2011年12月14日

ブノワ(30):ドラマ・クリスティ[2]

20111214_2678034.jpg
(続き)
楽曲構成は次のようになっている。

§序唱(Voorzang)アレルヤ
§第1部
・第1景 イエズスは我々に
「清貧の誉れ」を教える
・第2景 「労働への愛」
・第3景 「従順」
・第4景 「誘惑の克服」
・第5景 「祈り」
・第6景 「互いへの愛」
・第7景 「成功時の謙虚さ」
§第2部
・第8景 「逆境における精神力」
・第9景 「不屈の勇気」
・第10景「信仰告白」
・第11景「服従」
・第12景「不当さへの忍耐」
・第13景「悔悟」
・第14景「侮辱の赦免」
§第3部
・第15景 勝利の歌、アレルヤ

各景ごとにまず、四重唱が上記のタイトルをコラール風に歌う。
(ブノワはこの四重唱を "Stenenkoor" と呼んだ…直訳すれば「煉瓦石の合唱」であろうか)
すると続いて、語り手や洗礼者ヨハネ、イエズスや悪魔、それに大合唱も加わり聖書の物語を歌ってゆく。
それぞれの題名は多分に説教風だが、これが彼のスタイルと言えよう。
母国語での音楽教育に熱意を燃やし、信仰にも篤かったであろうブノワの…。

この曲(というか楽譜)にはもう一つの特徴がある。
それは…
各景ごとにその場面に即した、写真凸版によるキリストをモチーフとした細密画が挿入されていることである。
(画像は第13景、キリストが十字架を担わされる場面のものである)
ブノワの音楽とこれらの宗教画(ギュッフェンスとスヴェルツの共同制作)とが合わさって、一つの作品を形づくっているかのようである。

(つづく)
posted by 小澤和也 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽雑記帳