2011年04月08日

20年ぶり

20110408_2169502.jpg
木曜日、映画を観る前に献血をした。

初めて入った献血ルーム。
(前回は献血車だった)
思っていたよりも小ぎれいで寛げる空間でビックリ!
受付→問診→検査と厳重なチェックを受けて、ようやく献血台?へ。
400mlだったのだが、10分足らずで終了。

「スポーツドリンクやお茶を飲んで、充分休んでいってください」
そう言われ、休憩スペースでのんびり。
ヤクルトかキャンディーでも貰えるのかな、と思っていたら…

この日の戦利品…↑↑↑
チョコレート、石川遼クンのクリアファイル、絆創膏セット、
そしてなぜか歯磨き粉。

少しでも何かの役に立てれば…
そんな気持ちで。
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ルートヴィヒ

20110408_2168215.jpg
昨日は久しぶりに映画鑑賞。
新宿・紀伊國屋ホールへ。
ヴィスコンティの「ルートヴィヒ」だ。


少年時代にローエングリンを聴いて以来、ヴァーグナーの魅力に取りつかれたバイエルン王ルートヴィヒ二世の、狂気と没落の物語である。
彼はヴァーグナーにさんざんイレ込んだあげく、国費を逼迫させる。
その後も、ノイシュヴァンシュタインをはじめとする城の建設に熱中し、国政への熱意は失せてゆくばかり。
彼の精神は次第に蝕まれ、やがて王位を追われてしまう。
最期は…湖で非業の詩を遂げるのだ。


4時間の大作、しかも平日午後の開映なので無理もないのだろうが、お客の入りはなんと20人弱!
おかげでゆっくり観ることができた。
映画の途中で休憩が入るのは初めての体験。
(昔観た「敦煌」や「ラストエンペラー」も長かったが…)


内容が内容だけに、終わったあとは何やら重ーい気分。
(そうなることは分かっていたけれど…)
ローエングリンやトリスタン、タンホイザーのメロディが耳に残って仕方がない。
たまには、こういう映画もいいものだ。
「ヴェニスに死す」も、また観たくなった。


  紀伊國屋ホールでは「がんばれ東日本 チャリティー企画」
  と題して、名画の上映会をやっている(10日まで)。
  料金はなんと1000円!
  収益は全額寄付に充てられるとのことだ。
posted by 小澤和也 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記