2012年01月29日

千秋楽

20120129_2743960.jpg
新国立劇場「ラ・ボエーム」、
全5回の公演が終了した。

千秋楽の今日は、僕もバンダのメンバーも気合い十分だ。
第2幕の大詰め、カルチェラタンに集う群衆の喝采を浴びながらの行進は真に快感。

カーテンコールでお客様からの温かい拍手を浴びる。

客席を見つめながら、こんなことを考えた。

バンダの出番なんてホンの一瞬。
それに、物語の本筋とも大して関係しない。
〜でも、やっぱり必要な存在なんだよな…

第2幕が終わり、緞帳が下りたあとの舞台上で、いつも満面の笑みで僕に
「お疲れさまでした!」
と声をかけてくださる役者さんがいらした。

彼の役は「群衆をかき分けて軍楽隊の通る道をあける警官」。
彼だって、客席からはほとんど舞台の背景の一部のようにしか見えなかったと思う。
にもかかわらず、顔の表情から指先の動きまで、実に血の通った演技なのだ。
個々には際立たなくとも、全体の中で不可欠な存在というものがあるのだ…
ということを彼から改めて教わった気がする。

そして思った。
「これが…オペラを創るということなのだな」

音楽スタッフ、そして衣裳・メイクのスタッフの皆さんには今回も大変お世話になりました…感謝。
posted by 小澤和也 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月28日

三菱電機SWO定演

三菱電機ソシオテックウィンドオーケストラ第19回定期演奏会、おかげさまで盛況のうちに終演いたしました。
寒いながらも天候に恵まれ、約850名のお客様においでいただきました。
ありがとうございました。

20120128_2742685.jpg
第二部ステリハ風景


20120128_2742686.jpg
大序曲「1812年」で用いたキャノン砲=横置きしたバスドラム

20120128_2742687.jpg
司会のKさん(右)とMさん(左)

mitsubishi-s.jpg
posted by 小澤和也 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月25日

フルトヴェングラー

今日は、僕にとって畏敬の存在であるW.フルトヴェングラーの誕生日。
(1886年生まれ)

帰宅後、彼の遺した録音をいくつか聴く。
まずはベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲、メニューインと組んだ’53年のセッション録音である。
独奏楽器と管弦楽が対等に渡り合う「交響的協奏曲」とも言えるこの作品の持つ美質が、ストイックかつ美しい造形感覚をもって表現されている。

〈フルトヴェングラーの演奏の本領はライヴでこそ味わえる〉
とよく言われるが、
セッション録音にこそ、文字通り「後の世に遺す」という強い意志が僕には感じられるのだ。

次に取り出したのが、ヴァーグナー/管弦楽曲集。
(こちらはすべてライヴ録音だ)
マイスタージンガー前奏曲、タンホイザー序曲、トリスタン〜前奏曲と愛の死、他…

彼の最大の美質、即興性の迸りに「正妻」ベルリンフィルがピタリと寄り添うさまには、ただただ感嘆するのみだ。
まさに「生きている音楽」。

今ちょうど、最後の収録曲
神々の黄昏〜ジークフリートの葬送行進曲が終わった。
〜バースデーコンサート、これにて終了〜
posted by 小澤和也 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月23日

F川先生の誕生日

カレンダーをぼんやり眺めながら、時折思うことがある。
「ああ、明日は○月○日か…
○○さんの誕生日だったな」

1月23日と知って、ハッと思い出した人がいる。
中学校で教わった、社会科のF川先生。
チーズが大嫌いで、可愛いライオンの絵を描くF川先生だ。
卒業してからおそらく一度もお会いしていない。
なのに、どうして覚えているかというと…

F川先生は面白い方で、定期テストの解答の中にご自身のお誕生日をこっそり忍ばせたことがあったのだ。
文章の穴埋め問題、全6問、選択肢付き。
(1)〜(6)まで、すべて正答を選ぶと
1,9,5,2,12,3
となるように問題が作られていたのだった。
もちろん、1952年1月23日ということだ。
「みんな、これで僕の誕生日を覚えたよね⁈」
とおっしゃったかどうか…
そのあたりの記憶は定かでないが。

ここまで思い出して、ハタと気づく。
1952年生まれということは、
〜ちょうど60歳になられたのですね!

お元気でいらっしゃるだろうか。
posted by 小澤和也 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月19日

「ラ・ボエーム」初日

20120119_2732272.jpg
新国立劇場オペラ「ラ・ボエーム」、
公演初日。
2003年のプレミエ以来、ずっとご一緒させていただいている大切なプロダクションである。

第2幕の大詰め、帰営する軍楽隊の行進を率いるバンダ隊長が僕の役。
これまでに何度となく歩いているわけだけれど、初日はやっぱり緊張する。
(特に舞台に出る瞬間が)
ただし、ひとたび出てしまった後は…
しばしピットのオーケストラは止み、大群衆のコーラスとバンダだけになる。
この数十秒間…快感だ。

楽屋に戻って、着替えとメイク落としを済ませてから、モニター越しに3&4幕を観た。
第4幕に、僕が大好きで大好きで仕方のない場面(というか音楽)がある。
それは…

コッリーネがアリア「古い外套よ」を歌ったのち、傍らのショナールに
〈ミミとロドルフォを二人きりにさせてやろう〉
と促す。
ショナールが同意して部屋を出ようとするときに…
いつも快活に、弾むように流れていた『ショナールのテーマ』とも言うべき旋律が、実にしっとりと緩やかに奏でられるのだ。
この場面になると、もうウルウルと来てしまう…
もちろん今日も。

粟國淳さんの演出が本当に美しい。
それから、ミミのカンタービレ、マルチェッロの飛び切りの美声が素敵だ。

公演はあと4回。
常にリフレッシュした気分で、次も行進するぞ。
posted by 小澤和也 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記