2011年11月29日

卒団生からの贈りもの

20111129_2652619.jpg
長年ご一緒している専修大学フィル。
先日も、チャイコフスキーとヴェルディの合奏をみっちりと。
演奏会直前、僕の受け持つラストの回ということで、メンバーも僕も気合い十分。

レッスンが終わったあと、4年生の団員達が僕のもとへ集まってきた。
「4年間、お世話になりました!」
と、前インペクのSさん。

 そうか!
 この日が彼らとの最後の合奏だったのか…

稽古中は全く意識していなかったのだけれど、
こうして勢揃いした皆の姿を見ていたら、やはりグッと来た。
(こいつらも、もう卒団か…早いなあ)

今回も、素敵なプレゼントを戴いた。
イタリア製のペッパーミルと粒胡椒、
岩塩、ターメリック、パセリ、そして唐辛子のセット。

 〜なかなか小粋なセレクトじゃん!〜

みんな、ありがとう!
美味しく、楽しく使わせてもらいます。
土曜日の演奏会、がんばって。
posted by 小澤和也 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月25日

Popolo di Pekino!

20111125_2645277.jpg
立川市民オペラ「トゥーランドット」、
合唱立ち稽古がスタート。
これまで積み重ねてきた音楽稽古とはまた違ったドキドキ・ワクワク感、
そして、
新しく開けてゆく「展望」への期待が、立ち稽古にはあるものだ。

演出は中村敬一先生。
初日はやはり第一幕冒頭から。
はじめの導入をどのようになさるかとても興味があったのだが、
やはり実に素晴らしかった。

立ち位置や動線など、必要最低限の外的要素(いわゆる段取り、おやくそく)は押さえつつも、
それ以上に大切な内面(登場人物個々の心の状態、そして台本&テキストから浮かび上がる必然的な身体の動き)の構築に対して充分に意を用いたご指導である。
残酷極まりない群集心理、また西洋の視点で見た「野蛮で低俗なアジアの民」としての在りようを顔の表情に、そして歌声にしっかりと乗せて演ずることを繰り返し求める先生の意図に、少しずつだが応えていく合唱団員の姿。
次回以降の稽古もとても楽しみだ。
posted by 小澤和也 at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月23日

冴える、我が音

20111123_2642549.jpg
先週末、ホルツ・ブラス・カペーレの合宿へ。
(@三浦海岸、民宿根本荘)
延べ12時間の合奏&分奏…
大いに吹き、大いに飲んでの充実した二日間。

初日の夜、飲み会の席でメンバーの皆さんからのサプライズ!
「ホルツ作務衣」を戴いた。
プレゼンターはサンタ姿のM嬢。
20111124_2642891.jpg
胸には、ホルツならぬ「通彫る」(ツーホル)の刺繍、
そして…
メンバーが名前やニックネームを入れる左肩には「冴我音」の文字が!
これで(ざわお)と読むのだそうだ(笑)

ホルツの皆さん、ありがとう。
合宿お疲れさまでした。
来月、佳いコンサートにしましょう!

 §ホルツ・ブラス・カペーレ 第38回定期演奏会
  12月25日(日)14時開演
  横浜市栄区公会堂(JR根岸線 本郷台駅下車)
posted by 小澤和也 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月16日

ペーテル・ブノワへのオマージュ(2)

20111116_2630372.jpg
先日ゲットしたペーテル・ブノワのポスター、
2枚目はこれ。

"RUBENSHERDENKING 1940"(ルーベンス記念 1940)とある。
ルーベンスとは、言うまでもなく…フランデレン出身の画家、バロック絵画の巨匠と呼ばれたペトルス・パウルス・ルーベンス(1577〜1640)である。
年号が示すように、彼の没後300年を記念したコンサートであろう。

曲目はもちろん
ペーテル・ブノワの「ルーベンス・カンタータ」。
1877年、ルーベンス生誕300年に際し作曲されたブノワの代表作だ。

 この「ルーベンス・カンタータ」、実は愛称である。
 正式なタイトルは
 "Vlaanderens kunstroem" (フランデレン芸術の栄光)。
 歌詞の中でも、Rubensという言葉は一度しか出て来ない。
 それも、
 『ルーベンスの母国、フランデレンよ!〜』
 という使われ方で。
20111116_2630373.jpg
それはともかく…
このニックネームのおかげで、この曲は現在もブノワ作品の中では隔絶して演奏頻度が高いようである。

ポスター中央には、ルーベンスの肖像が大きく配されている。
美術や印刷技術のことはよく分からないが、質感豊かで味わいのある見事なものだ。
「おらが国の名士」への敬愛の念をひしひしと感じる。
20111116_2630374.jpg
なお、曲名の下には指揮者の名前(Lodewijk de Vocht)が記されている。
話は少し逸れるが…
僕が持っている何枚かの同曲のディスクのうちの1枚が、このマエストロの演奏のものである。
(こちらは1958年のライヴ録音)

ルーベンスの記念の年、アントウェルペンの街に
この音楽はどのように響いたのだろうか…
posted by 小澤和也 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月14日

漢検2級

先日受検した日本漢字能力検定、
2級に合格しました。

郵送されてくる検定結果が待ち切れず、
協会ホームページで確認してしまいました。

 合否結果
 ◆会場番号   14A****
 ◆受検番号   20****
 ◆氏名     小澤 和也
 ◆判定     二級合格おめでとうございます。
 ◆合格証書日付 平成23年11月9日(水)

さあ、次は準1級だ!
難しいんだろうなあ…
posted by 小澤和也 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記