2010年06月30日

2010年上半期総括

気がつけば6月も終わりである。
…早いものだな。

この半年間、自分なりに走ってきた。
オペラを通しての新しい出会い、気の合う仲間達との音楽創り…
下振りからも多くのことを学んだ。
作曲家ペーテル・ブノワの研究を進めることができたのも収穫である。

2010年後半も…自分の歩幅で。
posted by 小澤和也 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月29日

大人買い?

20100629_1223361.jpg
お気に入りの歯ブラシがある。
歯医者さんで薦められ、去年から使い始めたタイプ。
ヘッドの大きさと毛のかたさ、毛先の形がちょうどよいのだが、スーパーにもドラッグストアにも置いていない。

ネットショッピングで扱っているのを偶然見つけ、とりあえず16本ゲットしてみた。
初めての「歯ブラシ大人買い」。
posted by 小澤和也 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月27日

ホール練習

昼間の仕事を終えて、急ぎ農工グリーの稽古へ向かう。
今日はいつもの教室ではなく、ホールを借り切っての練習。
僕が到着した時には、既に学生指揮者ステージのリハが始まっていた。

20100627_1221147.jpg


来週の本番の会場ではないのだが、ここ武蔵野市民文化会館小ホールも佳い響きのする空間である。
歌い手がいい発声をすれば、ホールトーンがそれを助けてくれる…といった感じ。
続く合同ステージは、人数の多さに加えて「百戦練磨」のOBの皆さんの歌声が空間を満たす。
これを在校生にも感じて欲しいし、是非また目標として欲しいものだ。


リハ後半は、いろいろと課題の残る出来であった。
残り一週間、学生諸君のさらなる奮起に期待しよう。
posted by 小澤和也 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月24日

私の愛聴盤(11)

§シベリウス/交響曲第6番
 オッコ・カム指揮ヘルシンキフィル('82年録音)


ヘルシンキフィルの初来日から30年近くが経つ。
ずいぶん昔になってしまったのだなぁ…

その時のシベリウス/交響曲ツィクルスがFM東京で放送され、当時まだ高校生だった僕の心を捉えた。
全曲目をエアチェックし、そのテープは僕の宝物となった。
「シベリウスは第1、第2がポピュラーだが、それ以降の曲は渋くて難解である」
などという予備知識(?)は、当時の僕には無かった。
(今思えばとても幸せなことである)
そんな僕の、一番のお気に入りがこの「第6」だった。

第1楽章冒頭、薄く拡がる透明な高弦の響きの中に、静やかで冷美な大気を感じる。
木管が加わり、しばらくしてホルンが入ってくる(Fの和音が響く)ところでは、柔らかく差しこむ陽の光を見るかのようだ。
もちろんこれは描写音楽ではない。
だが、その時の僕には確かにそのように「聞こえた」のだ。
またこの楽章、パッと聴いた感じではニ短調、あるいはヘ長調(いわゆる「フラット1個」の調)なのだが、なぜかしばしば(「シ♭」ではなく)「シ」の音が鳴る…
今ならば「ああ、ドリア旋法ね」の一言で済んでしまうのだが、それを知らない昔の僕にはとても新鮮に、そして神秘的に響いたのだった。

数年前にCD化され、久しぶりに聴いてみた。
当時の記憶が鮮やかに蘇ってくる…あのときの感触のままだ!
ライヴゆえの小さい疵もあるが、何より指揮者とオーケストラの、この曲に対する「愛」を感じる演奏である。
この演奏を聴くと、シベリウスの後期様式=難解、という図式が単なる思い込みのようにも思えてくる。
posted by 小澤和也 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛聴盤

2010年06月22日

メリー→牛角→水のいのち

メリーウィドウの立ち稽古へ。
役柄それぞれに面白おかしく、個性丸出しの演技がつけられていく。
団長の安達さん曰く、
「この登場人物は全員『すごく変な人たち』だわね…」

稽古後は、駅前の牛角にて懇親会。
久しぶりの焼肉だ〜美味い!
が…
次の現場へ行かねばならず、後ろ髪を引かれる思いで一人店を出る。

向かったのは農工大グリークラブのレッスン。
高田三郎「水のいのち」を見る。
学生指揮のMへ、そしてメンバーへ、彼らの意図を汲みつつアドヴァイスを出す。
表現を「与える」のではなく、個々の表現意欲を「呼び起こす」のだ。
あと二週間…どこまで高みを目指せるか、期待したい。
posted by 小澤和也 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記