2018年11月16日

「リゴレット」との一週間

 
 
『立ち稽古なんですけれど...
一日だけ代わりをお願いできないでしょうか』
 
同業のTさんからご連絡をいただいたのはとある月曜の夜だった。
「いつですか?」
『来週の火曜日なんです』
 
(ずいぶん急だな...) などと思いながら手帳を開く。
この日はちょうど空いていた。
「曲は何ですか?」
『リゴレットです』
「!!」
 
なんと!
未だ振ったことも勉強したこともない作品だ。
(一週間か...間に合うのか、務まるのか etc.)
頭の中でぐるぐると答えの出るはずもない計算をしつつ、とっさに口をついて出た言葉が
「わかりました。お引き受けしますね」
 
自分でもびっくりした。
でも受けたからにはやらねば...
翌日からひたすらスコアと向き合い、テキストを読む。
とにかく時間が足りない!
これほどまでに我を忘れて楽譜を読み込んだのは実に久しぶり。
 
そもそも譜読みには (ここまで勉強しておけば充分) などという目安はない。
いくらやっても不安は消えないし、理解が深まれば深まるほど新たな疑問も出てくる。
そんな思いを抱きながらも僕の頭に浮かんだのは
(よし、行けるとこまで行ってあとは「その場」で考えよう!)
「吹っ切れた」瞬間だった。
 
そして...あっという間に稽古当日に。
キャストの皆さん、素晴らしかった。
ピアニストさんにも終始、ほんとうに助けていただいた。
初対面の歌手の方々と、瞬間瞬間の息遣いから音楽の方向性を定め、運んでゆく作業。
緊張の中にも「音楽するよろこび」を味わうことのできた、得難い6時間であった。
 
この一週間、一つの作品だけに集中してひたすら読譜するという久々の体験をさせていただいた。
さしあたって一打席のみの代打出場だったが...お役に立てただろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 日記

2018年11月03日

街角できく日本歌曲

 
日本のうたカフェ Vol.1 を聴く。
(10/27、@Cafeしばしば)
アップライトピアノの置かれた小さなカフェ、そのフロアスペースをガガッと(?)配置替えして開かれたコンサート。
 
この演奏会を企画された
ソプラノ・和泉聰子さん
 
ソプラノ・丹羽京子さん
 
ソプラノ・三浦恵里加さん
 
ピアノ・山ア範子さん (写真右端)
 
 
プログラムは次のとおり。
 
§第1部
・ちんちん千鳥 (北原白秋/近衛秀麿) I
・お菓子と娘 (西條八十/橋本國彦) I
・初恋 (石川啄木/越谷達之助) N
・地球の仲間 M
・誰かがちいさなベルをおす M
・さびしいカシの木 I
(以上3曲 やなせたかし/木下牧子)
・さざんか (藪田義雄/猪本隆) N
・わかれ道 (きねたるみ/猪本隆) N
 
§第2部
♪みんなで歌いましょう♪コーナー
・小さい秋みつけた (サトウハチロー/中田喜直) 
・まっかな秋 (薩摩忠/小林秀雄)
 
・サルビア (堀内幸枝/中田喜直) I
・小さな空 (詞/曲 武満徹) M
・さいごのばん (みずかみかずよ/なかにしあかね) I
・落葉松 (野上彰/小林秀雄) M
・夕焼け (高田敏子/信長貴富) N
 
なんと魅力的な選曲・構成だろう!
古典的名曲から新しい作品までを巧みに散りばめつつ、いわゆる「耳に馴染んだ」メロディだけに頼ることなく「難解であっても高い芸術性をもつ」歌曲もしっかりと聴いていただく、という強い理念が根を張っているように感じたのである。
 
 
会場の雰囲気...歌手と聴衆とのこの近さ!
 
 
それぞれに豊かな個性をお持ちの3人の歌声、おおいに楽しませていただいた。
そして、それらを引き出し支えた山アさんのピアノもほんとうに素晴らしかった!
決して万全のコンディションとは言えぬカフェのアップライト (マスターTさんゴメンナサイ) から紡ぎ出される美しい音とタッチ (ことにppの響き!) は単なる伴奏の域をはるかに超えていたと思う。
 
コンサートホールのようなある種非日常の空間ではなく、街のカフェというより ”ふだん着“ 的なシチュエーションでクオリティの高い音楽に触れることができる...
こうした意味で今回の企画は真に意義深いものだと感じた。
来年以降も第2弾、第3弾が予定されているようである。
期待しよう。
 
終演後、出演者の皆さんと
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:22| Comment(2) | 日記

2018年10月24日

演奏会のお知らせ

 
これから出演予定のコンサートのご案内です。
 
 
§立川市民オペラ公演2019
§ヨハン・シュトラウスU世作曲 喜歌劇「こうもり」
(全3幕・字幕付き原語上演・日本語台詞)
 
2017年3月16日(土) 17:30開演 /17日(日) 14:00開演
たましんRISURUホール (立川市市民会館) 大ホール
 
総監督:砂川稔
演出:直井研二
指揮:古谷誠一
管弦楽:TAMA21交響楽団
合唱:立川市民オペラ合唱団
副指揮:小澤和也 他
 
キャスト (16日/17日)
アイゼンシュタイン 大澤一彰/青蜻f晴
ロザリンデ      小川里美/鳥海仁子
フランク       照屋博史/大川 博
オルロフスキー    岡村彬子/鳥木弥生 
アルフレード     金山京介/吉田 連
アデーレ              栗林瑛利子/佐々木麻子
ファルケ       田智士/大槻聡之介
ブリント       持齋寛匡(両日)
イーダ        今野絵理香(両日)
フロッシュ           松山いくお(両日)
 
 
チケット情報など、追ってお知らせいたします。
みなさま、どうぞおはこびくださいませ。
 
 
(プローべ終了後、合唱団の皆さんと)
 
posted by 小澤和也 at 08:20| Comment(0) | 演奏会情報

2018年10月23日

ご来場御礼

 
 
湘南アマデウス合唱団・合奏団
第20回定期演奏会
大勢のお客様におはこびいただき無事終演。
(10月20日、藤沢市民会館大ホール)
 
2014年の「ハフナーセレナード」以来、4年ぶりの客演であった。
僕が担当した前半のプログラムは
ベートーヴェン/劇音楽『エグモント』序曲
ハイドン/交響曲第82番『熊』
という名曲中の名曲。
特にエグモントは僕にとって特別な作品である。
その名称のとおりにモーツァルト (そしてほぼ同世代のハイドン) の音楽を得意とするアマデウス合奏団の皆さんに、今回はぜひ「ベートーヴェンの響き」を究めてほしい、その一念でプローべを重ねてきた。
そしてその結果は...
客観的評価はもちろん演奏を聴いてくださった方々に委ねるしかないのだけれど、僕は今回の演奏に充分な手応えを感じることができた。
特に内声部 (2ndヴァイオリンとヴィオラ、管楽器だとクラリネットやファゴット、ホルンetc.) はこの5ヶ月でいっそうの飛躍を遂げたと思う。
 
 
 
ハイドン#82ではまず楽器の扱いで大いに悩んだ。
ティンパニと対になる金管楽器のパートについて、作曲家は総譜に「2本のホルン “または” トランペット」と記しているのだ。
(厳密には楽章毎にもう少し細かな指示がなされている)
しかもその音域は、ホルンにしか出せない低音域からトランペットにより相応しい高音域までが求められている。
熟考の末、今回の演奏ではホルン&トランペットを各2本用い、場面に応じ適宜どちらかを省くというスタイルとした。
(その取捨選択には当然ながら私意が入り込んでいる...天国のハイドンがそれを赦してくださることをひたすら願うばかりだ)
 
 
(合奏団リハーサル直前の一コマ)
 
ユーモアと機智に溢れたハイドン中期のこの傑作に対し、アマデウスの皆さんは柔軟かつ真摯に向きあっていらした。
縦横無尽に翔けるヴァイオリン、『熊』のニックネームの由来にも繋がる一見シンプルだが表情豊かな音を奏でる低弦、しばしばsoloisticに浮かび上がる木管群などが絡み合い、実に様々な表情を見せてくださったのだ。
 
2曲とも、技術的には完全とは言えないながらも積極的な表現意欲に満ちた佳い演奏だったと思う。
合奏団はこのあと合唱団とモーツァルト『戴冠ミサ』他を共演 (指揮は合唱団の堀部隆二氏)、文字通り八面六臂の大活躍であった。
合奏団・合唱団の皆さん、お疲れさまでした。
 
(『戴冠ミサ』リハーサル風景)
 
 
そして、ご来場くださいました皆さまに心より御礼申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 17:14| Comment(0) | 日記

2018年10月19日

ブロムシュテットさんのブルックナー

 
NHK交響楽団 
第1894回定期演奏会を聴く。
(14日、NHKホール)
 
 
この日を待っていた。
ブロムシュテットさんのブルックナー。
ぜひ5番か9番を!とずっと願っていたのだ。
 
N響との共演でたしか「ロマンティシェ」を以前聴いているはず、と思い調べてみると...
2008年1月の第1610回定期だった。
 
あれからもう10年になるのか。
光陰に関守なし。
 
その際ブルックナーに先立って演奏されたのが、なんと今回と同じモーツァルト「プラハ」交響曲!
ブロムシュテットさんにとってよほどお気に入りの曲なのだろう。
 
 
「プラハ」交響曲の冒頭はニ長調の堂々たるユニゾン(斉奏)。
4小節目ではじめて和音(Fis→h)が奏されるのだが、その柔らかなサウンドに思わず息を飲む。
マエストロはきっと響きの美しさにこだわり抜いたに違いないし、オーケストラもそれに懸命に応えていたのは明らかである。
 
 
N響の弦および木管セクションの素晴らしさは言うまでもないが、僕がこの演奏でもっとも感服したのは金管、ことにトランペットの鋭敏なバランス感覚。
あるときはティンパニとともに軽快な打ち込みを見せ、またあるときは木管&ホルンと完全に融け合った天上の声となって鳴りわたるのだ。
 
第2楽章アンダンテでは響きの透明度がいっそう増し、あたかも最晩年の作品(例えば最後のピアノ協奏曲K.595)の如く、目にいっぱい涙を湛えつつ静かに微笑んでいるモーツァルトの顔が浮かんでくるようであった。
第3楽章はふたたび幸福感溢れるフィナーレ。
ブロムシュテットさんは全曲を通してすべてのリピートを実行したが、一瞬の弛緩もない鮮やかな演奏だった。
 
 
そしていよいよブルックナーである。
第1楽章の序奏〜第1主題部は僕の想像どおり、バランスと造形感覚に意を用いたストイックな解釈。
19小節目〜のホルンのファンファーレ、金属的な強い響きでありながら暗く引き締まったやや硬質なサウンドだったのが印象的だった。
 
第2主題部および第3主題部では一転してカンタービレな気分が全体を支配する。
この部分にこれほどの明るさ、あたたかさを感じたのは初めてかもしれない。
客席からはもちろん分からなかったが、ブロムシュテットさんのあの微笑みが響きの中から見えてくるようであった。
Langsamer(よりゆっくりと)、4/4拍子の第2主題部とModerato、2/2拍子の第3主題部とのテンポ設定のコントラストも見事。
 
展開部以降においても、ブルックナー特有の、楽想ごとにフェルマータやゲネラルパウゼ(総休止)で流れを区切るいわゆる「ブロック構造」が頻出するのだが、マエストロは各主題およびモティーフの性格の対比を明確に描き分けており、それが結果的に強い説得力を帯びていた。
 
第2楽章スケルツォ。
僕がこの日もっとも注目していたポイントのひとつがこの楽章の中間部(Schnell(速く)と指示されている)、その第2の楽想(練習記号B〜)をブロムシュテットさんがどのように扱うか、であった。
 
 
この部分、レコードでも実演でもなぜかゆっくりと演奏されることが多く、ずっと不思議に思っていたのだ。
そしてこの日の演奏はー
2連符をたっぷりと歌う(=若干緩む)ヴァイオリンに対し、ブロムシュテットさんが巧みにテンポを引き締める、といった印象であった。
リハーサルではどのようなやり取りがあったのだろう。
 
第3楽章は「結果として」ブルックナーが完成させた最後の楽章となった。
近年では、遺されたスケッチをもとに終楽章の復元が試みられ録音や実演もなされているが、伝統的にはこのアダージョで全曲が結ばれるような演奏スタイルとなることが多い。
 
ブロムシュテットさんの指揮ぶり、(あくまで個人的な感想であるが)これまでの2つの楽章に比べ「思い入れ」の濃度が圧倒的に高かったように感じられてならない。
もちろん我を忘れるような、ましてや楽曲のフォルムを崩すような解釈ではないが、非常に繊細な次元において「何かが籠められていた」ように見えたのだ。
それが何なのかはわからない...
もしかしたら、以前TV番組のインタビューで仰っていた
『長年指揮を続けていて、(曲の解釈において)少し“自由になりました”』
という言葉と繋がりがあるかも知れない。
 
全曲の結尾、ブルックナーの書いた極限まで澄み切った響きに「彼岸」をみるような境地の演奏の多い中で、ブロムシュテットさんは実にさりげなく最後の十数小節を進めてゆく。
「これで終わりなのではない...ブルックナーの頭の中には“この続き”があったのだよ...私たちはそれを聴けないけれど、ね」
と優しく僕らに語りかけるように。
posted by 小澤和也 at 11:55| Comment(0) | 日記