2011年12月06日

初心忘れるべからず

東京音楽大学での指揮科公開レッスンを見学させていただいた。
講師は高関健さん。
課題曲はベートーヴェンの第2交響曲。
7名の受講生が、学生有志からなるオーケストラを振る。
(受講生の中にはオーボエの茂木大輔さんもいらしてビックリ!)

素晴らしいレッスンだった。
よく知っているつもりだったこの曲のスコアから、これほどまで新鮮な音の風景を見ることになるとは!
多くの貴重なアドヴァイスを聞くことができた。

いつも思っていることだけれど…
音楽家は一生勉強だ。
そして〜初心忘るべからず。
posted by 小澤和也 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記