2010年02月28日

津波

藤沢と茅ヶ崎でオーケストラのトレーニング。
団の規模も、そして趣向もまったく異なる二つの団体であるが、目標に向かって楽曲を仕上げて行くその「眼差し」はどちらも真剣そのものだ。

今日稽古したのはそれぞれモーツァルトとラフマニノフ。
お国柄も別ならスタイル(時代)も違うのだが、どちらの曲もこのうえなく美しい。
限られた楽器編成と和声によって、この世のものとも思えぬほどに透明で清澄なモーツァルトの音楽。
豊富な音のパレットを用いて、極彩色の響きを綿々と連ねてゆくラフマニノフの音楽。

改めて、この芸術の底知れぬ「深さ」のようなものを感じる。


東海道線の運転見合わせのために、今日はとにかく移動に苦労した。
もちろん、津波への警戒が原因である。
日本から見て、地球の真裏にも近いであろう南米チリでの大地震…
そのエネルギーが津波となって日本にまで到達することに驚異を覚えつつ、被災された方々の無事と、少しでも早い復興を願うばかりである。
posted by 小澤和也 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月27日

始動

20100227_877975.jpg
ホルツブラスカペーレの稽古へ。
今年で創団20周年を迎える、横浜で活動する吹奏楽団である。
設立時は団員としてお世話になった。
そして…指揮者としてもすでに7年近くのおつき合いになろうか。

「常に上達を目指す」のか、「楽しくやりたい」と考えるか…
アマチュア音楽団体が常に抱えるテーマである。
どちらも大切なことなのだが、両立は決して容易ではない。
ホルツの場合は、これら両者のバランスがよく取れていると思うのだ。

6月の演奏会に向けて、本格始動だ。
今回も、佳い音楽を客席に届けたい。
posted by 小澤和也 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月24日

ぶらり(一瞬)途中下車

20100224_863360.jpg
久しぶりの「小町」稽古へ。

稽古場まで電車→バスと乗り継ぐ。
偶然にも、そのバスが僕の生家のすぐ脇を通っていることに先日気づいた。
今日は天気も良く暖かかったので、少しだけ早く家を出る…
そして、そのバス停で途中下車してみた。

バスを降りるとすぐ、よく連れて来られた(であろう)大きな池のある公園。
そこから家まではドブ川?沿いの道を歩いたはずなのだが、その川はすでになく、その上を首都高速が走っている。
家のあった場所はすぐに判った。
そこには古い感じの低層ビルが建っていた。

もっと見て回りたかったのだが、残念ながら時間切れ。
かすかに記憶として残っている幼稚園、銭湯、近所の町工場…
今もあるのだろうか。
posted by 小澤和也 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月22日

ブノワ(3):ブノワの生涯[2]

20100222_847208.jpg
([1]からのつづき)

1857年からのドイツ留学中、ブノワはさらに「弦楽四重奏曲」「クリスマスカンタータ」、そして多くのピアノ曲を作曲した。
クリスマスカンタータ」は、テノール独唱、混声合唱と管弦楽のための、9分ほどのチャーミングな作品である。
ここでは二重合唱は用いられていないが、ところどころ女声合唱と男声合唱が対になるような構成となっている。
また、「スケルツァンド」「マズルカ」「幻想曲」などと題されたピアノ小品は、まさに "ショパン風" のサロン音楽そのものである。

ブノワにとっての次のステージはパリであった。
この「音楽の都」で、オペラ作曲家としての地位を確立させたかったのだ。
  【留学中に家族へ宛てた手紙の中でも、早くパリへ行きたい
   と記している。また、当時すでにいくつかのオペラを完成
   させていた。】
1859年春、パリ到着。
グノーのヒット作「ファウスト」がパリ・リリック劇場で初演された数週間後のことであった。
…だが、必死の努力にもかかわらず、ブノワはついにこの街のオペラ・シーンを征服することはできなかった。

それでも彼はいくつかのオペラを書き、その合間に連作ピアノ曲「物語とバラッド集」を作曲する。
  【この作品は大いに注目され、後年パリで出版された。】
ブノワはさらに、各楽章に標題を持つ「フルートと管弦楽のための交響詩」「ピアノと管弦楽のための交響詩」を発表した。
これら3曲はいずれも、彼の故郷ハレルベケの古い伝説や物語が発想の源となっている。
…彼はこれら2つの交響詩と「物語とバラッド集」とを、一晩の演奏会で一緒に演奏して欲しいと望んでいた。

(つづく)
posted by 小澤和也 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽雑記帳

2010年02月21日

最近ハマっていること その2

§オランダ語

Dag!
Hoe is het met u?
Vandaag heb ik vrij.

…と、こんな感じで、いまオランダ語にハマっている。
きっかけは、(このblogにも書いている)フランドルの作曲家ペーテル・ブノワの作品との出会いだ。

一昨年に手掛けた "Hoogmis"(荘厳ミサ)のスコアを開く。
まずオランダ語、その下にイタリア語やフランス語が添えられる形で指示記号や注意書きが記されている。
こういった場合、我々はついつい見慣れたイタリア語だけを読んで済ませてしまうのだが、そのイタリア語が「イマイチ的を射ていない」箇所が多いのだ。
例えば57ページ、

  Breed en geheimvol(オランダ語、幅広く、神秘的に)
  Poco largo    (イタリア語、少し幅広く)

ん?「神秘的に」はどこへ行ってしまった?!
「これではイカン」と、スコアのオランダ語を全て調べたのが…今思えばスタートラインであった。

オランダ語の習得が、祖国を、そして母国語をこよなく愛した作曲家ブノワのより深い理解に少しでも繋がれば…
と思っている。

dank u!
Goedenacht!
posted by 小澤和也 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記