2012年03月28日

小澤和也プロフィール

 東京生まれ。12歳よりテューバを始める。
 東京農工大学を卒業後、1997年より東京音楽大学にて指揮を学ぶ。汐澤安彦、広上淳一の両氏に師事。在学中より『ラ・ボエーム』『魔笛』他のオペラ上演においてP.G.モランディ、船橋洋介両氏らの下で研鑽を積む。
 2000年、神奈川新聞社主催「夢つむぐコンサート」出演、グラズノフ『四季』等を指揮する。01年より新国立劇場公演『ナブッコ』『トスカ』『イル・トロヴァトーレ』『ラ・ボエーム』『アイーダ』他の副指揮、助演を務めている。03年、オペラ『かぐや姫』(平井秀明作曲)世界初演に際しても音楽スタッフとしてその手腕が高く評価された。またこれまでに『ある母の物語』『メリーウィドウ』などの公演を指揮しいずれも好評を博している。05年には男声合唱組曲『風に寄せて』(中橋愛生作曲)を委嘱・初演、新しい響きの可能性の追究に取り組む。
 最近では、ベルギー・フランダースの作曲家ペーテル・ブノワ Peter Benoit の研究にも力を注いでいる。08年4月「荘厳ミサ "Hoogmis"」日本初演に際してはピアノリダクションを担当、また合唱指導等にも携わり公演の成功に大きく貢献した。

 現在、各地のオーケストラ、合唱団、吹奏楽団の指揮、指導を行っている。本年4月、立川市民オペラ合唱団指揮者に就任。東京農工大学グリークラブ、合唱団あしべ指揮者。
posted by 小澤和也 at 21:54| Comment(0) | プロフィール

2012年03月27日

ありがとう、N響アワー

1980年のスタートということは…
中学生の頃ということになるのだな。
僕が音楽の魅力に目覚めた時期と、ピッタリ重なっている。

N響アワーが終わる…
未だに理由がわからない。
単なる流行や、一時のブームに乗じたような内容の番組でないだけに。

難し過ぎるから?
もっと親しみやすく?
「底辺を拡げる」ために?

「クラシック音楽は、解る人にだけ解ればよい」
もちろん僕は、そんな風には決して考えていない。
これまであまりクラシックに馴染みのなかった方々が少しでも興味を持ってくださることを、心から嬉しく思う。

だけど…
「分かりやすく説く」ことと「聴き手側に媚びる」というのは明らかに違う!
と思うのは、僕だけだろうか。
簡単ならば、あるいは取っ付きやすければ何でもよいのだろうか。
あとに残るのは結局、質の低下だけ…
そうなりはしないか。

18日、そして昨日と二週にわたって総集編が放送された。
シュタイン、サヴァリッシュ、マタチッチetc.
ゆかりのマエストロ達の姿が懐かしい。
N響も、ここぞという場面では実に味のある音を出していたのがわかる。

この10年(音楽家になってから)は、僕の中での見方も多少変わったけれど…
大好きな、いい番組でした。

ありがとう、N響アワー。
posted by 小澤和也 at 00:56| Comment(0) | 日記

2012年03月24日

門出

横浜国立大学の卒業式へ。
(23日、横浜文化体育館)
管弦楽団との式典演奏をご一緒した。

これでもう何度目になるだろう…
当然ながらオケのメンバーは年毎に入れ替わってゆく。
ゆえに式の流れ・リハーサルの段取りなど、気がつけば僕がいちばん詳しい…ということになってしまったようだ。

今回ははからずも2年ぶりの演奏となったため、オケとのプローべは例年より多く組まれた。
それが功を奏したのだろうか…
今回の演奏は自発性に溢れたものになったと思う。

開式に先立って披露されたエルガー「威風堂々第1番」…
楽員一人一人が流れを掴んで(指揮者の締め付けを要さずとも)そこに集まってくるような、そんな手応えを感じた。

学生歌「みはるかす」、今回はグリークラブとの共演。
やっぱり歌が入るとよいものだ。
これも念入りに稽古した成果が出たと思う。

最後にオーケストラのみで「蛍の光」を演奏、閉式となった。
晴れの門出の日を迎えられた卒業生・修了生の皆さんに、心から…
「おめでとうございます」

さあ、次は入学式だ。
「繊細かつ大胆に」、さらに佳い演奏を目指そう。
posted by 小澤和也 at 00:26| Comment(0) | 日記

2012年03月21日

ケルテスの「ネルソン・ミサ」

僕の好きな指揮者のひとり、イシュトヴァン・ケルテス(1929-73)。
彼の新譜が久しぶりにリリースされた。
ハイドン晩年の傑作「ネルソン・ミサ」、
1973年4月、テル-アヴィヴでのライヴ録音である。
(ただしモノーラル…録音状態はそこそこだ)
管弦楽はイスラエルpo、独唱はL.ポップ(sop)、岡村喬生(bas)他。
さっそく聴いてみた。

第1曲:キリエ
冒頭から豊かな情感をもって始まる。
テンポもやや重めか…
と思いスコアをみると、作曲家の指示は "Allegro moderato" 。
改めて納得である。
(ケルテスのAllegroは総じて落ち着いたテンポであることを思い出した)
ダイナミクスレンジも広くとられ、ドラマティックな表現になっている。
ポップのコロラトゥーラが見事。

第2曲:グローリア
前曲から間髪を入れずにグローリアに入るが…かなり不自然だ。
おそらく編集に際して間を詰めてしまったのであろう。
一つの楽曲中での間はきちんと残されているので、これは実に残念。
(この先もずっと同様である)

それはともかく、キリエからの曲想の切り替わりがとても鮮やかである。
中間部 "Qui tollis" では、一転して引きずるようなAdagio。
若き岡村喬生の歌うアリオーソが圧巻だ。
ここでのテンポ設定はケルテスのこだわりか、それともソリストの要望によるものだったのだろうか。

第3曲:クレード
この楽章の出だしは、一般に確固たる足どりを表す速度で奏されるが…
ここでのケルテスのテンポはかなり遅い。
(スコアの指示は "Allegro con spirito"、2/2拍子である)
対する中間部はキリストの生誕〜受難について述べられる部分であるが、悲愴感はあまり感じない。
(ハイドンの曲想自体による所も大きいとは思う)

第4曲:サンクトゥス、特になし。

第5曲:ベネディクトゥス
このミサ曲における「もう一つのクライマックス」と呼んでもよい楽章であろう。
指定はAllegrettoであるが、ケルテスはじっくりと歩を進めてゆく。
実に良いテンポだと思う。
しかし最後にさらなるサプライズがあった。
楽章の結尾(本CDでは5'13"あたりから)、ティンパニと3本のトランペットが三連符を重々しく刻む部分で、さらにテンポを落とすのだ。
ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」のアニュス・デイを先取りしたような、「きな臭さ」をやや強調したような表現である。

第6曲:アニュス・デイ
前曲からの流れを受けて穏やかな "Agnus Dei" 、そして円満な "Dona nobis" と型通りに進み、安堵に溢れたフィナーレへ…

ケルテスの解釈について際立った特徴を挙げるのは難しいが、オーソドックスな中にも要所要所でじっくりと腰を据えて語るような、そんなハイドンである。
そして…
彼のモーツァルトにみられるような「作品への絶対的信頼」とはちょっぴり異なるアプローチに、ついついニヤリとしてしまうのだ。
posted by 小澤和也 at 00:39| Comment(0) | 日記

2012年03月19日

劇場の香り

目下、二つのオペラの読譜をほぼ並行して進めている。
「カヴァレリア・ルスティカーナ」と「ラ・ボエーム」だ。
テキストに当たり、スコアの響きを頭の中で鳴らし、作曲家が抱いたであろうイメージに思いを馳せ…
その合間には、録音あるいは映像化されたものを視聴したりもする。

いま、とある録音を聴きながら思うことがある。
『 "劇場の雰囲気というもの" は
どこから来るのだろうか?』
漠然と、頭の中で理解はしているのだが…
テンポ感、リズムの扱い、言葉の捌き、オーケストラ内部の(各声部の)バランス…etc.

あくまで僕の主観であるが、
いま聴いているCDからは「劇場の香り」がしないのである。
(以前、別の作品の録音でも同じことを感じたものだ)
この機会に「手掛かり」を掴みたいと思っている。
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 日記