2011年04月28日

最近、何かと…

光陵(出身高校) "づいて" いる。

取っ掛かりは…
数日前に届いた光陵会(OB会)の会報である。
普段ならばざっと目を通しておしまいなのだが、今回は無性に懐かしく感じた。
特に惹かれたのが「青春かながわ校歌祭」の参加募集案内だ。
学校ごとにOB&OGが結集、校歌や応援歌などの競演が繰り広げられるイベントとのこと。(光陵は毎年参加)
さっそく会の事務局に問い合わせのメールをすると、すぐにお返事を戴けた。
同時にSNSへのお誘いを受け、登録。
校歌祭をきっかけとして、多くの同窓の方々とお会いできそう…
楽しみだ。


これもやはり数日前…
上大岡トメさん(「キッパリ!」の著者)がTVに出演しているのを偶然見かける。
最近知ったのだが、彼女は吹奏楽部の1期上の先輩である。
お顔もスタイルも、当時とほとんど変わっていなかった。
そして昨日、これまた偶然に上大岡さんのtwitter IDを発見!
さっそくつぶやくと…僕のことも覚えていてくださったようだ。
嬉しい再会。


そして…
悲しい出来事もひとつ。
部活の後輩T君の訃報が届いた。
若い…余りに若すぎる…
ご本人はもちろん、親御さん、ご家族もさぞ無念であろう。
ご冥福を心より祈る。


今年は僕も校歌を歌いに行こうか…
posted by 小澤和也 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月25日

ホルツと再会

快晴の日曜、久しぶりのホルツ・ブラス・カペーレ稽古へ。
うれしかった。
このメンバーと音楽するのはやっぱり楽しい。


皆さんとしばらく会わないうちに、素敵な話題が山ほど!
中でもいちばん驚いたのが…
横笛パートのお二人、H君と旧姓Nさんのご結婚!
(お似合いなんじゃないかな?)と以前から勝手に想像していたのだけれど、果たしてその通りだった。
縦笛(1枚リード)のSさんも近々ゴールインとのこと。


S字型金属笛のSさん、伸縮式金管楽器のIさんはそれぞれご出産。
Iさんのところは、なんと3月11日だったのだそうだ。
ご主人のIさん(角笛)から記念品を戴く。
20110425_2199045.jpg
顔写真入り「チロルチョコ」。
早くも子煩悩ぶりを発揮…


皆さん、おめでとうございます。
練習もがんばろう!
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月21日

Benoit? Ho...! Benoit!

20110421_2191481.jpg
「ブノワ?…ああ!ブノワね!」

このCDのサブタイトルだ。
敢えて訳せばこんな感じだろうか。


ずっと探していて、ようやく手に入れた。
ライナーノートを見ると…ああ、やっぱり!
ブノワ研究の第一人者、Jan Dewilde さんの手によるものだった。
ちょっとうれしい。


解説には−
ここに収められているのは、ペーテル・ブノワのよく知られた、あるいは無名の作品(声楽曲、ピアノ曲、そして室内楽)である…
ブノワは、大規模なオラトリオやカンタータ作品で有名であるが、ここに聴かれるように "細密画家" でもあったのだ…
とある。


実際、大半が初めて聴く小曲ばかりだった。
珍しそうなものとしては…
(ブノワの曲はそもそもどれも珍しいのだが、それは置いといて)

・「音楽的思考〜単純な思考」(Cl&Pf)
  題名はなんとも大仰だが、たった32小節、学生時代の作
・「不安」(Pf)
  フィアンセに捧げたメンデルスゾーン風の「無言歌集」の中の曲。
・「紡ぎ歌」(Sop&Pf)
  1幕のジングシュピール"Isa" からのアリア。
  オノマトペア(擬音語)が面白い。
  イントロが日本の演歌調でびっくり!
・「幸あれ!」(Msop,Vn,Vla,Vc&Hrp)
  いわゆるウェディングソング。(なのに暗い曲!)
  1898年、ブノワ最晩年の作品。


それにしても、このアルバムタイトル…
3年前に来日したデウィルデさんの言葉を思い出した。
「(フランデレンで)ブノワは有名だけど、彼の音楽が有名なわけではないんだ」
ライナーノートもフラマン(オランダ)語と英語の2ヶ国語表記だ。
(ベルギーでは必ずと言ってよいほどフランス語が併記されるのに…)
このCD、ホントに
「フランデレン地域限定品」なのかもしれない。
posted by 小澤和也 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月19日

演奏会のごあんない

20110419_2189017.jpg
近く開催される演奏会のごあんないです。


§合唱団あしべ 第8回演奏会
 日時…2011年5月15日(日) 午後2時開演
 会場…江戸川区総合文化センター小ホール
 曲目…新実徳英/「花に寄せて」より、ドイツ歌曲集 他
 出演…坂野早苗(ソプラノ)、浅野正美(ピアノ)、小澤和也(指揮)


§ホルツ・ブラス・カペーレ 第37回定期演奏会
 日時…2011年6月19日(日) 午後開演
 会場…横浜市磯子公会堂
 曲目…バーンスタイン/キャンディード序曲、ホルスト/第1組曲、他
 出演…小澤和也(指揮)


§東京農工大学グリークラブ 第31回演奏会
 日時…2011年6月26日(日) 午後3時開演
 会場…武蔵野市民文化会館小ホール
 曲目…松下耕/そのひとがうたうとき、信長貴富編/ノスタルジア 他
 出演…小澤和也(指揮)、宮代佐和子(ピアノ)


皆さま、ぜひお運びください。
posted by 小澤和也 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会情報

2011年04月17日

ブノワ(28):歌曲「デンデル川の歌」

先日入手したLPレコードに収められている歌曲である。
詳細は不明だが、おそらく1865〜70年頃(ブノワ30歳代前半)の作品だ。
この頃のブノワは、同じ年生まれの自由主義思想の詩人、エマヌエル・ヒールから影響を受け、彼の多くの詩に曲を付けた。
また、オラトリオ「リュシフェール」「スヘルデ川」など多くの作品で彼から台本の提供を受けている。


曲はハ長調、8分の6拍子。
テキストはもちろんフラマン語である。
さらさらと流れゆく川のイメージそのままの音楽だが、ところどころ立ち止まって考え、思い、悩む。
詩と曲想との対応がごく自然で美しい。
(ただ、最後はなぜか明るく終わってしまう…失恋の歌なのに…)
ちなみにこのデンデルは、ベルギー西部を流れる65kmほどの小さな川で、スヘルデ川の支流にあたる。


例によって、大いに想像力をふくらませ、訳してみた。

 〜デンデル川の歌〜

 谷間を抜けて楽しげに
 夏には音も立てずに進む
 清らかなデンデルの流れ
  野原や牧場に沿って波打ち
  花に口づけし岩をかすめる
  清らかなデンデルの流れ

 土手にはヨシが揺れ
 悲しげな歌をひそやかに口ずさむ
 冬、この川辺で
  鳥たちはすでに飛び去り
  不気味な叫びとともに凍りつく
  清らかなデンデルの流れ 

 夢見つつ 岸辺をさまよう
 かつて私は恋するひとの手をとった
 この清らかな川辺で
  夏は私のもとから去ってしまった!
  そして冬…私はひとり歌う
  この清らかな川辺で

 ("DENDERLIEDEKE" Tekst:Emmanuel Hiel)
posted by 小澤和也 at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽雑記帳