2011年04月12日

祈り

鎌倉へ。
「東日本大震災 追善供養・復興祈願祭」に参加した。
会場は鶴岡八幡宮。
神道・仏教・キリスト教の聖職者が一同に会し、それぞれの言葉で祈りを捧げるというものだ。
若宮大路の段葛は桜のアーチ。
20110412_2175397.jpg

開式直前の舞殿。
やがてここに神官とともに僧侶・神父の皆さんが入場する…
ちょっと不思議で新鮮な光景。
20110412_2175398.jpg
20110412_2175399.jpg

穏やかな神道の祈り、数十名の僧侶による力強い読経。
そして…神父によるグレゴリア聖歌の独唱が続いた。
"Requiem aeternam" (主よ、永遠の安息を与えたまえ)が、八幡宮の境内に静かに響く。
二人の女性による清楚な舞も奉納された。
20110412_2175400.jpg

式の終わり近く、僧侶と神父がそれぞれ、二礼二拍手とともに玉串を神前に捧げる。
信仰の対象は違えども、それをとうに超えたところでの深い祈り…
思わず熱いものがこみあげてきた。

復興のための本当の試練はこれからだと思う。
それでも、僕自身がこれによってひとつの「節目」を感ずることができた。
この日の出会いに感謝。
posted by 小澤和也 at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記