2011年03月31日

素晴らしき哉、御役所根性

5月に演奏会を予定している、都内の合唱団団長さんから連絡が入った。
週一回の稽古場として利用している某区営の施設から、
『予約してあった4〜5月の音楽室の使用を断られた』
とのこと。
(とうとう来たか…)
内心、そう思った。


「理由はなんと?」
一応、団長さんに尋ねてみた。

 『節電のため』
 『こんなご時世だから…』
 『他の利用者も断ったから…』

嗚呼、なんと分かりやすい物言い!
素晴らしき哉、この御役所根性!
「闇雲に自粛を強制する」ことが「被災者、被災地を思う」ことであると、彼らは本気で思っているのか!


ちなみにこの区、毎年5月に行っている地域のイベント(パレード行進、各種サークル発表、出店など)についても早々に開催中止を決定したそうだ。
でも…
取りやめにするよりも、その会場でバザーや募金や献血をやって盛り上がるほうが、よほど「みんながひとつになれる」のではないのか。


自治体のこういった「負のアクション」が今後蔓延してゆくのかと思うと…
どうにもやりきれない。
posted by 小澤和也 at 00:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月29日

還ってきた響き

今日、僕の脳内で鳴っていた音楽…ベートーヴェン。
僕にとって常に「原点」となる作曲家である。


3・11以来、しばらく遠ざかっていたあの力強い響き。
(否、僕の疲れた心が遠ざけていたのだろう…)
それが、少しずつ僕の中に還ってきた。


久しぶりにハ短調交響曲のスコアを開く。
第一楽章、アレグロ・コン・ブリオ。
ベートーヴェンが全身全霊を傾けて刻み込んだ音符たちと改めて向き合う。


作曲家との、時を超えた対話。
孤独だが、このうえなく幸せなひととき。
posted by 小澤和也 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月26日

音楽ができるよろこび

昨日、合唱団あしべの稽古へ。
仕事のキャンセルが続く中、僕にとって久しぶりの「現場」であった。
朝の交通事情が読み切れないので早めに家を出る。

言葉にならない、あふれる気持ちを抑えつつ稽古場へ。
団員の皆さんはとても落ち着いていらして、実に「ふだん通り」の歌声を聴くことができた。
「私たちはこんなに歌が好き!」と、周りに呼び掛けているかのように…

今回ばかりは、あしべの皆さんの明るい表情に大いに救われた気がする。

音楽ができる喜び。
音楽を通して繋がれる喜び。
 
〜よし、次は音楽を「伝える喜び」をみんなで分かち合おう!
posted by 小澤和也 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月25日

祈りの音楽 〜モーツァルト〜

ピアノ協奏曲変ロ長調第27番 K.595〜第2楽章


モーツァルトの死の年、1791年の作曲。
この静けさ、軽やかさ、そして響きの透明感は一体なんだろう…
それゆえにかえって、聴く者の心に痛いほどに迫ってくる。
例えは甚だ良くないが「半ば彼岸に到達してしまっているような」音楽である。

 「〜もはやどんな野心や譲歩も入り込む余地はない。
  モーツァルトは誰に聴かせるともなく、ひたすらに
  純粋な諧音を響かせる」
  (田辺秀樹氏の著作より)

第2楽章…ラルゲット 変ホ長調 2/2拍子
最晩年のモーツァルトにとって、この「変ホ長調」というのは正に特別な調性だったのではないか。
弦楽五重奏曲 K.614、歌曲「春への憧れ」 K.596、そしてフリーメイソンの聖数"3"が散りばめられた「魔笛」も変ホ長調を軸として書かれている。
(言うまでもなく、変ホ長調=♭3つである)

楽章冒頭、ピアノ独奏で、続いてオーケストラによって奏でられる主題。
すでに「天上の音楽」である。
さらに僕の心を震わすのが、33小節目(2分と少し進んだあたり)からのヴァイオリンのかすかなため息、そしてfでの啜り泣き。
ああ、まだモーツァルトは「こちら側」にいるのだ…
ギュッと胸を締め付けられる瞬間である。

中間部は天衣無縫、融通無碍の自由な世界。
変ロ長調→変ト長調→変ホ短調と、あたかも羽が生えたように飛びうつり、ほどなく主部へと回帰する。
ピアノの右手とフルート、ヴァイオリンで奏でられる再現主題のブレンドされた響きは、目に涙をいっぱいためながらも微笑んでいるモーツァルトの歌声のようだ。

カザドシュ独奏の盤でよく聴いている。
posted by 小澤和也 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月21日

第五の山

数年前に読んだこの本のことを、ふっと思い出した。
著者はブラジルの作家、パウロ・コエーリョさん。
(敬虔なカトリックであられるとのこと)


あらすじについて、巻末の「訳者あとがき」から自由に引用させていただく。
 『〜題材は旧約聖書の列王紀上に出てくる預言者エリヤです。
  この小説はエリヤが故国イスラエルを追われ、隣国レバノン
  の小都市ザレパテで亡命生活を送っていた間の出来事として
  描かれています。(中略)その三年間に彼がどのように生き、
  何を学び取っていったかを作家の想像力をふくらませて書い
  ています〜』


エリヤが身を寄せていたザレパテは、アッシリア軍によって攻撃され廃墟と化す。
町の有力者や生き残った男達は町から逃げ去った。
エリヤは、残った女達、老人達、そして子供達とともに動き出す。
廃墟を片付け、食料を集める。
文字の書き方を教え、灰を畑にまく。
そして残った住民一人ひとりに新しい名前をつけ、役割を与える。
〜そう、これは再建の物語でもあるのだ。


心に強くひびく言葉が、この中にいくつも記されている。
「避けられないことを止めることはできない」
「以前と同じ強さをと力を自分は持っている、ということに気付くこと」
「不満足な過去があるならば、それはすぐに忘れなさい」
「子供は常に、三つのことを大人に教えることができる…理由なしに幸せでいること。何かでいつも忙しいこと、自分の望むことを全力で要求する方法を知っていること」


この本は、僕が苦しいときにいつも支えになってくれた。


 「第五の山」
  パウロ・コエーリョ著
  山川紘矢、山川亜希子訳
  角川文庫
posted by 小澤和也 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記