2010年07月30日

毎月新聞

先日、書店で別の本を探している時に偶然見つけて買い求めた文庫本だ。
著者は佐藤雅彦さん。
あの「だんご3兄弟」や「ピタゴラスイッチ」の作者のおひとりでもある。


「…その月々に感じたことを独自のまなざしと分析で記した、佐藤雅彦的世の中考察」(裏表紙より)
佐藤さんの発想・視点はとっても面白い…
大好きだ。
しかも、心から共感できる事柄も多い。

 「じゃないですか禁止令」 「単機能ばんざい」
 「ブーム断固反対」 「ネーミングの功罪」
 「つめこみ教育に僕も一票」…etc.

気に入った記事(新聞なので)を挙げればキリがない。


僕の心にいちばん残ったのは「テレビを消す自由」という章である。
(書中では付録として扱われている)

  リモコンの普及がテレビの見方を変え、さらには番組の
  つくりをも変えたこと。
  (中身は無いのにひっぱるだけひっぱる編集…)
  郷里にて、好きな番組が終わるとテレビを消すお母様の
  姿を見てハッとさせられたこと。
  そして…
  つまらない番組を観て時間が無駄になったとしても、そ
  れは自分の責任である、ということ。

うーむ…
大いに考えさせられる。


家のテレビを地デジ対応に買い替えるのがますます億劫になってしまった。
posted by 小澤和也 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月28日

私の愛聴盤(13)

§ヒンデミット/交響曲「画家マティス」
 ヘルベルト・ケーゲル指揮ドレスデンフィル('80年録音)


高校生の時に金管アンサンブルで "Morgenmusik"(朝の音楽)を演奏して以来、ヒンデミットは僕にとって不思議な存在となった。
古典派やロマン派における、いわゆる「調性に基づく音楽」とは異なるが、完全な「無調」でもない独特の和声感覚。
どことなく覚めた雰囲気の、飄々としてクールな旋律線。
渋いサウンドと緻密で職人的なオーケストレイションにも大いに惹かれたものである。


とにかく「ポーカーフェイス」なのだ。
モーツァルトの喜悦とも、ベートーヴェンの激情とも、もちろんヴァーグナーの陶酔とも違う、「理知的」で「情に訴えない」ヒンデミットの音楽。
こういう音楽があってもいい。
(一般ウケはしないだろう、とは思うが)


この「画家マティス」、オペラからの編作ということもあってか、淡々とした中にも美しい歌が散りばめられている。
自作自演盤も含めいろいろな録音を聴いてきたが、このケーゲル盤の演奏が僕にはいちばんしっくり来る。
歌い過ぎないメロディ、オーケストラの深い音色(特に金管)、そして合奏の精度…
この「ハードボイルドさ」が曲想にマッチするのだ。
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛聴盤

2010年07月27日

リュシフェール

20100728_1278486.jpg
アントワープのデウィルデさんから荷物が届く。
「品名:Muziek Partituur」とある。
急いで開けてみると…
ブノワの「リュシフェール Lucifer」の分厚いフルスコアだ。

Dank u wel, Jan!!

「リュシフェール」は、1865年(スコアの記載による)に作曲された三部からなるオラトリオである。
作詩はエマニュエル・ヒール。
(フランドル語の権利回復運動の主唱者でもあった詩人)
よって、当然ながら歌詞はフランデレン語(オランダ語のフランデレン地域での方言)である。
祖国ベルギーへと戻り、「音楽における民族主義」の意識に目覚めたブノワの出世作と位置付けてよいだろう。
(デウィルデさん曰く「これは佳い作品だと思う」)

これからテキストを少しずつ読み込んでいこう。
音源も探さなくちゃ!…
posted by 小澤和也 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月26日

「流行り」にノッてみる

今日はオフ。
そして「土用の丑の日」。
そういえば…最近鰻を食べてないな…
近所のスーパーで蒲焼きの店頭販売をやる、と告知が出ていたのをふと思い出す。
昼前にぶらりと出かけてみた。
お、やってるやってる…
おじさんが汗だくだくで、一串ずつ炭で炙っていた。
(画像では幟の陰に隠れてしまった…おじさん、ごめんね)

20100726_1275892.jpg

並んでいたのは
・蒲焼き(中)中国産 450円
・蒲焼き(中)宮崎産 750円
・蒲焼き(大)宮崎産 1000円
 …etc.
迷わず「宮崎産(中)」を買い求める。
帰宅してさっそく、鰻丼に。

 うーん…美味だ!

普段の僕はあまり「巷の流行りモノ」に興味が無いのだが(恵方巻やホワイトデーなどはその最たるものである)、「土用の鰻」は大いにアリかも…
posted by 小澤和也 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月23日

夏の陽射し

合唱団あしべの稽古へ。
それにしても…暑い!
音楽室の空調がいまひとつ効かないのもあって、発声練習から汗だく。
メンバーの声も…若干夏バテ気味だったかな?
瀧廉太郎の「納涼」と「雪」をさらう。
前者はともかく、「冬の音楽」はやはり気分が出ないのか、ハーモニーがなかなか纏まらないうちに…時間切れ。


休憩を挟んでシューマン「流浪の民」の譜読み二日目。
僕の好きな曲(しかも名曲!)なだけについつい多くを求めてしまいそうになったが…
焦らず行こう。先はまだ長い。
あしべはこれから3週間の夏休み。


メンバーとランチをご一緒して、外へ出る。
しかし…暑い!
女性の日傘が羨ましく思えて仕方がない。
男性用のものもあるそうだが…差している人を見たことがないからなぁ…
posted by 小澤和也 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記