2011年08月31日

ライヴ三昧

今日はコンサートをハシゴ。


まずは銀座へ。
「ツイ友」のフルートティスト、岩下智子さんを中心としたランチタイムコンサート。
(@銀座十字屋ハープ&フルートサロン)

バッハの無伴奏パルティータ、素晴らしかった。
フロアは広くなく、奏者をぐるりと囲むようにいっぱいのお客様。
僕も、およそ5mほどの至近距離(?)から拝聴する。
ややデッドな空間だった分、彼女の奏でる音色そのままを味わうことができた。
一本のフルートが描くポリフォニーの世界。
あるときはバッハの音楽と正面から対峙、
またあるときは、その音の軌跡にそっと寄り添うような…
そんな岩下さんのたたずまいが素敵だった。

プログラムの最後は、ヴァイオリンとハープが加わって、同じくバッハの二重協奏曲が演奏された。
オリジナルは2台のヴァイオリンのための作品だが、うち一つをフルートに置き換えることにより、かえって掛け合いの綾が浮き上がるような効果が生まれていたように思う。


夕刻、上野に移って、アカペラ合唱団「フォルトゥーナ」の演奏会を聴く。
(@東京文化会館小ホール)
フォルトゥーナは11名編成。
(SATB、順に3+3+2+3)
指揮は小濱明さん。

プログラム前半がとてもよかった。
曲はビクトリア(1548−1611)とミシュキニス(1954−)のモテット。
ビクトリア、僕の大好きな作曲家である。
対位法を駆使しつつも明快な旋律線とダイレクトな感情の起伏があり、まさしく「ルネサンス」と「バロック」を結ぶ線上に位置する巨匠である。
対するミシュニキス、僕は今日初めて彼の作品を聴いたのだが、それらは複雑な和声感の中に静謐さと神秘性を湛えていて美しい。
強力なベースを中心に安定したハーモニーを楽しんだ。


美しい音楽を「お腹いっぱい」聴いて、家路につく。
posted by 小澤和也 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月26日

新たなる飛躍へ

今日8月26日は、
N響名誉指揮者としてお馴染みのマエストロ、
サヴァリッシュさんの誕生日。
そして…不肖私の誕生日でもある。


特段変わったこともない、雨の金曜日。
ベートーヴェンなど聴きながら、ゆったりと過ごす。
ひとつの節目として、ここまでの歩みを振り返り、
これからの自分が進むべき道を思う。


佳い音楽をすること。
そのために…善く生きること。
改めて、この一年に飛躍を期す。


 今後とも、小澤和也と「音楽ノート」を
 よろしくお願いいたします。
posted by 小澤和也 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月25日

「霧と話した」

中田喜直の「霧と話した」。
合唱団あしべが、この秋の合唱祭に向けて取り組んでいる曲だ。
オリジナルは独唱歌曲である。
1960年の作曲であるから、既に半世紀を越えて歌われていることになる。


わたしの頬はぬれやすい
わたしの頬がさむいとき
あの日あなたがかいたのは
なんの文字だかしらないが
そこはいまでもいたむまま

そこはいまでもいたむまま
霧でぬれたちいさい頬
そこはすこしつめたいが
ふたりはいつも霧のなか
霧と一緒に恋をした

霧と一緒に恋をした
みえないあなたにだかれてた
だけどそれらがかわいたとき
あなたはあなたなんかじゃない
わたしはやっぱり泣きました

(作詩 鎌田忠良)


失われた恋への哀しい回想。
わたしの心に何かを残していったあなた。
「霧」とは、わたしの夢か…あるいは幻想だろうか。

三連からなる詩であるが、第一連の終わりと第二連のはじめ、
さらにその連の終わりと次の連のはじまりが同じである。
これにより、音楽により自然な流れが与えられているのだ。

その音楽は A−A'−B−A" の構成。
(最後の A"では第一連を繰り返す)

A& A'部の旋律はヘ短調。
きわめて滑らかに歌われるが、アルト声部やソプラノのオブリガートに時折現れる「増2度」音程がどことなく不安な雰囲気を醸している。

対するB部は変イ長調で始まるが、すぐに高まりを見せ、
「あなたはあなたなんかじゃない」の部分で激しい叫びとなる。

最後の A"部は主題の残像のごとく響く。
そして、救いなく消え入るように終わるのだ。

3分程度の短い曲だが、
美しい佇まいと限りない幻想性をもった佳品である。
あしべのあたたかい声で、優しく歌いあげたい。
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月23日

出会い、そして感動…(2)

20110823_2471548.jpg
(続き)
山枡信明さんのリサイタル、
後半のプログラムはまず、日本歌曲でスタート。
「箱根八里」が始まるとすぐに、客席の空気が一気に和んだ。
瀧廉太郎、山田耕筰、そして平井康三郎の作品から、
「荒城の月」「この道」「平城山」など、馴染み深い名曲の数々。

中でも山田耕筰の「野薔薇」に感動。
…何て美しい詩、そしてメロディ!

  野ばら 野ばら かしこき野ばら
  神の聖旨(みむね)を あやまたぬ
  曠野(あらの)の花に 知る教え
  かしこき野ばら

  (三木露風作詩、上記は歌の二番)

そして平井康三郎の「平城山」と「九十九里浜」、
この2曲はいずれも、北見志保子の短歌に曲が付けられている。
聴きながら、平井秀明氏(お孫さん)の曲を思い出していた。
彼のオペラ『かぐや姫』『小野小町千年の恋』では、平安朝期に詠まれた短歌がアリアのテキストになっているのだ。
(あれはお祖父様譲りのスタイルだったのだな…)


さて、この日手にしたパンフレット、
山枡さんのこだわりが随所に見られる。

冊子の内容はテキストとその対訳が中心である。
開演前のアナウンスでも
「パンフレットをご覧になりながらお楽しみください」との案内が。
そう、山枡さんは「言葉を伝えること」に意を尽くしていらっしゃるのだ。

そして…
さらなるこだわりが、印刷のレイアウトと紙質。
曲の途中でページをめくる必要がほとんど無いように組まれている。
加えて、めくっても音が出にくい厚手の紙なのだ。
聴衆へのこうした細かい気配りが有り難い。


最後はブラームスの歌曲。
まず歌われた「ジプシーの歌」は、オリジナルが混声合唱曲である。
実は…僕はこの作品を大学の合唱団で歌っているのだ。
懐かしい気持ちでいっぱいになりながら聴く。
そして、トリは「郷愁 2」と「永遠の愛」。
名歌の夕べを締めるに相応しい、確信に満ちた歌唱であった。


アンコールは「椰子の実」と「楽に寄す」。
日本を離れてドイツで活動されている山枡さんの心境、
そして、親愛なる音楽への尽きぬ感謝の思いが溢れる二曲であった。
最後まで、品格のある素晴らしい選曲に感動…


終演後のロビーで、山枡さんと対面した。
初めてなのに…
なぜかお互いにガッチリと握手。
今宵の感謝の気持ちを伝え、会場を後にした。

(了)
posted by 小澤和也 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月21日

街角にて

先日、通りすがりに見つけた建物。
これ、なんと読むのだろう?
 「ち」だと…うーむ、ちょっとイヤだなあ。
  ならば「じ」か…地ビールと読みたくなる!
20110821_2469253.jpg

昨日、とある駅前で発見したお店。
店構えと店名が、どうにもこうにもミスマッチ。
ネーミングの由来を確かめたかったが…
お腹いっぱいだったので断念。
20110821_2469252.jpg
posted by 小澤和也 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記