2011年04月17日

ブノワ(28):歌曲「デンデル川の歌」

先日入手したLPレコードに収められている歌曲である。
詳細は不明だが、おそらく1865〜70年頃(ブノワ30歳代前半)の作品だ。
この頃のブノワは、同じ年生まれの自由主義思想の詩人、エマヌエル・ヒールから影響を受け、彼の多くの詩に曲を付けた。
また、オラトリオ「リュシフェール」「スヘルデ川」など多くの作品で彼から台本の提供を受けている。


曲はハ長調、8分の6拍子。
テキストはもちろんフラマン語である。
さらさらと流れゆく川のイメージそのままの音楽だが、ところどころ立ち止まって考え、思い、悩む。
詩と曲想との対応がごく自然で美しい。
(ただ、最後はなぜか明るく終わってしまう…失恋の歌なのに…)
ちなみにこのデンデルは、ベルギー西部を流れる65kmほどの小さな川で、スヘルデ川の支流にあたる。


例によって、大いに想像力をふくらませ、訳してみた。

 〜デンデル川の歌〜

 谷間を抜けて楽しげに
 夏には音も立てずに進む
 清らかなデンデルの流れ
  野原や牧場に沿って波打ち
  花に口づけし岩をかすめる
  清らかなデンデルの流れ

 土手にはヨシが揺れ
 悲しげな歌をひそやかに口ずさむ
 冬、この川辺で
  鳥たちはすでに飛び去り
  不気味な叫びとともに凍りつく
  清らかなデンデルの流れ 

 夢見つつ 岸辺をさまよう
 かつて私は恋するひとの手をとった
 この清らかな川辺で
  夏は私のもとから去ってしまった!
  そして冬…私はひとり歌う
  この清らかな川辺で

 ("DENDERLIEDEKE" Tekst:Emmanuel Hiel)
posted by 小澤和也 at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽雑記帳