2011年07月31日

お疲れさまでした

20110731_2427583.jpg
第10回江戸川平和コンサート、終演。
合唱団あしべも第一部のステージを無事務めた。

広島の小学生が作詞・作曲した『アオギリのうた』、いい曲だったな。
被爆したアオギリの樹の生命力、平和の象徴となったアオギリをテーマに、屈託のない明るさをもって歌い上げた作品。
今回、この曲を知ることができて良かったと、心から思う。

瀧廉太郎の『組歌・四季』は、5月の演奏会でも取り上げた曲だっただけに、余裕をもって歌えた。
今後、もっとさらい込んでいけば、さらに佳い歌になるような気がする。

反戦歌『一本の鉛筆』…
これも名曲だが、2ヶ月で仕上げるにはやはり難しかったか。
近い将来、もう一度手掛けてみたいな。

来週からは、さっそく新曲の譜読みに取り掛かる。
今年のあしべは…「休まない」!
posted by 小澤和也 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

工芸茶

戴き物のジャスミンティーを淹れた。
「花好月圓茶」
という中国工芸茶である。

茶葉は球状…
はじめはこんな形。
20110731_2425504.jpg

みるみる開いていき…
やがてお湯の中で、赤や黄色の花が咲いた!
(実物はもっと綺麗)
20110731_2425505.jpg

お茶もとっても美味、そしていい香り。
舌だけでなく、目で、鼻で楽しめる工芸茶。
「さすがは中国!」
こういった分野では素直に思えるのだが。
posted by 小澤和也 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月29日

平和コンサート

20110729_2423243.jpg
合唱団あしべのレッスンへ。
いよいよ明後日に迫った「平和コンサート」ゲスト出演のための最終稽古。

あしべの持ち歌である瀧廉太郎『組歌・四季』。
そして主催・親江会さんからのリクエスト曲、
広島・平和公園内の「被爆アオギリ」に思いを寄せた『アオギリのうた』、
美空ひばりが歌った反戦歌『一本の鉛筆』…
心を込めて歌い込む。


コンサートは二部構成。
あしべは第一部に出演、後半では中村里美さん(ヴォーカル)・伊藤茂利さん(ギター)による歌と朗読のステージが繰り広げられる。

皆さま、どうぞお運びください。


§第10回 江戸川平和コンサート
 日時:2011年7月31日(日)13時30分開演 入場無料
 会場:葛西区民館4階ホール
   (東京メトロ東西線・葛西駅下車 徒歩5分)
 主催:親江会(江戸川原爆被爆者の会)
posted by 小澤和也 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月26日

新車

20110726_2417415.jpg
自転車を新調した。
今回はクロスバイクではなく、いわゆる「街乗り」車。

スポーツ車ほどメンテナンスに気を遣わなくてよく、ママチャリよりもグングン走れるということらしい。
お店のお兄さんにあれこれ教えていただいた。
試乗もさせてもらって…これに決定。

朝、さっそく近所を一時間ほど走る。
陽射しはまだ柔らかく、顔に当たる風も気持ちいい。
夏の明け方のサイクリング…アリかも。

その前に…
まずは早起きを習慣づけないと。
posted by 小澤和也 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月24日

「健康チャレンジ」への道

今年の初めに「特定保健指導」なるものを受けた。
いわゆる "メタボ対策" のためのプログラムである。

期間は6ヶ月。
食事の量と内容、適度な運動、そして飲みもののカロリーオフ。
これらに気をつけながら体重・腹囲などを毎日記録する、
というものだ。

食事…
普段はご飯一膳までにし、揚げ物とラーメンは意識して避けてみた。
(まったく食べなかったわけではない)
運動…
寒い時期のスタートだったが、朝のウォーキングは意外と楽しかった。
(むしろ最近のほうがサボり気味)
飲み物…
これが大きかったのではないか。
仕事中によく飲んでいたスポーツドリンクを止め、とにかく「水」。
(アルコールは大して我慢しなかった!)

そして先日、26週間のチャレンジが終了。
結果は…
    体重:7.4kg減(目標は6kg)
    腹囲:5.5cm減(目標は6cm)

まずまずの結果である。
実際、身体が以前より軽く感じるし、デニムのウェストも1サイズ小さくなった。
合唱団の団員さんにも言われた。
「先生、痩せましたね!」「アハ…分かります?」
うむ…悪い気はしない。

あとは、これをどうキープするか、だな。
posted by 小澤和也 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記