2010年04月19日

「四季」の音楽

「四季」から連想される音楽といえば…?

筆頭はやはり「ヴィヴァルディ」のヴァイオリン協奏曲集ということになろうか。
クラシック音楽への入門曲のような存在だが、その平明さと屈託のない朗らかさはたしかに魅力である。
趣向をこらした新しい解釈の演奏が流行っているが、僕のお気に入りはオールドスタイルのイ・ムジチ(アーヨ独奏のステレオ盤)だ。

僕の中でもっとも思い入れが深い曲は「ハイドン」のオラトリオである。
数年前のパイオニア合唱団との共演が忘れられない。
同じ作曲家の「天地創造」に比べると地味な印象は否めないしストーリーも垢抜けないのだが、音楽は実に素晴らしい。

あと思い付くのは「グラズノフ」のバレエ音楽と「チャイコフスキー」のピアノ曲くらいか…
「グラズノフ」は、むかし「秋」の吹奏楽編曲モノが流行った。
「秋」なのにずいぶん派手に、堂々と終わるのだなぁ…
と思っていたら、なんとこの曲は「冬」で始まって「秋」が大団円となるのだった。
「冬春夏秋」…さすがロシアである。

そして…つい最近出会ったのが「瀧廉太郎」の組歌「四季」。
初めてその存在を知ったときは「ほぅ、そんな曲があるのか!」と驚いたが、その第1曲があの「花」なのだと聞いてもう一度ビックリ。
(なぜ「花」だけがこんなに飛び抜けて有名になったのだろう?)
他の3曲もとても佳い曲だ。

瀧廉太郎の「四季」については改めて…
posted by 小澤和也 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記