2010年10月11日

私の愛聴盤(16)

§ブルックナー/交響曲第8番
 カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウィーンフィル
 ('84年録音)


先日「第5」を取り上げたばかりなのだが、ふと思い立って今回もブルックナーである。
理由はいたってシンプル…
今日(10月11日)がブルックナーの命日だからだ。(1896年没)


「第8」にはちょっとした思い出がある。
初めてライヴで聴いたのは20年以上前…
若杉弘指揮の都響だったと思う。
この日、第3楽章の途中で地震があり、客席が少しざわついたのだ。
それでも、演奏は途切れることなく続けられ(楽団員も指揮者も完全に音楽に集中しているように見えた)、やがてその空気が会場中に伝播して素晴らしい演奏になったのである。
もちろん目には見えないが、ブルックナーの音楽が客席を落ち着かせ、聴衆の想いが演奏を後押ししたように思えてならなかった。


〜そんなわけで僕の大好きなこの曲、
数多あるCDもそれぞれに良さがあって迷うのだが、最もよく聴くのがこのジュリーニ盤だ。
テンポは全体にやや遅めである。
オーケストラ(特に弦楽器)に柔らかく、そして長めの音を要求しているためレガートの箇所はもちろん、そうでない部分も幅広くゆったりと流れるような音楽の運びとなるのだ。
(もっと男性的な表現が欲しい瞬間もあるが…これがジュリーニ流なのだろう)


それでも音楽が恣意的に聞こえないのは、この指揮者の楽曲への深い理解と愛情があるからだと思う。
そう思える所はたくさんあるが、中でも僕がいちばん痺れてしまうのが…
フィナーレの終わり近く、
第1楽章の主要主題が全合奏のffでドラマティックな回帰を遂げた後、
それを受けてヴァイオリンが高音でしっとりと奏でるメロディだ。
ここでジュリーニはさりげなくテンポを落とす。
そして、目の前にいる人をこのうえなく優しい手つきですっと抱き寄せるような、そんな柔らかさをもってヴァイオリンを歌わせる。
真に心からの「音楽への愛」なのだ。


ウィーンフィルの美音、そして絶妙のアンサンブルもこの演奏にさらなる彩りを添えている。
posted by 小澤和也 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛聴盤

2010年10月10日

ガガガガーーッ!のその後

昨日の「ガガ、ガガガ、ガガガガーーッ!」
やはりCDプレーヤが発生源だった。
もちろん原因は不明…

当分はDVDコンパチブルプレーヤで凌ぐことにする。
音の厚みがやはり物足りないが、仕方ない。
posted by 小澤和也 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月09日

ガガガガーーッ!

今日は朝から雨模様。
こんな日は家で過ごす。
もっとも、することはいつもと大して変わらない…

最近ちょっとハマっている茂木健一郎さんの本を読んだり、
久しぶりにジョスカンのAve Mariaをボーッと聴いたり、
Peter Benoitの伝記を辞書首っ引きで解読したり(これはライフワーク)。

たいていはBGMとして、仕事中でもCDをかけているのだが…
ジョスカンの続きを聴いているときにそれは起こった。

 「ガガ、ガガガ、ガガガガーーッ!」

スピーカーの右chから突然出てきた激しいノイズ!
ディスクを変えても再現する…
うーむ、困ったぞ。

我が家のアンプはかれこれ20年選手だ。
これまでに2回、メーカー修理に出して大事に使ってきている。
(決して安くはないので…)
CDプレーヤは、同じ頃に購入したものが昨年とうとうダメになり、良質の中古品に買い替えたばかり。

どちらの問題だろう。
怖くてまだ突き止めていない…
いったんクールダウンさせて、明日チェックしよう。
posted by 小澤和也 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月08日

新・ベルギー人って…!

20101008_1407126.jpg
ずっと探していたブノワのCDを、現地のネットオークションで見つけた。
ところが…
国外への販売に柔軟に対応してくれない様子。
支払方法が「国際送金」しかなく、高額な手数料を取られるらしいのだ。

ダメモトで、ベルギーの切手マニア、Mariekeに相談する。
「私の代わりにこれを購入して、日本へ送ってくださいませんか」
あっさりとOKのお返事をいただいた。
迷惑でなかったかを尋ねると、
「私は年長者だから、嫌なら"No"と言えるの…そうしたいと思うからするのよ」と。
メールの最後にはこう書かれていた。
「これから一生、私に切手を送ってね…;-)」

そして昨日…CDが届いた!!
ルーベンスカンタータ、昨年7月にスホーテン(Schoten)で行われた演奏会のライヴ録音である。
(昨年はブノワ生誕175周年)
さっそく聴いてみた。(感想は別記)


実は彼女、これより前にブノワの「歌集」を送ってくださっている。
フリーマーケットで見つけたのだそうだ。
いつ頃のものなのだろうか、紙は黄色く焼け、めくっているうちに折り目が裂けてきそうな古さである。
20101008_1407127.jpg
中味は、後の作曲家による「ブノワを讃える歌」が2曲と、ブノワの作品からピックアップした「名旋律集」といった感じ。
「フランデレン人の歌」「かちどきの声」など、愛国心に根差したタイトルばかりだ。
「我が母国語」ももちろん入っている。
ありがとう、Marieke!


さてと…
がんばって切手を集めよう。
posted by 小澤和也 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月06日

ブノワ(19):レクイエム[4]

[ディエス イレ つづき]

§第三部

Un poco allegro 4/2拍子
音楽は切れ目なく第一部分の再現へと向かう。
「呪われた者たちが口を塞がれ〜」
主要主題の前半(ミーレー|ファミ・・)が低弦に、後半(・ミレミ|ドーーー|シーーー)が小合唱に現れるとすぐに、全合唱および管弦楽で「最後の審判モティーフ」を激しく歌う。

Maestoso agitato ト短調 4/2拍子
第一部冒頭の速度、調性、拍子に戻り、改めて主要主題の再現が果たされる。「私は哀願し祈る〜」「涙あふれる日〜」
ffffの最強音で"Deus"(神よ)と2度絶叫すると、音楽は急激に勢いを弱め、コーダ(終結部)へと向かう。

Andantino ト短調 3/2拍子
「それゆえこの者を惜しみたまえ〜」
トランペットとティンパニが葬送のリズムを重々しく刻む。
大合唱男声が最弱音で「慈悲深いイエスよ」を呟く中、小合唱は「最後の審判モティーフ」を歌う。
そしてMaestoso、4/2拍子に転じ、レガートで奏される主要主題とともに全合唱が「アーメン」を唱え、この「ディエス イレ」の章を閉じる。


第三部、特に「涙あふれる日」以降が、個人的にはやや急ぎ足に感じてしまう(モーツァルトの "Lacrimosa"を知っているだけに…)のだが、そのぶん高い凝縮力を持った、確かな構成の楽章であると言えよう。

(つづく)
posted by 小澤和也 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽雑記帳