2010年04月06日

私の愛聴盤(5)

§バッハ/カンタータ第106番「神の時こそいと良き時」
リリング指揮シュトゥットガルト・バッハコレギウム 他('75年録音)

僕にとって、バッハのカンタータは長い間「聖域」であった。
キリスト教(プロテスタント)の深い理解こそが楽曲の理解にとって不可欠ではないか、という思いがあったからである。
それでも、聖書やそれに関する書物を読み、またいろいろな作曲家の宗教音楽に触れていく中で、少しずつその「壁」が取り払われていく気がした。

この106番は、僕が初めてしっかりと聴き、かつ「味わった」曲である。
数多あるバッハのカンタータの中で、なぜこれを最初に手に取ったのか…
その記憶は今となっては定かではないのだが、前奏(ソナティーナ)のリコーダとヴィオラ・ダ・ガンバの優しく深い響きが、一瞬のうちに僕の心を掴んでいったのを覚えている。

器楽編成は上記に加えて通奏低音があるだけの簡素なものである。
それがかえって少人数の声楽パートとよく溶け合い、しっとりと音楽に浸ることができる。
合唱、独唱、どの部分をとってもこのうえなく美しい。
これが青年バッハ22歳の作だというのだから、驚きだ。

世評の高いリヒター盤も聴いたが、今の僕にしっくりくるのはリリングの演奏である。
リヒターのバッハにある劇性と臨場感の代わりに、ここには「安らぎ」、そして良い意味での「距離感」がある。
バッハの世界を広く「俯瞰」するような…
posted by 小澤和也 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛聴盤