2012年04月18日

スリッパの英雄?

昨日のオランダ語講座で、pantoffel という単語が出てきた。

【 de pantoffel 】スリッパ、上履き

「スリッパを使いますか?…それとも靴下のままで歩きますか?」etc.
例文の説明をしながら、講師のTimがさらに pantoffelheld と大きく板書して、何やら楽しそうにしゃべっていた。

あまりに早口で聞き取れない。
とりあえず単語だけノートに書き留めて、きょう改めて辞書で調べてみると…

【 de pantoffelheld 】恐妻家

えぇっ…
ビックリである。
ちなみに、held は「英雄、主人公」。
(英語の hero にあたる)
なんでまた「スリッパの英雄」=恐妻家、なのだろう⁈

辞書にはこんな言い回しも載っていた。
【 onder de pantoffel zitten 】
(直訳:スリッパの下でじっとしている)
=女房の尻に敷かれている

スリッパって、オランダではそんなイメージなのか…
posted by 小澤和也 at 23:47| Comment(0) | 日記