2010年09月29日

女子美音楽部2

今季2回めの女子美術大学音楽部の指導へ。
今日の稽古場は多摩市民館(向ヶ丘遊園)。
キャンパスが杉並と相模原に分かれてしまったため、やむなく両者の中間地点に練習場所を押さえ、それぞれが集まって来る形を必要に応じてとっているそうである。
何かと不自由と思うが、これからも頑張って欲しいものだ。

今日は発声練習から。
口の形やレガートの意識、身体の使い方などのアドヴァイスを組み入れながらのウォーミングアップ。
「女子美術大学校歌」のワンフレーズを用いて、トレーニングを実際の「曲」にどう活かせばよいかも理解してもらった。
効果は充分にあったと思う…あとは「定着させること」だ。

2週間ぶりの彼らの歌声。
「おんがく」(木下牧子)に時間を割く。
無伴奏四部、繊細な音の連なりを持つ難曲だ。
今日は各パートの精度を高める試みまでで精一杯…
もうひとがんばり!

休憩もほとんどなく、あっという間の2時間半。
次回もがんばろう!
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

雨 のち 晴れ のち ショパン

昼前から激しい雨。
徒歩で駅に着くまでに、背中も靴もずぶ濡れ…

農工大グリークラブのヴォイストレーニングへ。
今日の参加者は4人…
各自の癖を把握しつつ、理想の声に近づけていくためのアドヴァイスをする。
一人一人が、ソロを担えるような豊かな声量を持ち、かつ溶け合うことのできる声を目指して欲しい。

稽古を終えて外へ。
薄陽が射すほどに天気も回復している。
久しぶりにキャンパスから国分寺駅まで歩いてみた。
学生時代によく立ち寄った定食屋や焼鳥屋、あらかたなくなってしまっている。
(あれから20年だものな…)
駅ビルの8階で美味しいコーヒーをいただいてから、錦糸町へ移動。

平野裕樹子さんのピアノリサイタル@トリフォニー小ホール。
生誕200年にちなんで、シューマンとショパンの名曲を並べた意欲的なプログラム。
お腹いっぱい、楽しませていただきました♪
20100929_1391458.jpg
posted by 小澤和也 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月26日

初合奏

カリーノ・スケルツォ交響楽団の第一回稽古。
4年前にベト7をご一緒した専修大学フィルのコンミスNさんを中心に、新しく組織された若いオーケストラである。
ブラームス/第2交響曲を柱に、エグモント序曲、リストのピアノ協奏曲という重厚なプログラム。
もちろんまだまだこれから、の出来ではあるが…
こうして "Take off" を果たしたことをまずは喜びたい。
(「ここまで」来るのが…さぞ大変だったことだろう)

稽古後、メンバーと「記念すべき初回合奏」を祝って乾杯。
曲を創るよろこび、そして彼らと共に新しい「サウンド」を創っていくよろこびを心の底から感じるひとときであった。


  カリーノ・スケルツォ交響楽団の第一回演奏会は、
  2011年1月10日(祝)午後、川崎市教育文化会館にて
  開催されます。
  皆様、どうぞお運びください。
posted by 小澤和也 at 00:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月24日

ルーベンスカンタータ

アントワープの音楽学者でペーテル・ブノワ研究の第一人者、Jan Dewildeさんから久しぶりに郵便が届く。
どきどきしながら開けてみると…
中から出てきたのは「ルーベンスカンタータ」のヴォーカルスコア!
20100924_1384096.jpg
以前、僕がこの曲を気に入って、ヤンさんに「スコアが見てみたい」とそれとなく話した(ねだった?)のを覚えていてくださったのだ。

さっそく数ページ読んでみた。
「荘厳ミサ」や「レクイエム」とは明らかに異なる筆致を感じる。
作曲年代には10年強の差がある(ルーベンスのほうが後)わけだが、それ以上に彼自身の中で「音楽というもの」への意味づけが大きく変わっているのだから、それも当然と言えよう。
ブノワの作風の移り変わりにも注目しながら、アナリーゼを進めていこう。

 Dank u wel, Jan!
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アマデウス

藤沢へ。
湘南アマデウス合唱団・合奏団の演奏会を聴く。
その名の通り、モーツァルトをこよなく愛するメンバーによる、手作り感あふれるコンサートだ。
(当然ながらオール・モーツァルト・プロ)
聞いた話によれば…
開演前に鳴らされるいわゆる「本ベル」、この団体のオリジナル音源をわざわざホールに持ち込んで使用しているのだそうである。
そして今回も…
「パパゲーノのアリア」を奏でるグロッケンの音が会場に響いていた。

悪天候にもかかわらず、お客様の入りは上々。
大勢の団員さんが客席案内などにあたっておられる。
さりげなく、細やかな心くばりがうれしい。

プログラム前半は、菊地裕介さんをソリストに迎えてのピアノ協奏曲ハ短調 K.491。
やや速めのテンポで粛粛と歩むモーツァルト、といった印象。
オーケストラもよく健闘していた。
アンコールにはショパンの「英雄ポロネーズ」が弾かれる。
一瞬、意外な気がしたが…客席は大喜びの様子。

そして後半、いよいよ合唱団の登場。
ザルツブルク時代に書かれた、普段あまり接する機会のない宗教曲3曲を聴くことができた。
中では一曲目の「サンクタ・マリア K.273」が、よく歌い込まれていて楽しめた。
続く「レジナ・チェリ K.127」「リタニエ K.195」では独唱が加わり、いちだんと華やかに…
モーツァルトの宗教曲、知る人ぞ知る名曲の宝庫なのだなと改めて感じる。

指揮の堀部先生、田部井さん、そして皆さん、お疲れさまでした♪
posted by 小澤和也 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記