2010年11月29日

演奏会のごあんない

近く開催される演奏会のごあんないです。


§カリーノ・スケルツォ交響楽団 ニューイヤーコンサート
 日時…2011年1月10日(月祝) 午後1時30分開演
 会場…川崎市教育文化会館 入場無料
 曲目…ブラームス/交響曲第2番ニ長調
    リスト/ピアノ協奏曲第1番変ホ長調 他
 出演…山崎麻衣(ピアノ)、小澤和也(指揮)

♪音楽をこよなく愛する若者達による新しいオーケストラです。


§三菱電機ソシオテック・ウィンドオーケストラ 第18回定期演奏会
 日時…2011年1月23日(日) 午後開演
 会場…鎌倉芸術館大ホール 入場無料
 曲目…天野正道/「GR」シンフォニック・セレクション
    山下康介/エピソード・ファイブ         他
 出演…小澤和也、五十嵐史生(指揮)


§合唱団あしべ 第8回演奏会
 日時…2011年5月15日(日) 午後開演
 会場…江戸川区総合文化センター小ホール
 曲目…新実徳英/「花に寄せて」より、ドイツ名歌曲集 他
 出演…坂野早苗(ソプラノ)、浅野正美(ピアノ)、小澤和也(指揮)


皆さま、ぜひお運びください。
posted by 小澤和也 at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏会情報

2010年11月28日

大人的衝動買い

20101128_1492811.jpg
地元の駅改札前にある小さなブースで発見。
並んでいるロールケーキの中で、ひときわ大きな一品。
その名もグランフルーツロール。
(500円玉の大きさに注目)

普段はめったに自宅用?にスイーツなど買わないのだが、
今回は妙に惹かれてしまった。
他のケーキは切り分けて売っているのだが、これだけがなぜか…
少し迷って…結局ゲット。

予想通りの美味。
数日かかって完食した。
大人買いというか…大人食いというか。
中国茶(プーアル茶)との相性が不思議と抜群!
posted by 小澤和也 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月26日

初顔合わせ

来年1月にご一緒するピアニスト、山崎麻衣さんとの顔合わせへ。
カリーノ・スケルツォのコンミスNさんと一緒に池袋で待ち合わせる。
聞けば、二人は中学時代からの友人なのだとか…

再来週のプローベに先立って、山崎さんのピアノを聴きながらいくつかの確認事項について打ち合わせる。
彼女の重厚でカッチリとした音色…
リスト・フランツの華麗なピアニズムとよくマッチして魅力的だ。


 カリーノ・スケルツォ交響楽団
 ニューイヤーコンサート
  2011年1月10日(祝) 13時30分開演
  川崎市教育文化会館
   ブラームス/交響曲第2番ニ長調作品73
   リスト/ピアノ協奏曲第1番変ホ長調 他
    ピアノ:山崎麻衣
    指 揮:小澤和也 

みなさま、どうぞお運びください。
posted by 小澤和也 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月24日

ペルゴレージのシンポジウム

20101124_1486102.jpg
火曜日、北とぴあへ。
シンポジウム「ペルゴレージとは誰だったのか」
を聴講する。
「北とぴあ国際音楽祭2010」のイベントの一環だ。
(今年生誕300周年を迎えたイタリアの作曲家ペルゴレージが音楽祭のテーマだったのだそうだ)


王子駅で降りると、飛鳥山がすぐ目に入る。
しばらくホームから眺めていると…
何やら変わった形の小さな乗り物?が降りてきた。
20101124_1486101.jpg
飛鳥山公園モノレール。
近隣住民の足として利用されている。
この車両、「アスカルゴ」という愛称なのだそうだ…
(ちなみに画像右脇の道路には都電荒川線が走っている)


さて、シンポジウムである。
パネリストは全部で4人。
司会の金澤氏、実質的な進行役&通訳の山田氏、そしてペルゴレージ研究者のマイオーネ、コッティチェッリの両氏。

26歳の若さで夭折した天才作曲家ペルゴレージ。
遺された作品は30曲ほどだが、没後に伝説化&神格化され、彼の作品と銘打たれた(いわゆる偽作)作品は300曲余りにのぼるそうである。
〜なぜそうなったか?〜
これがこの日のテーマであった(ようだ)。

イタリアにおける研究機関であるペルゴレージ・スポンティーニ財団の最新の活動についての説明や、「妹に恋した兄」の登場人物を例に挙げて当時の喜劇のスタイルを解説するなど、なかなか興味深い内容であった。
が、内容が余りに枝葉末節にわたり、中弛みの感は否めず。
結局、総括も不十分なまま時間切れとなってしまった。
ちょっと残念…


傑作「スターバト・マーテル」はもちろん、オペラブッファの先駆けとなった軽妙洒脱な劇作品も、いずれ手掛けてみたいものだ。
posted by 小澤和也 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月22日

専フィルとのブラームス

20101122_1482193.jpg
専修大学フィルの稽古へ。
僕の今期ラスト合奏はブラームスの第1交響曲だ。
各楽章、細部にわたって音色やニュアンスを確認し、創っていく。
充実した3時間半であった。

作曲家の意図と奏者の想いが一致したとき、真に美しい表現が生まれる。
ブラームスのスコアリングは実に緻密だ。
何度となく手掛け、勉強した曲ではあるが、それでも指揮するたびに新しい発見がある。


練習終了後は、駅前の居酒屋で大懇親会。
普段あまり話す機会のない団員とも、いろいろお喋りすることができた。
再来週の演奏会が最後となる4年生のみんなから記念品を戴く。

ワインの栓抜き、ボトルに付ける注ぎ口&真空栓のセット。
クールで機能的な北欧デザインが僕好みだ。
みんな、ありがとう!
posted by 小澤和也 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記