2011年12月31日

2011年を振り返って

間もなく新しい年が明ける。
2011年、自分にとってどんな年だったろうか。


言葉にはしづらいが、
自身の中で「何かが変わった」という実感は大いにある。
自分が変わると、見えてくる景色(音の風景、楽譜の風景)が変わり…
それによる新たな発見がまた、自分というものを変えてゆく。
そして導かれる結論は、月並みだけれど
「一生勉強」、この一語に尽きる。


今年もまた、いろいろな方々と新たなる「音楽を通しての繋がり」を持つことができた。
それが契機となって、自分がこれまで知らなかった様々のことに気付くことができる…
何という喜び!
多くの出会いに感謝。


この「音楽ノート」をご覧くださっている皆さま、
一年間ありがとうございました。
これからも、応援よろしくお願いいたします。
どうぞ佳い新年をお迎えくださいませ。

小澤和也
posted by 小澤和也 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記