2010年10月20日

女子美音楽部

女子美術大学音楽部の稽古へ。
学園祭でのミニコンサート本番を間近に控えて、大詰めのレッスンである。

今日の会場は相模キャンパス。
新宿から小田急線で40分→相模大野から路線バスで30分ほどかかる。
広大な敷地、新しく綺麗な校舎…
学問や制作に打ち込むには佳い環境であろう。

さて、歌の仕上がりは…
学指揮のHさんを中心にみんなよくがんばった。
アンサンブル力は大きく進歩したと思う。
あとは…やはり「発声」をどれだけ磨くことができるか、だ。
この先はメンバー一人一人に、もっと「欲」を持ってもらえたらと、切に願う。

ミニコンサートは金&日曜日の2回公演。
本番は思い切り弾けて、楽しんで歌ってください…
そうそう、「焼きそば屋さん」もがんばってね!
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月18日

Quanto tempo!!

日曜日、久しぶりの専修大学フィルとの合奏へ。
グノー「ファウスト」バレエ音楽、そしてブラームスの第1交響曲(昨日は第2&3楽章)をみっちりと。
先月の合宿の時と比べると、だいぶ音が並んできた。
ここからがスタートである…
この先の音楽創りが「楽しい」のだから。

稽古の帰り、新宿で途中下車。
中古CD店を物色し、いつものSegafredoでクールダウン&リラックス。
(ここのエスプレッソが美味しいのだ)

店を出ようとしたその時…
ポンポン!と肩を叩かれた。
びっくりして振り向くと〜眼鏡をかけた外人さん。
ずっと以前に通っていたイタリア語教室の先生だった!

 Ciao, Luca! Quanto tempo!!

Lucaが僕を覚えていてくれたのが嬉しい。
(そういえば、このカフェを教えてくれたのも彼だったっけ)
イタリア語、すっかり怠けていて忘れてしまった。
また習いに行きたいけど…今はオランダ語で手いっぱい(^o^;)
Lucaのスクール、大きくなったそうである。
遊びに行ってみようかな。
posted by 小澤和也 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月16日

戦利品

20101016_1420032.jpg
先日出かけた展覧会、
「フランダースの光〜ベルギーの美しき村を描いて〜」。
鑑賞後のお楽しみ…ショップでついつい足を止める。


まず、クラウス「刈草干し」(画像上)のポストカードと一筆箋をゲット。
これだけで帰ればよかったのだが…
別の一角にベルギービールのグラスを発見!
さんざん迷ったが…その後に仕事があり、嵩張るので断念した。
その代わり、コースターを何枚か購入。
小洒落たデザインが楽しい。
20101016_1420029.jpg

その中の一枚を見て…思わず笑ってしまった。
ベルギーは多言語の国家である。
法律も道路標識も、そしてレストランのメニューまでもフランス語/オランダ語の並記なのだそうだ。
さて、このコースター。
「ここでDuvelを飲もう」と…やっぱり二ヵ国語で書いてある(笑)
20101016_1420031.jpg

勢いに乗って、栓抜きもゲット。
木製の柄の握り具合がグッド。
20101016_1420030.jpg

久しぶりにCHIMAYが飲みたいなぁ…(*^∇^*)
posted by 小澤和也 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月14日

音楽と、絵と…

20101014_1417174.jpg
昨日の午前中のこと…
Twitterでこんなつぶやきをたまたま発見。

 10月13日、リコーダーの太田光子さんによる無伴奏
 リコーダー演奏会が、なんと【入場無料】で〜

ランチコンサートか…まだ間に合うな…
思い付きで出掛けてみることに。
最近リニューアルされた石橋メモリアルホール、豊かな響きの空間だ。
太田光子さんの演奏がまた素晴らしい。
何というカンタービレ!
僕の中で、リコーダーのイメージが一変した。
中世(1300年代)のエスタンピー(作曲者不詳)がとってもチャーミング。
テレマンの「ファンタジー」も楽しめた。


上野駅で…ある展覧会の広告がふっと目に留まる。
20101014_1417175.jpg
 「フランダースの光〜ベルギーの美しき村を描いて〜
  Bunkamura ザ・ミュージアム」

フランダース!これは行かねば!
…というわけで、渋谷へ向かう。
ベルギーの古都、ヘント近郊の小さな村、シント・マルテンス・ラーテム。
都市の喧騒を嫌ってここに集った芸術家集団が、19世紀半ばから創作活動を展開したそうである。
美しい自然や素朴な村人を題材とした、穏やかな作品が並ぶ。
有名な作品はなかったが、なかなかいい展覧会だった。


二つの「偶然」に導かれて〜
心がとっても豊かになった一日。
posted by 小澤和也 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月12日

農工祭ステージに向けて

夕方より農工大グリークラブの稽古へ。
目下、秋の学園祭でのミニコンサートに向けて猛練習中。
本番は男女二人の学生指揮者がタクトをとる。
僕は今回、歌のレッスンと共に学生指揮者へのアドヴァイス(指揮法&指導法)を行う。


数回の(僕の)稽古で全てをカヴァーするのは厳しい。
(男声、女声、混声で計10曲以上ある)
それでも、やれるだけのことはやりたい。
(年間を通して指導できるならばどんなに良いだろうかと思う)


男声…
先日のヴォイストレーニングの効果か、また一年生が伸びてきたからか、春に聴いたよりも佳い声になっているようだ。
女声…
人数のわりに難しい曲を選んだせいか、みんな(指揮者も)自信なさげ。


がんばれ〜!
posted by 小澤和也 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記