2010年05月30日

稽古も佳境に

20100530_1162149.jpg
農工大・府中キャンパスへ。
グリークラブ/記念演奏会の稽古も今日で4回目だ。
女声練習は、ピアニスト不在のため無伴奏曲を中心に行う。
本日初登場のOG、Sさんは奈良県からの参加である。
ちょうど10年前、農工グリーの演奏会で初めて女声合唱ステージを置いたときの一員でもある。
旭川の山ちゃんもそうだが、こうして遠くからエントリーしてくださるメンバーがいるというのは本当にありがたいことだ。


続いて男声練習。
曲が曲だけに、仕上がりのペースは早い。
「詩」はあくまで「音楽」に付随して歌われるものであるが、それでもメンバーが詩への深い理解を共有できたとき、出てくる声と表情は劇的に変わる。
今日は何度か、その瞬間に出会うことができた気がする。


稽古も残りあと3回。
皆さん、がんばりましょう♪


 §画像は農学部本館…いつもここで練習している。
  ごく普通の建物なのだと思うが、緑に囲まれた中での
  静かな佇まいが好きだ。
posted by 小澤和也 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月29日

久々の作業

ネットオークションで「ブノワ/ルーベンスカンタータ」のLPを落とす。
50年以上前の旧い録音のCDしか持っていなかったので、どうしても聴きたかったのだ。


さて。
プレーヤを手に入れなければ…
(順序が逆な気もするが)
〜という訳で、これまたネットオークションで中古のレコードプレーヤをゲット。
KENWOODの「KP-880D2」という機種である。
本体、ターンテーブル共に重量感があって、僕好み。
20100529_1157158.jpg

少し遅れてレコードが届いた。
さっそく盤をターンテーブルに乗せる…久々に行う作業(?)がぎこちない。
そして針を落とす。
この一連の「儀式」のような流れ…
「音楽を聴くんだ!」という心構えが生まれたものだ。
当時、盤だって、とっても大切に扱っていた。
〜思えば、子供の頃はこうして好きな音楽を聴いていたのだ…

20100529_1157157.jpg
いい音だなぁ…
厚みと重みを感じさせる、心地よい音である。
単に「音」でなく、「音楽」を聴こうとする耳には、針音はまったく気にならなかった。
posted by 小澤和也 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月26日

私の愛聴盤(9)

§ブラームス/交響曲第2番
 カール・ベーム指揮ベルリンフィル('56年録音)


二週続けての「愛聴盤」である。
(昨日〜今日とスコアを読んでいて、ふと書きたくなったのだ)
ブラ2…
言わずと知れた名曲であり、ライヴでもレコードでも様々な演奏を聴いてきたように思う。
10代の頃にLPで持っていたのは、たしかケルテス盤とバルビローリ盤の2枚だ。
理由は簡単。
「廉価盤」で「オケがウィーンフィル」だったから…
(ケルテス盤は今も聴く)

晩年のベームは日本ではとても人気があった。
最後の来日公演 ('80年)でのベートーヴェンの演奏会はFMで生中継され、僕は居間のステレオの前でじっと座って聴いていた。
「第7」が終わった直後の聴衆の絶叫にも似た歓声、終わらない拍手喝采…
「偉い指揮者なんだなぁ」と、子供心に感嘆したものである。
〜今にして思えば、良くも悪くも「巨匠的」なベートーヴェンであった。


さて、このブラームスはベームの壮年期(といっても60歳代だが)の記録である。
隅々まで目を光らせ、表情に一切の緩みは無く、オケのスタンドプレーを許さない(!)かのような、意志の力、統率力のみなぎる演奏だ。
かと言って、小賢しいテンポ操作や恣意的なニュアンス付けがあるワケでは決してなく、引き締まってはいるが実に自然な流れなのである。
(余談だが、終楽章のコーダで突然我を忘れて突っ走ってしまう演奏が僕は大の苦手だ)
加えて、当時のベルリンフィル(フルトヴェングラーが世を去ってまだ2年!)のサウンドが実に素晴らしい。
「カラヤン色」に染められてしまう前の、「渋い音色と高い機動性」を兼ね備えたこのオーケストラで聴くブラームス、僕のお気に入りである。
posted by 小澤和也 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛聴盤

2010年05月24日

演奏会のごあんない

20100524_1146441.jpg
近く開催される演奏会のごあんないです。

§ホルツ・ブラス・カペーレ 第35回定期演奏会
 日時…2010年6月19日(土)15時開演
 会場…横浜市栄区 栄公会堂(JR根岸線本郷台駅下車)
 曲目…リード/序曲「春の猟犬」、ホルスト/第2組曲 他
 出演…小澤和也(指揮)

♪長年ご一緒している横浜の吹奏楽団です。


§東京農工大学グリークラブ 第30回記念演奏会
 日時…2010年7月4日(日)15時開演
 会場…練馬文化センター小ホール(つつじホール)
 曲目…多田武彦/「富士山」、信長貴富/「うたを うたう とき」他
 出演…小澤和也(指揮)、宮代佐和子(pf)

♪記念ステージではOB、OGの皆さんとの合同演奏をします。


§アダチ歌劇団公演「メリーウィドウ」
 日時…2010年7月11日(日)15時30分開演
 会場…NB CLUB (JR新橋駅下車) 全自由席¥6,000
 曲目…レハール/オペレッタ「メリーウィドウ」
 出演…安達沙緒理(ハンナ)、和田ひでき(ダニロ)他
    小澤和也(指揮)、Ensemble MOOI


皆さま、ぜひお運びください。
posted by 小澤和也 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会情報

2010年05月23日

二度あることは三度…

雨。
今年も歌えなかった…残念。
江戸川区「中央地域まつり」での屋外イベント。
これで三年連続、雨に祟られたことになる…
5月第四日曜日は「雨の特異日」なのだろうか!?

あしべの皆さん。
今日歌うはずだった曲、いつかぜったい歌いましょうね!
posted by 小澤和也 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記