2010年05月13日

「旧く」て「良い」もの

東京農工大学グリークラブの稽古へ。
今日の会場は工学部のある東小金井キャンパス。
およそ半年ぶりに駅に降り立つ。
高架化工事が終わっていて、ようやく利用しやすい駅になっていた。

今日は、在校生による愛唱歌ステージのレッスン初日。
様々なジャンルの曲を取り上げるのだが、中には25年前に僕がここで歌った歌もある。
指揮をしながら、当時の響きが脳裏を過ぎる。
当たり前のことだが、「あの頃」とは時代も、流行りのスタイルも、そして学生の気質もかなり違っていて…
それが歌にも現れているようだ。
(「昔はもっとこう…腹に力を入れてだな…そこはもっと強く!…」)
などと思いつつ、稽古を進める。
(総じて、今のメンバーは「柔らかく綺麗に」歌うのだ)

「今」の彼らの音楽性を活かしながらも、彼らの知らない「旧く」て「良い」ものを、これらの楽曲を通じて伝えていきたいと…心から思う。
posted by 小澤和也 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月11日

読みまつがい 二題

何でもない普通の看板が、仕事柄まったく違うふうに見えてしまうことが時々ある。

偶然通りかかった理容室の看板。
ぱっと見「スタッカート」。
「変な名前〜!」と思ってよく見ると…
20100511_1119336.jpg


とある展覧会らしき看板。
ぱっと見「ビバルディ」。
「焼きまんじゅうと何の関係が!?」と思ったら…

20100511_1119337.jpg

ヒルバテイ…
調べたのだけれど、ある地域で「昼にうどんを食べること」らしいとしか判らなかった。
気になるなぁ、ヒルバテイ…


何でも音楽用語に見えてしまうのも困ったものだ…
posted by 小澤和也 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月10日

音楽と食欲

20100510_1115523.jpg
ホルツブラスカペーレ、恒例の合宿@三浦海岸へ。
土曜日9時間、そして昨日も4時間の練習。
来月の演奏会に向けての曲創りを集中して行う。
ホルストの組曲や「情熱大陸」など、いい感じに仕上がってきた。


話は飛ぶが…
合宿は「太る」。
一日三回、宿の食事をがっつりといただく。
(指揮はああ見えて腹が減るのだ)
加えて夜の合奏後の懇親会…
昨晩は、ご結婚されたばかりの団員Uさんのお祝い会も催された。
(ホルツは「遊び」にも手を抜かないのだ)
賛美歌斉唱、ケーキ入刀、そしてアルバム&色紙贈呈と、一同歓声と爆笑の連続。


ホルツの皆さん、お疲れさまでした。
演奏会に向けてがんばろう!
posted by 小澤和也 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月07日

あしべ

GWを挟んで、久しぶりのあしべの稽古。
とっても待ち遠しかった。
その思いはメンバーの皆さんも同じだったみたいで、歌声にもそれが現れていたようである。
楽しいレッスンだった。

メンバーのお一人、Sさん。
ヨーロッパ旅行から戻られて、久々の練習参加。
お話を聞くと、アイスランドの火山の噴火の前日にフランクフルトに入り、規制が解除されたばかりのヒースロー空港から戻ってこられたとのこと…
素晴らしい強運の持ち主である。
彼女の楽しい土産話で、稽古もランチも大いに盛り上がった。


明日からホルツの合宿。
たった今、先乗りして宿に到着したところである。
これからプチ宴会。
posted by 小澤和也 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月06日

パズル

20100507_1107866.jpg

先日、電車に乗っていたときのこと。
隣に座っていた若い男性がルービックキューブに興じていた。
むかし流行った立体パズルである。
僕も中学生の頃「何秒で6面できるか!?」をクラスメートと競った記憶がある。


しばらくうたた寝して、ふと目を覚ます。
すると、僕の正面に腰掛けている女性が目を丸くしてこちらの方を見ている。
何だろう?と隣を見ると…
!!!
こんなの初めて見たぞ!

20100507_1107877.jpg

ルービックキューブ=3×3×3だとばかり思っていたので、正直ビックリである…
男性はよどみなく手を動かし、やがて6面を完成させた。
感心して見ていると、彼がバッグからまた何か取り出している。
そして出てきたのが…

20100507_1107868.jpg

唖然…。
こんなモノを考えつくなんて…人間の頭脳ってスゴイな…
なんて思ってしまった。
(これらをいくつも持ち歩いている彼もスゴイ)

残念だったことが一つ。
彼がこれを完成させる前に、
僕の降りる駅に着いてしまったのだ…
後ろ髪を引かれる思いで、席を立ったのだった。
完成したら、どんな形だったのだろう…?
posted by 小澤和也 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記