2012年04月17日

ケルテスの命日に寄せて

ハンガリー出身の名指揮者、イシュトヴァン・ケルテスがこの世を去って今日(4月16日)で39年。
何か聴こうと思っているうちに…
こんな時間になってしまった。

CDをあれこれ手に取ってみる。
モーツァルトのレクイエム…それとも白鳥の歌となったハイドン・ヴァリエーション(ブラームス)か…
あるいは渋く、ベートーヴェンの第4交響曲…?
いろいろ悩んだ末に、いま聴いているのがブラームス/第2交響曲。
ただし、ウィーンフィルとの名盤ではなく、手兵ロンドン響との1966年ライヴである。

第1楽章冒頭から表現の振幅が大きく、伸びやかな印象。
アゴーギクは多用せず、それでいて各楽器がよく歌うのだ。
特に、弱音の部分での木管楽器のカンタービレが美しい。
一方、クライマックスではホルンが思い切った強奏を見せる…
このあたり、いかにもライヴらしい。

第2楽章、出だしのチェロ&それを受けるヴァイオリンの、むんむんとむせ返るような甘い響きが強烈!
前楽章から一転して、大胆にテンポを揺らすケルテス。
それでも、ピタリと「決まった」感じがするのは…ケルテスとブラームスとの幸福な相性ゆえ?

チャーミングで軽やかな第3楽章を経て…フィナーレへ。
オケをグイグイとドライヴする、その推進力が凄まじい。
オケもそれに見事に応えてゆく。
(これは全くの想像だが…
楽員達はケルテスに「ついて行きたくてもう仕方がなかった」のではないだろうか、
と思いたくなるほどの一体感である)
全曲のラスト、曲が終わる前(最後の和音の途中ではない!)に拍手が起こる。
単なるフライングと言ってしまえばそれまでだが…
その気持ち、解らなくもない。
そのくらいに一気呵成な流れが、この演奏にはあるのだ。
やはりケルテスも「ライヴで燃える人」だったのだろう。

不慮の事故により43歳の若さで帰らぬ人となったケルテス。
1929年生まれであるから、ハイティンクやマゼールと同世代ということになる。
もし彼が生きていたら…
posted by 小澤和也 at 00:44| Comment(0) | 日記

2012年04月14日

愛聴盤(30)〜ブロムシュテットのシベリウス

§シベリウス/交響曲第3番
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮サンフランシスコ響
('94年録音)

シベリウスの交響曲というと、人気曲としてまず第2が挙げられる。
(それに次いでは…第1だろうか)
一方で、「後期作品がシベリウスの真骨頂」「第4こそが(一見難解だが)最高傑作」という意見が多いのも確かだ。
そんな中で、すっかり置いてけぼりを食っている感のあるのがこの「第3交響曲」。
なぜだろう…
こんなにチャーミングな曲なのに…

シベリウスの作風変化の契機としてよく挙げられるのが、都市の喧騒を避けてのヤルヴェンパー移住(1904年)、咽頭の異常発覚と手術(08年)である。
これらに、第2〜第4交響曲の作曲年代を重ね合わせると、なかなか興味深い。
第2…01年
第3…04〜07年
第4…10〜11年
〜そう、第3交響曲はいわゆる「過渡期」的作品なのだ。
そして、まさにその点がこの曲の魅力でもある。

第1楽章は実に明快な、二つのテーマを軸として有機的かつ簡潔に構成されたものになっている。
第一主題はぶっきらぼうなほどに素朴、対する第二主題はメロディアスな美しさを持つ。

続く第2楽章はしっとりとしたアレグレットの変奏曲。
主題はどこか寂しげであるが、第1、第2交響曲の緩徐楽章のそれよりも詩情が乾いていて(情に溺れ過ぎていないのだ)、個人的にはこちらの方が好みである。

そしてフィナーレ、第3楽章。
スケルツォ的に始まり、しかもそれが旋律というよりも息の短いモティーフの展開をもって進んでゆく。
そんな中、ヴィオラで示されるコラール風の主題が次第に全体を覆い尽くし、実直で堂々たるエンディングを迎えるのである。

この交響曲の良さを味わう要件は
「指揮者があれこれこねくり回さないこと」
「オケが高機能であること」
に尽きるのではないだろうか。
ブロムシュテットの演奏は、小規模だが個性的なこの作品の性格をズバリ言い当てたような、(皮肉でなく)模範的なものだ。
過度のロマン性、あるいは民族的悲壮感からしっかりと距離をおき、古典的・直截的な表現を指向している。
posted by 小澤和也 at 23:39| Comment(0) | 愛聴盤

2012年04月10日

挑戦

先日申し込んだオランダ語の講座へ。
早稲田大学オープンカレッジ「続けて学ぶオランダ語」、
いよいよスタートだ。

コースには初級と中〜上級があったのだが…
つい欲張って中〜上級を選ぶ。
受講生は僕を含めて10名。
講師の先生(フランデレン人男性)が教室へやってきた。

……

大変なクラスに入ってしまった!
僕以外の皆さん、既にペラペラなのだ。
Tim(講師)のオランダ語も…
シャワーというかスコールというか、
とにかく「浴びている」ような感覚。
理解度、40〜50%程度といったところか。

こうなったらもう、
根拠も何も無いけれど自信を持って楽しむしかないな、と開き直る。
(もちろん努力もする!)
90分間、頭の中がバチバチ音を立てていたような気がした。
音楽以外で脳内がこんなにエキサイトしたのは久しぶりかもしれない。

よし、挑戦だ。
posted by 小澤和也 at 23:58| Comment(0) | 日記

2012年04月07日

「カヴァレリア」始動

先月の「トゥーランドット」公演で初めてご一緒した立川市民オペラ。
一昨日 (4/5)、オペラ合唱団のひと月ぶりの練習へ。

新たに取り組む演目は、マスカーニ作曲「カヴァレリア・ルスティカーナ」。
今回僕は合唱指揮者として、キックオフから音楽創りに携わることとなった。

メンバーの皆さん、待ち兼ねたとばかりに初日から気合充分!
"Regina Coeli" をのびのびと、気持ちよく歌う。

12月の本番に向けて…
いよいよ始動。
今後が楽しみだ。
posted by 小澤和也 at 22:18| Comment(2) | 日記

2012年04月05日

新鮮な気持ちで

横浜国立大学の入学式へ。
(@関内・横浜文化体育館)
天候にも恵まれ、文字通りの「ハレの舞台」に相応しい日となった。

先日の卒業式に続いて、今日も管弦楽団の皆さんとエルガー「威風堂々」他を演奏。
昨日のプローべでは、二週間前とは少し違うテンポ感・表現を求めた。
〜守りに入って欲しくなかったからだ〜
メンバーは一瞬戸惑っていたようだったが、今日はよく反応してくれたと思う。
よりいっそうアグレッシヴで振幅の大きい、活き活きとした演奏を繰り広げた。

いついかなる場面でも、
アウトプット(いわゆる本番)直前まで「変えていく」「良くしていく」
意識を彼らには持ち続けていて欲しいと願う。
「あのときと同じだから」「この前と一緒で」というスタンスは、必ず停滞(あるいは後退)を生じさせるから。

新しい部員がたくさん入りますように。
そして…
来月の演奏会、がんばってください。

また会いましょう!
posted by 小澤和也 at 15:20| Comment(0) | 日記