2012年06月27日

心の洗濯

 
ベルリン国立美術館展を観る。
(@国立西洋美術館)
サブタイトルは
「ルネサンスからロココへ…
ヨーロッパの素描、絵画、彫刻の四世紀」。
 
 
展示は次のように区分されている。
 
1)15世紀:宗教と日常生活
2)15-16世紀:魅惑の肖像画
3)16世紀:マニエリスムの身体
4)17世紀:絵画の黄金時代
5)18世紀:啓蒙の時代へ
6)魅惑のイタリア・ルネサンス素描
 
 
心に残った作品をいくつか。
 
〈マルティン・ルターの肖像〉
(L.クラーナハ(父)の工房、1533年頃)
この絵をゆったりと眺めながら、(時代は異なるが)ハインリヒ・シュッツや大バッハの質実な音楽が僕の脳内を巡っていた。
 
〈真珠の首飾りの少女〉
(J.フェルメール、1662-5頃)
揺るぎないデッサン感覚。
少女の素朴な表情がいい。
そして…
部屋に射し込む光のなんという柔らかさ!
 
〈果物、花、ワイングラスのある静物〉
(J.D.デ・ヘーム、1651年)
作品の前に立ち、はっと息をのむ。
造形美、色彩美の極致。
当然ながら、実物はこの画像の何百倍も鮮やか。
 
 
展示を見終えて…
心のエンジンをオーバーホールしたような、すっきりとした気分に。
 
 
ひたすらに「美」を追究する姿勢、
そして作品を通して「何か」を訴えかけんとする衝動。
人間の持つこれらの欲求は、時代を超えて常に不変であるのだな…
と改めて実感。
 
posted by 小澤和也 at 22:45| Comment(0) | 日記

2012年06月26日

古典について、個性について


先日亡くなった吉田秀和さんの著作、「主題と変奏」を改めて読む。
その第1章「ロベルト・シューマン」の中に、僕の心に深く響く言葉があった。
以下、自由に引用させていただく。


『よい音楽は、きき手のすききらいなどにびくともしない、たしかな美をもっている。』

『一流の古典家たちは、独創性というものを、近代人のように気にしていなかった。
…バッハはますますポリフォニーの世界に沈潜し、ベートーヴェンはソナタ形式を固執した。』

『自然のどこかに本当の創造の国へゆく道がかくされている。
そうして一流の古典にはその秘密がもっとも純粋にもっとも豊かに含まれている。
これを手本にその秘奥を追求しているうちに、いつかその仕事には追求する者の影が宿されてゆく。
個性とは元来そうしたものだ。』


古典とは、そして個性とは何か…
これらを考えるうえで重要なヒントを与えてくれる文章である。

僕も、日々音楽に向き合うひとりの人間として、これらの言葉をしっかりと胸に刻みつけたいと思う。

たしかな美、
本当の創造の国への道を求めて…
古典から学ぶのだ。
posted by 小澤和也 at 09:49| Comment(0) | 日記

2012年06月24日

ステージリハーサル

夕刻より、東京農工大学グリークラブのステージリハーサルへ。
今回の会場はは幸運なことに、本番で使う府中の森芸術劇場ウィーンホール。
この空間はほんとうに響きが美しい。
 
 
ずっと口を酸っぱくして言い続けた「良い発声」への意識づけだったが…
今日ここで歌ってみて、メンバーは皆納得したようである。
 
男声、決して大人数ではないが、豊かな残響にも支えられてのびのびと歌っていた。
女声は10人編成。
響きの純度と音色で聴かせる歌を目指したい。
 
そして、
混声アンサンブルによるパレストリーナ/ミサ・ブレヴィス。
このホールで是非とも歌いたかった作品だ。
正直なところ、かなり「背伸び」をした選曲だけれど…
 
演奏会まであと一週間。
 
 
§東京農工大学グリークラブ
第32回演奏会
 
2012年7月1日(日) 15時開演
府中の森芸術劇場ウィーンホール
(入場無料)
 
指揮:小澤和也/立石健太郎(学生)
 
posted by 小澤和也 at 23:58| Comment(0) | 日記

2012年06月23日

教え子達のアウトプット

専修大学フィルハーモニー管弦楽団のサマーコンサートを聴く。
(22日、@多摩市民館)
 
 
オーケストラはマエストロの棒によく反応していた。
人数の増減による各パート個別の事情はあるにせよ、「一つの合奏体」としての実力はここ数年、確実に上がってきていると思う。
合奏トレーナーとして、これは素直に喜びたい。
 
専フィルのみんな、お疲れさま。
そして、おめでとう!
後期も真剣に、たのしく音楽しよう。
 
 
posted by 小澤和也 at 11:27| Comment(0) | 日記

2012年06月19日

スコアから見えてくる「顔」


おととい〜昨日にかけて、いろいろな作曲家たちの作品をオーケストラとの稽古で取り上げた。

ボロディン、メンデルスゾーン、シベリウス、そしてベートーヴェン。

国や時代が異なるのだから当然なのだけれど、スコア(総譜)から見えてくる景色のようなものが実に様々である。
人間ひとりひとりが、それぞれ皆違った顔つきをしているように…

単純明快にして、各楽器の響きが鮮やかに浮き立つよう書かれたボロディンのスコアリング。
まろやかなサウンドで纏めつつ、細かい音の動きはピアノ曲の伴奏音型をそのまま移し替えたようなメンデルスゾーン。

シベリウスの管弦楽法も独特だ。
ひとことで言えば「シブい」。
特に中期以降の作品では、短い段落が複雑に重ねられ…
またその合わさり方がグラデーションのように、「敢えて」タイミングをずらすかの如く展開される。

ベートーヴェン。
微妙な楽器の出し入れ、それらの音域による特性までを活かした、剛毅にして繊細なオーケストレイション。
当時の限られた楽器編成、和声感覚の中でかくも豊かなサウンドが実現されている!

作曲家それぞれに、こういった「顔」があるのだと思う。
裏を返せば、
「顔」の見える作曲家こそ「大作曲家」である…
と言えるのではないかしら。
posted by 小澤和也 at 00:08| Comment(0) | 日記