2010年04月08日

ブノワ(11):荘厳ミサ[5]

20100408_1031171.jpg
〜Hoogmis(荘厳ミサ)のつづき〜

[サンクトゥス]
Statig(荘重に) ニ長調 3/4拍子

まず、弦楽器を中心とした重々しい付点リズム音型とともに、全合唱が「聖なるかな」と喜ばしく唱和する。
次いで管弦楽のレガートに導かれて小合唱のソプラノとテノールが「万軍の神なる主は」としなやかに歌うが、ほどなく力を取り戻し、attaccaで
Levendig(生き生きと) ニ長調 4/4拍子
の部分に入る。
「天地は栄光に満ち」以降、大小合唱は応唱の形を取り、また大合唱の中でも男声が特に扱われるなど、立体的な音響構造をみせる。
最後は再び全合唱で「ホザンナ」を連呼し、この短い章を閉じる。


[ベネディクトゥス]
Nogal breed (かなり幅広く) イ長調 3/4拍子

このベネディクトゥスで我々は、これまでの楽章とは全く異なる「別世界の響き」を聴く。
(ヴァイオリン・ヴィオラ・全ての管楽器がここでは用いられない)

冒頭、ハープの分散和音に続いて、四分割されたチェロにより主題の断片が柔らかく奏される。
再びハープが鳴ると、テノール独唱がレチタティーヴォ風に「ほむべきかな」と歌う。
この甘美な声とチェロとのブレンドされた響きが絶美である。
次いで、合唱のppとともにオルガンが奏でるたおやかなモティーフ、これはもう僕にとっては「天上の空気感」そのものだ。
「・ソド#ミレシ|ドソファ#ラソ・〜」(←画像参照)

これらのやり取りが終わると、いよいよテノールが主題を綿々と歌う。
「・・ソ|ミソド|ラーソ|ファーー|ミー〜」
「天上の」オルガンのそれに比べてシンプルな音の進行だが、実に優しい。
既出のハープ、チェロ、ほのかに響く合唱、そしてオルガンが独唱と溶け合ってゆく。
この場面が永遠に続くかのように思えたそのとき…

「高揚して」と指示された男声合唱の「ホザンナ」が、互いに呼び交わすように聞こえてくる。
iets vooruit(少し前進して)の部分を経て音楽はみるみる力を増してゆき、そこに女声合唱も加わって、サンクトゥスで歌われた「天地は栄光に満ち」の部分に再びなだれ込むのである。

(つづく)
posted by 小澤和也 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽雑記帳

2010年04月07日

no title

プロ野球、巨人の木村拓也コーチが天に召された。

僕の好きな選手だった。

努力と笑顔の人であったと聞く。

安らかに。
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月06日

私の愛聴盤(5)

§バッハ/カンタータ第106番「神の時こそいと良き時」
リリング指揮シュトゥットガルト・バッハコレギウム 他('75年録音)

僕にとって、バッハのカンタータは長い間「聖域」であった。
キリスト教(プロテスタント)の深い理解こそが楽曲の理解にとって不可欠ではないか、という思いがあったからである。
それでも、聖書やそれに関する書物を読み、またいろいろな作曲家の宗教音楽に触れていく中で、少しずつその「壁」が取り払われていく気がした。

この106番は、僕が初めてしっかりと聴き、かつ「味わった」曲である。
数多あるバッハのカンタータの中で、なぜこれを最初に手に取ったのか…
その記憶は今となっては定かではないのだが、前奏(ソナティーナ)のリコーダとヴィオラ・ダ・ガンバの優しく深い響きが、一瞬のうちに僕の心を掴んでいったのを覚えている。

器楽編成は上記に加えて通奏低音があるだけの簡素なものである。
それがかえって少人数の声楽パートとよく溶け合い、しっとりと音楽に浸ることができる。
合唱、独唱、どの部分をとってもこのうえなく美しい。
これが青年バッハ22歳の作だというのだから、驚きだ。

世評の高いリヒター盤も聴いたが、今の僕にしっくりくるのはリリングの演奏である。
リヒターのバッハにある劇性と臨場感の代わりに、ここには「安らぎ」、そして良い意味での「距離感」がある。
バッハの世界を広く「俯瞰」するような…
posted by 小澤和也 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛聴盤

2010年04月03日

春を感じる

20100403_1017547.jpg
昨日の荒天がウソのような快晴。
横浜の吹奏楽団、ホルツブラスカペーレのお花見に合流させていただく。
JR戸塚駅から歩いてすぐ、柏尾川沿いの桜は満開だった。
河岸の一角に陣取り、陽のあたたかさを全身で感じながら、ビールを片手に持ち寄りのお料理をいただく。

春だなぁ。

夕方からは、ホルツ事務局長Sさん邸に場所を移し、花抜きで宴の続き。
皆さん、おつかれさま。
Sさん、そして奥様、お世話になりました。
posted by 小澤和也 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月02日

ブノワ(10):荘厳ミサ[4]

〜Hoogmis(荘厳ミサ)のつづき〜

[クレード(つづき)]
Matig(中庸の速さで) ニ長調 4/2拍子

第三の部分「三日目によみがえり」は全合唱と管弦楽のユニゾンで晴れやかに始まる。
その表情には一点の迷いも苦しみも無いかのようだ。
「その王国に終わりはありません」の部分では、小合唱に「十字架音型」が幾度となく現れる。
これは「シ-ソ-シ♭-ラ」「ラ♭-ファ-ソ-ミ」のようにジグザグに動く音型のことであり、多くの作曲家によって宗教曲などで象徴的に使用されているものだ。
これと並行して、大合唱はオクターヴ跳躍で「生きる者と死者は裁かれる」と叫ぶ。
全管弦楽による二つの力強い和音が響き、第四の部分へ進む。


Matig snel(程よく快速に) ニ長調 3/2拍子

「主なる聖霊を」で始まる第四の部分は、様々な素材やモティーフが縦横に組み合わされた巨大な音の建造物である。

まず、それらの素材を列挙する。

・フーガ主題(これを【A】とする)
「ドーー|ーレド|シドレ|ミーー|ーファ#ミ|レ#ミファ#|ソ〜」
これは言うまでもなく、第一の部分に出てきた「じわりじわりと高みへ昇る音型」の変形である。
・分散和音+上行音型のモティーフ【B】
主に弦楽器によって奏されるが、合唱でも歌われる。
・【A】から派生した新しい音型【C】
「ラーー|ソ#ラシ|ドーー|シドレ|ミーー|レ#ミファ#|ソ〜」
と、これも次第に上昇してゆく音型である。
・十字架音型【D】
「・・ド|シソシ♭|ラファラ♭|ソミソ|ファラ♭ソ|ド〜」

はじめに主題【A】が大合唱にて、各声部ごとに(計4回)提示・応答される。
次いで【B】が現れ、6回にわたって調性的に発展していく。
再度【A】がイ長調、ニ長調で歌われ、音楽はいったん解決へと向かうが、偽終止(ニ長調で終わらずにロ短調に転ずる)によってさらなる展開へと進む。

次の【C】は調性的には不安定で、ロ短調、イ長調を経てさらにハ→変ホ→変ト長調と目まぐるしく移ってゆき、最後は変ハ短調という滅多にみられない調に落ち着く。
これが異名同音的に扱われ、ロ短調で三たび【A】が歌われた後、【D】がロ長調で現れる。
この【D】は例の「十字架音型」の後ろに主題【A】(「ドレド|シドレ|ミ〜」)が加えられたもので、信仰への揺るぎない確信を表している。
音楽の圧倒的な「力」を感じる部分だ。

再び【B】による展開、主題【A】の四たびの登場(ト長調→ニ長調)を経て、【D】がいよいよ満を持して主調(ニ長調)での再現となる。
そして、a音の保続低音の上でテンポを増し、「死者の復活と来世の命を待ち望む」と大小合唱が一体となって歌い切ると、そこにはようやく頂上が…
Langzamer(よりゆっくりと)、さらにはBreed(幅広く)の大団円で「アーメン」が三唱され、この長大なクレードは幕を閉じる。


音楽を文章で表すことの難しさ、そして虚しさ…
それでも、敢えて書いてみた。
この「クレード」は正に桁外れのスケールである。
稽古中、特にこのフーガ部は「終わりそうで終わらない」「(スコアを)めくってもめくっても終わらない…」
そんな印象だったことを書きながら思い出した。

(つづく)
posted by 小澤和也 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽雑記帳