2011年06月29日

無事終演

20110629_2362907.jpg

東京農工大学グリークラブ第31回演奏会、終演。
(26日、武蔵野市民文化会館小ホール)
最後の一週間の追い込みと仕上がり具合は著しく、お客様に喜んでいただけるステージもあった。
ただし個人的には「本番へのプロセス」を重視しているので、残念ながらその意味では大満足の出来映えとはならなかった。

技術的な課題、運営上の問題点、メンバー個々への要望。
昨日の反省会で、敢えて学生諸君には辛口のコメントを伝えた。
彼らの心に響いてくれただろうか。
期待したい。

 お手伝いくださったOBの皆さん、
 女子美術大学音楽部の皆さん、
 そしてご来場くださいました皆さんに厚く御礼申し上げます。
posted by 小澤和也 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月26日

女声合唱の愉しみ

津田ゼンガーフェストの演奏会を聴く。
(25日、津田ホール)

邦人作品(編曲含む)3曲と、ラインベルガー、バルトークを組み合わせたセンスのあるプログラミングにまず惹かれる。
総勢20数名の女声合唱…
その透明な響きは、丁寧にトレーニングが重ねられた成果であろう。
同時に、指揮者(金川明裕さん)との深い信頼関係を感じさせた。

そして、ピアノの小介川淳子さんは歌にそっと寄り添うように、
また時には華麗に、素敵な音の粒をステージ上に振り撒いていた。
小介川さんとは、以前とある合唱団で何度となくご一緒させていただいているが、客席で演奏を拝聴したのは初めてだったかも…

 〜楽しい演奏会をありがとうございました〜
posted by 小澤和也 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月24日

思い抜く 歌い抜く 信じ抜く

一昨日に続き、農工グリーの強化練習。
男声ステージの2曲を中心に、正味4時間にわたって歌い込む。
演奏会を三日後に控え、
メンバー全員の気合いがようやくひとところに集結。
渾身の力のこもった歌声となった。

 ここまで来たのだ。
 あともう一歩…前へ進みたい。
posted by 小澤和也 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月23日

田添菜穂子さん

20110623_2350707.jpg
先日のホルツのコンサートに素敵な彩りを添えてくださったのが、
司会の田添菜穂子さん。
その優しくしっとりとしたお声が、会場をほどなく和やかな空気に包んでいく…
また、サンバメドレーでの楽器紹介では、アガリ気味の各プレイヤーにうまく絡んでくださった。

僕がいちばん感動したのは…
アンコール「上を向いて歩こう」紹介の時。
僕は袖に引っ込まずに舞台上にいたのだが、この時の田添さんの語りに落涙寸前であった。

  通常のコンサートでは、
  アンコール曲をアナウンスすることは滅多にない。
  しかし今回は、「この曲をいまここで演奏する」
  ということに大切な意味があったのだ。

この日のホルツ演奏会は「震災復興支援コンサート」と銘打って行われた。
また、楽譜出版社「ミュージック・エイト」は、この目的に適った形で演奏する団体に対し「上を向いて〜」の譜面を無償で提供したのである。

そして思い出した…
フリーになられる前の彼女が東北放送のアナウンサーでいらしたこと、
「あの日」以来、絵本の読み聞かせやコンサートのプロデュースなどで被災地を幾度となく訪れていらっしゃることを。
そんな田添さんの、真心のこもった曲紹介だったのだ。

  田添さん、ありがとうございました。
  またコンサートでご一緒できることを
  楽しみにしています。

「田添菜穂子の一期一会」http://blog.goo.ne.jp/tazoenahoko 
posted by 小澤和也 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月21日

ご来場御礼

ホルツブラスカペーレ第37回定期演奏会、
おかげさまで盛況のうちに終演しました。
半年ぶりのホルツとの共演ということで、気合いは充分。
メンバーの皆さんも、僕のこだわりに素晴らしい音で応えてくださいました。

音楽する喜びをステージ上で共有できた、至福のひととき。
ホルツの皆さんに、裏方スタッフの皆さんに、
そしてご来場くださったお客様に感謝いたします。
posted by 小澤和也 at 00:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記