2011年05月30日

ホルツ合宿

20110530_2298548.jpg
先週末、ホルツブラスカペーレ合宿@岩井海岸へ。
演奏会まで残り1ヶ月を切り、いよいよ本気の強化合奏だ。


金曜夜、十数人のメンバーとともに民宿へ先乗りする。
待っていたのは…
ウェルカムドリンクならぬ「ウェルカムお造り」。
20110530_2298547.jpg
大謙館さんからの美味しいプレゼントで、音出し前からプチ宴会モードに。


土曜日は朝から約30人が揃い、終日、延べ10時間の合奏&個人練!
キャンディード、ホルスト、そしてサンバメドレー…
とっても欲張りな今回のプログラムをグイグイとさらい込んだ。
20110530_2298546.jpg
20110530_2298545.jpg
そして夜は恒例の宴会。
最近結婚したばかりの団内カップル、H君とMさんを賛美歌とケーキで祝福。
(右端は作務衣神父のK氏)
20110530_2298549.jpg

お風呂上がりのS嬢&H嬢は、クラリネットの若きホープ。
それにしても…何だこのTシャツは?!
20110530_2298544.jpg

最終日は全曲通し稽古。
課題も明確になり、大きな成果のあった2+1日であった。
ホルツの皆さん、お疲れさまでした。
佳い演奏会にしましょう!
posted by 小澤和也 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月26日

漢字検定

20110526_2288938.jpg
昔から読み書きは好きである。
クイズ番組などの難読漢字の問題にも燃えるタイプだ。

知人が受検すると聞いて、僕も決心。
ひとまず、2級に挑戦することにした。
問題集もさっそく取り寄せる。

 「漢字にも強い音楽家」を目指すぞ!
posted by 小澤和也 at 23:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月23日

我が青春の権太坂

21日の土曜日、久々に母校を訪れた。
吹奏楽部の指導をしていた頃以来だから…およそ10年ぶりということか。


保土ヶ谷からバスに乗って「権太坂」で下車。
小学校の脇を通って高校へと向かう坂が心なしかキツく感じた。
これを登り切ると、在学当時にお世話になった「富士見屋」。
店じまいしてだいぶ経つはずだが…建屋はそのまま。
20110523_2280111.jpg
部活動の帰り…
ここで幾度、ジュースやアイスを買ったことだろう。


校門も、道路から見下ろすグラウンドも昔のまま。
20110523_2280112.jpg
20110523_2280113.jpg

この日は、光陵会(OB会)の総会…僕は初めての参加。
少し早く着いたので、敷地内を少し見て歩く。
中庭に日時計が置かれていた。
「35期卒業生寄贈」とある。
(ところで、この春の卒業生は何期生だろう?)などと考えてしまった。
20110523_2280114.jpg

職員玄関から校舎に入る。
相変わらずセキュリティチェックは緩やかだ…
これが光陵のイイ所だと、僕は勝手に思っている。
3階渡り廊下では、吹奏楽部のトロンボーンがパート練習中。
思わず声をかけたくなってしまった。


総会の会場は(第一)視聴覚室。
わが吹奏楽部の合奏部屋でもある。
20110523_2280115.jpg

ここも昔とほとんど変わらない…
と思ったら、何とエアコンが設置されているではないか!
当時は真夏でも、近隣への音モレに配慮して窓+暗幕まで閉め切って、ダラダラと汗をかきながら練習していたものだったが。


…などと、ノスタルジックな気分満載の午後であった。
総会では、同期のAさんと久しぶりに再会、また多くの先輩方とお話しすることができた。
そのことは追って書こうと思う。
posted by 小澤和也 at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月19日

難曲

今日も農工大へ…男声の稽古。
松下耕「そのひとがうたうとき」〜『あい』を聴く。

これは難しい曲だ…
無伴奏であることに加え、複雑に動く調牲感が曲の把握を難しくしている。
ただ音を並べただけでは音楽にならない。
各パート、いや、各自に絶対音感に近い和声感覚が、
そして他のパートを聴き続ける力が求められる。

今回、どこまで迫れるか。
posted by 小澤和也 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月16日

あしべの晴れ舞台

110515ashibe1.jpg
5月15日、快晴の日曜日。
合唱団あしべ、文字通りの「晴れ舞台」だ。
前回の演奏会から4年ぶり…
少しずつ、少しずつ準備を重ねてきた。


オープニングには「あなたとわたしと花たちと」を歌う、
と決まっている。
『五月の花が咲いたら 旅に出かけましょう…』
あしべの創団は32年前の5月。
…そう、5月は「あしべの季節」なのだ。


第1ステージはドイツ歌曲集。
美しい訳詩とともに日本で古くから親しまれている名旋律の数々。
五月の歌、ローレライ、野ばら(シューベルト)、歌の翼に、流浪の民(全5曲)。
どの曲もよく歌い込んだだけあって、満足のいく出来栄えだった。


§第2ステージはオリジナル合唱曲。
「花に寄せて」(新実徳英)を取り上げる。
これはあしべにとって、まさに「チャレンジ曲」だった。
難しかったけれど、皆さん必死についてきてくださった。
今回は…
たんぽぽ、てっせん・どくだみ、ねこじゃらし、ばら・きく・なずな
以上の4曲を抜粋。
いずれまた歌う機会があるといいな。


後半はまず…
あしべのヴォイストレーナー、ソプラノの坂野早苗さんの独唱で華々しく幕開け。
曲はヨハン・シュトラウス「春の声」(ピアノ:八木智子さん)。
会場の空気が一瞬にして華やぐ。


第3ステージ…あしべ愛唱曲集。
はじめに歌ったのが、組歌「四季」(瀧廉太郎作曲)。
花、納涼、月、雪の全4曲。
「花」以外はほとんど無名だが、どれも名曲だと思う。
今回の演奏会でこれを全曲披露できたのは、僕にとっても大きな収穫であった。
プログラムの取りは、やはり沖縄の歌だ。
あしべ創団以来、長年にわたってその発展にご尽力された大濱當忠先生(2008年ご逝去)がこよなく愛し、あしべにとっても特別な存在である沖縄の歌。
てぃんさぐの花、芭蕉布、島唄の3曲を心を込めて歌う。
会場のお客様からも、一番の暖かい拍手をいただいた。
アンコールに「納涼」、
そしてお客様と一緒に「故郷」を斉唱して、演奏会はめでたくお開き。


あしべの皆さん、おめでとうございます。
これからも、楽しく歌っていきましょうね!
posted by 小澤和也 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記