2010年10月31日

ブノワ(20):レクイエム[5]

[サンクトゥス]

Andante quasi andantino 変ホ長調 4/2拍子

冒頭、無伴奏の女声四部合唱(※)がゆったりと美しく「聖なるかな」と歌う。
ハープの分散和音がこれに寄り添うように響き、続いてオルガンが即興風な和声的パッセージを静かに奏でる。
(Praeludium, Lento e grave)
このパターンが計3回、調性を変えて繰り返された(変ホ長調→ト短調→変ロ長調)後、新しい音型で合唱が「万軍の主なる神」と力強く歌う。
ハープがそれに鋭く応え、さらにオルガンも足鍵盤を加えたffで壮麗な和声を響かせ、Dの和音上に留まる。

すると、小合唱と弦楽による「天地はあなたの栄光に満ち」の堂々としたメロディが堰を切ったように流れ出す。
すぐに大合唱がハープ、オルガンを伴って同じ歌詞を
「ド-シ-ド-ラ-ラ-ソ…」(表記は移動ド)
の特徴的な音型に乗せて唱和する。
(この音型は次の[ベネディクトゥス]においても現れる)

最後に、全合唱と管弦楽が一体となって
「天のいと高きところにホザンナ」
と転調を重ねつつ歌い、変ロ長調(属調)でこの章を結ぶ。

この[サンクトゥス]は2分ほどの短い楽曲であるが、次の[ベネディクトゥス]と密接な関連を持っている。

※スコアには"Knapen"=少年(複数形)と記されており、実際この四声体を少年合唱で歌った場合の効果は絶大だと思う。
(私が持っている音源でも少年合唱が用いられている)

(つづく)
posted by 小澤和也 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽雑記帳

2010年10月29日

根拠のない自信を持て

20101029_1443288.jpg
雨の木曜日。
脳科学者・茂木健一郎さんの講演「脳から見た英語上達法」を聴く。
(新宿紀伊國屋サザンシアターにて)
最近ちょっと彼に「ハマって」いて、何冊か本を読んでいたところだった。


下手袖より茂木さん登場。
まず、今回発売される茂木さんの英語教材の宣伝をさらりと。
(実際は…この発売に合わせての講演であるらしい)


すぐに本題へ入る。

 『日本人はなぜ英語が苦手なのか』

を切り口に、
・明治時代からの「翻訳文化」の発達とその功罪について
・「英語が出来なくても幸せに生きていける日本」に、現代の我々日本人が適応してしまっていること
そして
・英語を「翻訳」して理解している限り、スピードにおいて世界の仲間に入れない
と彼は厭味無く言い切る。
客席の我々に向かって、
「自分のやってることが "worldwide" だと思って仕事をしていますか?!」
とも。


 『根拠のない自信を持て』

結び近くでの茂木さんはこうおっしゃった。(この言葉、僕も大好きだ)
もちろんこれには続きがある。

 『そして、それを裏付ける努力をせよ』


80分間、休憩無しで一気に。
あることを話しているさなかにも、次々とアイディアが浮かぶのであろう…
話題が横道に逸れることしばしば。
それがまた面白い。
モーツァルトは作曲するとき、「楽想が頭に浮かぶ速さに、音符を五線紙に書き込むスピードが追いつかなかった」そうであるが…
昨日の茂木さんのおしゃべりもまさにそんな感じであった。
posted by 小澤和也 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月27日

楽聖たちの息吹にふれる

20101027_1441395.jpg

気持ちのよい秋晴れの午後。
川口のリリアへ出かけた。
お目当てはこれ↓
「3人の偉大なる楽聖たち
 モーツァルト・ベートーヴェン・シューベルト 資料展」


展示品は全部で10点ほど。
ウィーン楽友協会資料館が所蔵する肖像画や自筆譜などである。
その中でもっとも目を引いたのが…
「フリードリヒ・アウグスト・ティッシュバインによる
 モーツァルトの肖像画 1790年」(日本初公開)だ。
20101027_1441394.jpg

率直な感想は〜これがモーツァルトかぁ…といった感じ。
これまで目にしていたものとはやや違った印象だ。
(1790年ということは…死の前年である)


自筆譜も面白かった。
モーツァルトの、淀みなく流れるような軽やかな筆運び。
やや太めの筆跡で整然と並ぶ、シューベルトの音符たち。
一方、ベートーヴェンのそれは(スケッチということもあろうが)、殴り書きのようでぱっと見ほとんど判読不能だ。
三者三様の性格の違いを見るようで、とても興味深かった。


20分ほどであっという間に観終えてしまったが、まずまず楽しい展示だ。
ただし、掲示されている資料に誤記が多いのはちといただけない。
ベートーヴェンの第3交響曲が「作品551」となっていたり…
(正しくは55。551は「ジュピター交響曲」のケッヘル番号)
シューベルトの没年が「1827年」になっていたり。
(1828年が正解。ベートーヴェンの没年が1827年)


 §川口総合文化センター・リリア 催し広場にて
  11月2日(火)まで
posted by 小澤和也 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月25日

ノリグラフ五線ペン

20101025_1436693.jpg
池袋のヤマハで購入。
「きれいな五線が引ける!」とTwitter上で紹介されていたのを見て、興味本位で予約してみた。
大きさは思っていたよりコンパクトでgood。
(シャープペンシルよりも短い)
キャップを外すと、普通のボールペンの芯が5本並んでいる。
それだけと言えばそれだけ…実にシンプルな構造。


箱の側面には、ドイツ語で "Notenlinienschreiber" とある。
「五線筆記具」か…なるほど、そのまんまだ。
商品名も、これを縮めてこしらえたのだろうか。
Notenlinien→Noli、それにgraphを繋げて…


帰宅して、さっそく試してみた。
定規を当てて、さっと引いてみたが…
ん?4本しか引けない。
確かに、理屈のうえでも、ペン先が高い精度で揃っていなければ五線は引けない。
改めて現物を見るが、やはりそれなりの揃い具合である。
定規を当てたままグリグリと2〜3往復させると…
何とか五線が引けた。
しっかり筆圧をかけてゆっくりと動かせば、上手く書けるようになるかも。
20101025_1436694.jpg

ちなみに、線と線の間隔は約2.5mm。
よって約1cmの幅の五線が引けることが判った。
(僕にはちょうど良い)
ドイツ製、1680円。
高いか安いか…?
まあカタイことを言わなければ、面白いグッズであろう。
posted by 小澤和也 at 02:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月22日

het dagboek【日誌】

20101022_1432337.jpg
朝、合唱団あしべの稽古へ。
今日も「てっせん・どくだみ」(新実徳英作曲「花に寄せて」より)をさらう。
リズム、そして和声的にとても難しい部分の連続。
悪戦苦闘の2時間だった。
ここを乗り切れば…
気持ち良く歌えるような新たな展開が待っていよう。
焦らず、根気よく。


ここ最近、オランダ語で日誌をつけている。
とは言えほんの数行ずつ、
まだ「○時に起きる」「〜を聴く」「…を買った」etc.
程度の内容だけれど…
「とりあえず書いてみる」「とにかく続けてみる」
の気持ちで。
posted by 小澤和也 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記