2010年02月17日

演ずること、歌うこと

「小町百年の恋」稽古へ。
今日で三日連続となる。
今週はじめより立ち稽古に入り、いよいよ本格始動といったところだ。
タイトルロールの腰越満美さんはじめ、皆さん素晴らしい歌声を聴かせてくださっている。

オペラであるからには当然のことながら、この段階で歌い手は譜面を外さなければならない。
これは大変なことだ。
歌唱と演技の両立…そのためにできる最大限のフォローをしたい。
音楽スタッフの一員として切に思う。
posted by 小澤和也 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記