2010年10月08日

新・ベルギー人って…!

20101008_1407126.jpg
ずっと探していたブノワのCDを、現地のネットオークションで見つけた。
ところが…
国外への販売に柔軟に対応してくれない様子。
支払方法が「国際送金」しかなく、高額な手数料を取られるらしいのだ。

ダメモトで、ベルギーの切手マニア、Mariekeに相談する。
「私の代わりにこれを購入して、日本へ送ってくださいませんか」
あっさりとOKのお返事をいただいた。
迷惑でなかったかを尋ねると、
「私は年長者だから、嫌なら"No"と言えるの…そうしたいと思うからするのよ」と。
メールの最後にはこう書かれていた。
「これから一生、私に切手を送ってね…;-)」

そして昨日…CDが届いた!!
ルーベンスカンタータ、昨年7月にスホーテン(Schoten)で行われた演奏会のライヴ録音である。
(昨年はブノワ生誕175周年)
さっそく聴いてみた。(感想は別記)


実は彼女、これより前にブノワの「歌集」を送ってくださっている。
フリーマーケットで見つけたのだそうだ。
いつ頃のものなのだろうか、紙は黄色く焼け、めくっているうちに折り目が裂けてきそうな古さである。
20101008_1407127.jpg
中味は、後の作曲家による「ブノワを讃える歌」が2曲と、ブノワの作品からピックアップした「名旋律集」といった感じ。
「フランデレン人の歌」「かちどきの声」など、愛国心に根差したタイトルばかりだ。
「我が母国語」ももちろん入っている。
ありがとう、Marieke!


さてと…
がんばって切手を集めよう。
posted by 小澤和也 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記