2010年03月31日

ブノワ(8):荘厳ミサ[2]

〜Hoogmis(荘厳ミサ)のつづき〜

[グローリア]
Snel doch statig(速く、しかし荘重に)ニ長調 4/4拍子

これまでの多くのミサ曲の慣例に従い、三つの部分に分けられる。
まず、キリエと同様、前奏を持たずにいきなり「神に栄光あれ」がffで現れる。
この主題は、トランペットのファンファーレのように直線的で力強い性格のものだ。
ここでの大小合唱は、あるときは掛け合い、またあるときは一体となって、神への賛美を歌う。
次の「地には平和」は
「・・ドー|ーシレソ|ミ…」というしなやかな音型(2度下行→3度上行→5度下行→6度上行)で歌われ、冒頭の男性的な主題と絡みながら進んでゆく。
「あなたに感謝を捧げます」に入る所で、唐突にニ長調から変ロ長調へと転じ、それと同時に新しい「コラールのフラグメント(断片)」が鳴り響く。
このフラグメントは、
「ドーーー|レーーー|・ミファミ|レーーー|ド…」と、シンプルで大らかなもので、大合唱と金管楽器により奏される。
これを巧みに展開し、変ロ→変ト→ニ→変ロと転調を繰り返した後、「全能の父」の部分では大小合唱が無限に続かんとばかりに延々と応酬を重ねる。
そしてニ長調に戻り、これまでの主題を扱いながら「主なる神、神の子羊、父の御子」と歌い、第一部分を結ぶ。


Gaande(アンダンテ)ト長調 3/2拍子

第二部に入ると管弦楽は沈黙し、アカペラの二重合唱となる。(オルガンが下支えの形で加わる)
ここでは大小合唱の掛け合いのみならず、女声/男声の交唱、さらには小合唱がSolo/Tuttiの形で立体感を持たせるなど、ブノワの創意工夫が発揮されている部分である。
バスがやや速度を落として歌う荘重なフレーズと、それに対応するかのような小合唱(Solo)の情感豊かなメロディの対比が美しい。


Eerste Tijdmaat(最初の速度で)ニ長調 4/4拍子

「あなただけが聖なる方」以降、第一部分の楽想が再現される。
最後は速度を減じ(Breed en krachtig=幅広く、力強く)、コラールフラグメントの音型によって「アーメン」が堂々と歌われる。
(つづく)
posted by 小澤和也 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽雑記帳

2010年03月30日

ブノワ(7):荘厳ミサ[1]

20100330_1001929.jpg
僕が好きなブノワの曲について、これから少しずつ書いていきたいと思う。
最初に取り上げるのは…やはりこの曲だ。

§Hoogmis(荘厳ミサ)【宗教曲四部作〜第2曲】
・作曲/初演 1860年、パリ/1860年7月、ブリュッセル
・演奏時間  約55分
・編成    フルート2、オーボエ2、クラリネット2、バスーン2
       ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ
       ハープ1、弦五部、オルガン
       テノール独唱、二重合唱(大、小)

[キリエ]
Tamelijk breed(かなり幅広く)ニ短調 3/4拍子

冒頭、男声合唱がppで歌う「主よ、憐れみたまえ」で神秘的に始まる。
所々、小合唱の応答がエコーのように響く。
管弦楽のクレシェンドに導かれた後、第一の主題が小合唱により歌われ、大合唱がそれに応える形となる。
この主題、
「・ミファ|ファーミ|レ#ーミ|ミーー|〜」(移動ドにて表記)
と、半音階進行のみによるメロディである。
苦悩、葛藤、あるいは憐れみの希求の表現であろうか。

平行調であるヘ長調に移り「キリストよ、憐れみたまえ」の中間部へ。
慰めるような、柔和な第二の主題が大合唱により最弱音で歌われ、そこに流麗な小合唱の対旋律がからむ。
さらに、ここでの小合唱は四声で技巧的なカノンを形成し、素朴な第二主題とは対照的である。
この中間部、真に心にしみるひとときである。

クライマックスに達したのち急速に静まり、第一主題部が回帰。
最後は序奏部の気分に戻り、消え入るように終わる。
(つづく)
posted by 小澤和也 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽雑記帳

2010年03月28日

「小町」公演、そしてその前に…

20100328_992089.jpg
そして「小町」公演当日(3/26)。
午前中は部屋で英気を養いつつ、読譜をして過ごす。
正午きっかりに宿を出る。
途中で昼食をすませ、向かった先は劇場…
ではなく、その隣にある茨城県近代美術館。
折しもアントワープ美術館コレクション展が開催されていたのだ。
マグリットをはじめとするベルギーの近代絵画の数々…
平日の昼間ということもあり客足もまばら、ゆっくりと落ち着いて作品を味わう。
中でも印象に残ったのはアンソール「待ち合わせ」、フレデリック「咲き誇るシャクナゲ」、そしてやはり、この展覧会のおそらく目玉であろうマグリット「9月16日」…といったところか。

心身ともに大いにリフレッシュして、劇場に入る。
照明・舞台・音楽…周到な準備が開場直前まで続く。
そして開演。
小野小町(他)役の腰越満美さん、深草少将(他)役の上原正敏さん、仙人(他)役の吉川健一さん、阿鼻役の清水良一さん、閻魔大王役の豊島雄一さんらキャストの皆さん、素晴らしかった。
合唱団も熱演。オーケストラの好サポートも光る。

終演後の合唱団の皆さん、世話役の方々の達成感に溢れた笑顔が実に印象的であった。
お疲れさまでした…
posted by 小澤和也 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月26日

横浜→水戸 その2

20100326_986369.jpg
あいにくの雨となった木曜日…
横浜国立大学の卒業式へ。
会場の横浜文化体育館は、オーケストラにとっては苛酷な条件である…
響きもそうだが、とにかく寒いのだ。
それでも無事に演奏を終える。
来週の入学式は晴れるといいな…

急ぎ水戸へと入る。
「小町百年の恋」、いよいよ劇場入りだ。
場当たり稽古、サウンドチェックと進み、ゲネプロ開始。
前日の音楽稽古時とはまた異なる問題をひとつひとつクリアしてゆく。
オーケストレイションの変更・改善も続いた。

まもなく公演だ。
聴衆に、そして公募合唱団の皆さんにも感動を届けたい。
posted by 小澤和也 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月24日

横浜→水戸

午前、横浜国立大学管弦楽団とのプローベ。
明日の卒業式&翌週の入学式における式典演奏のための稽古である。
彼らとはここ数年、ずっとご一緒している。
曲目は恒例のエルガー/威風堂々。
よく練習しているようで、指も良く回る。
そこに "+α" として何を加えれば良いか…
今日のテーマは「音色」そして「響き」。
旋律線のみならず、あらゆるセクションに音のイメージを与えてゆく。
佳い音になってきた。
明日、成果を存分に発揮できることを願う。

急ぎ水戸へと移動。
横浜、上野、水戸、すべての駅で走る走る…
「小町百年の恋」オーケストラプローベ、そして独唱&合唱との総稽古。
バランスチェックからオーケストレイションの推敲まで、あらゆる作業を行う。
あとは明日のゲネプロ、明後日の本番を残すのみだ。
すべてにベストを尽くし、公演に備えたい。

今日は横浜泊。
特急の車中で飲むビールが美味い。
posted by 小澤和也 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記