初期の日本において多くの若い詩人に大きな影響を与えた傑作だ。
 
僕がこの作品のことを知ったのは、詩集を実際に手に取るよりもはるか以前、学生時代に歌ったある合唱曲によってであった。
南弘明作曲「フランスの詩による男声合唱曲集・月下の一群(第1集)」である。
当時まだ二十歳そこそこであった僕には詩の鑑賞というものに対する興味も知識も全くといってよいほどなかったが、それでもこの曲を初めて歌った時に感じた、これらの詩のもつ西欧風の肌触り、さらにそこから美しく置き換えられた日本語の味わいは今でもよく覚えている。
 
この曲集には以下の5編の詩が用いられている。
1. 小曲 (シャヴァネックス)
2. 輪踊り (フォール)
3. 人の言うことを信じるな (ジャム)
4. 海よ (スピール)
5. 秋の歌 (ヴェルレーヌ)
(これらの表記は「月下の一群」楽譜に準拠)
 
僕にとって懐かしいこれらの詩について、30年ぶりに感じたり考えたりしたことを気ままに綴ってみようと思う。
 
 
『小曲』  フィリップ・シャヴァネックス
 
目を開くと
私には景色が見える、
目を閉すと
私にはお前の顔が見える。
 
【白水社版「月下の一群」(1952年刊) を主たる底本とした講談社文芸文庫 (1996年刊) より引用。原文においては『開(ひら)く』および『閉(とざ)す』にのみルビが振られている】
 
 
この詩は「月下の一群」初版に先立ち、「月夜の園 附刊 仏蘭西近代抒情小曲集」(1922年、玄文社刊) という単行本に収められている。
そこでは、第1行『ひらく』および第3行『とざす』がそれぞれひらがなで記されているそうである。
 
「月下の一群」初版においては、本文は白水社版と同じだが、2行目および4行目に句読点が付されていない。
(下の画像参照)
 
 
大學が折にふれて細部のかたちにこだわり続けた様子が見て取れる。
 
 
(詩の内容そのものについてではないのだが) 今回いくつかの版を見比べていてちょっと面白いことに気づいた...大學による作詩者名の表記である。
 
「月夜の園」...フェリックス・シャバネエス
「月下〜」初版...フイリツプ・シヤヴアネエ
「キユピドの箙」...フイリップ・シャヴアネ
白水社版「月下〜」...フィリップ・シャヴァネックス
 
と微妙に揺れているのだ。
(“フェリックス”とはどうしたことだろう...)
スペルは Philippe Chabaneix であるから、“シャバネー”“シャバネクス”あたりが近いのではないかと個人的には思うのだが。
海外の人名のカナ表記が昔から如何に難しいものであったかということなのだろう。
 
 
原題は “Présence”(存在)。
たった4行の短い作品だが、その中に優しい甘さと深い愛がこめられている。
大好きな詩だ。
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:33| Comment(0) | 音楽雑記帳

2019年11月06日

演奏会のごあんない

 
 
専修大学フィルのメンバー達、一歩一歩、ゆっくりだけれど確実にカリンニコフの志向した音世界へと近づいています。
ビゼー&ヴェルディも佳い響きになってきました。
 
みなさま、どうぞお出かけくださいませ。
 
 
専修大学フィルハーモニー管弦楽団
第47回定期演奏会
 
2019年12月13日(金) 18:00開演
カルッツかわさき (川崎市スポーツ・文化総合センター) ホール
[川崎駅/京急川崎駅 下車]
全自由席・入場無料
 
ヴェルディ/歌劇「ナブッコ」序曲
ビゼー/「アルルの女」第2組曲
カリンニコフ/交響曲第1番
 
専修大学フィルハーモニー管弦楽団
小澤和也 (指揮)
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:46| Comment(0) | 演奏会情報

2019年10月22日

合唱団あしべの皆さんと

 
第41回 江戸川区合唱祭に
合唱団あしべの皆さんと出演した。
(10月20日、船堀タワーホール 大ホール)
 
今年の曲目は
§ 四季の雨 (文部省唱歌)
§ はたおりむし (新実徳英)
§ いのちの記憶 (二階堂和美)
 
 
昨冬から歌い始めた「四季の雨」。
素朴な味わいの旋律、そして情感のこもった歌詞があしべの声にぴったりではないかしらとずっと思っていた曲である。
 
「(歌の中で) はたおりむしが弾いてた楽器、何だと思われますか?」
レッスン中にこう尋ねたことがあった。
メンバーの意見は「ヴァイオリン」でほぼ一致。
(もちろん僕も)
「ではここの “たーらっららー...” のくだり、ヴァイオリンの節回しみたいに歌ってみましょうか」
その日から歌が急に良くなった。
〜あの瞬間はほんとうにうれしかったなあ...
 
映画『かぐや姫の物語』のエンドロールで流れる「いのちの記憶」も、一聴して (あしべで歌ってみたい!) と直感した歌。
技術的には難しいポイントがいくつもあったが、メンバーの詞への想いの強さがそれらを充分補ってくれていたように思われる。
 
 
ステージを無事終えて、満面の笑顔。
 
あしべ指導陣の貴重な(?)3ショット!
ピアノ平岡祐子さん(左)、ヴォイストレーナー・ソプラノ坂野早苗さん(中央)
 
 
あしべのステージを聴いてくださった別の合唱団の先生からあたたかいお言葉を頂戴した。
打ち上げの席でそのことを伝えると、一斉に「うわぁ!」と歓びの声が上がったのだった。
こうした心の震えと交流が、今後のさらなる励みに繋がるのだろうと確信している。
同時に...
この数ヶ月の努力が報われた瞬間でもあった。
 
 
 
あしべの皆さん、ほんとうにお疲れさまでした、そしておめでとうございます!
次週からまた新しい曲で、楽しく歌いましょう。
posted by 小澤和也 at 19:36| Comment(0) | 日記

2019年10月19日

立川市民合唱祭のご案内

 
立川市民オペラ合唱団と
第45回立川市民合唱祭に出演します。
曲目は、来春の公演に向けて目下取り組んでいるプッチーニ『トゥーランドット』より第1幕抜粋です。
その他、コーラスをこよなく愛する市内の合唱団・グループの皆さんが多数出演されます。
 
2019年10月27日(日) 12:20開演
たましんRISURUホール 大ホールにて
 
市民オペラ合唱団の出演は15:00頃の予定です。
お近くのみなさま、
ぜひお運びくださいませ!
posted by 小澤和也 at 00:50| Comment(0) | 演奏会情報

2019年10月08日

コーヒーを買いに

 
根を詰めてデスクに向かっていると時間の経過が早い。
気晴らしを兼ねて、コーヒーを買いに自転車で出かける。
 
 
いつも気さくなマイスターがメキシコ/クルスグランデを淹れてくださった。
ああ...美味しい...
 
 
これまでに何度か買い求め、家で飲んでいるメキシコだが、この風味がどうしても出ないのだ。
 
 
店内のBGMはこの日もバッハ。
お馴染みの旋律が時折流れるのだが、大半は初めて聴く曲だった。
「何をかけていらっしゃるんですか?」
と尋ねると、マイスターはにっこりと笑って
「これです」
 
 
『アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳』だった。
〜こんなにチャーミングな曲集だったのか〜
子供らの教育目的で、また家庭での愉しみのために書かれたものだそうだが、聴いていて実にゆったりとした気分になれる。
 
 
「どうぞ...皮ごとお召し上がりになれます」
マイスターが葡萄を出してくださった。
 
 
鮮やかな黄緑色!
さっそくひと粒頬張る。
甘くて、瑞々しくて、自然と顔がほころんでしまう。
品種名を伺ったのだが...忘れてしまった。
 
 
きょう買い求めたのは上のメキシコと、もう一つ「エチオピア/イルガチェフェ」。
念入りに焙煎され選別された粒ぞろいの豆たち。
マイスターのこだわりが感じられる。
 
 
 
コーヒーとバッハと葡萄と。
ささやかな幸せに溢れたひとときだった。
 
 
さてと...
これを書き終えたらメキシコを淹れるとしよう。
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:37| Comment(0) | 日記