2012年06月15日

嬉しい時間

プレトニョフ指揮/ロシア・ナショナル管弦楽団の来日公演を聴く。
(@東京オペラシティ)
 
 
演目は
・グラズノフ/組曲「中世より」
・ベートーヴェン/ロマンス第2番
・チャイコフスキー/憂鬱なセレナーデ、ワルツスケルツォ&懐かしい土地の思い出〜メロディ
(Vn:樫本大進)
・チャイコフスキー/白鳥の湖(プレトニョフ構成)
 
座席は1階2列…やはり近い!
 
 
ここならバスがガンガン聴ける…
と思ったら、対向配置だった。
(でも、そのおかげで2nd Vnをつぶさに観察できた)
 
管打楽器の山台がなくてちょっとビックリ。
もっと驚いたのが…
コンサートマスターの椅子。
 
 
なぜか、並椅子の三段重ね!
(まさかピアノ椅子が足りなかったワケではあるまいが…)
 
グラズノフのこの曲、
初めて聴いたのだがなかなか佳い作品。
前奏曲〜スケルツォ〜吟遊詩人のセレナーデ〜フィナーレ、十字軍騎士の4曲からなる。
オーケストラの扱いの上手さはさすがリムスキーの後継…といった感じ。
 
樫本大進さんのヴァイオリン、凄まじい求心力!
テクニックの披瀝はいうまでもなく、真に彼の中にある豊かな「音楽そのもの」が迸り出ていた。
はじめにプログラムを見た時は、
(コンチェルトじゃないのか…)
と正直なところ思ったのだけれど、今日の4曲で十分過ぎるほど堪能した。
 
前半だけでゆうに1時間を超える充実の内容。
 
休憩後は、マエストロ自身がバレエ全曲版からセレクトした「白鳥の湖」全12曲。
(この曲は暗譜で指揮していた)
有名な組曲に含まれるナンバーがあまり含まれておらず、5曲目にようやく例の「情景」のオーボエが流れると、客席も何やらホッとしたような雰囲気に。
これはこれで楽しめる。
 
プレトニョフの指揮も今回初めて見ることができた。
スマートなバトンとは言えないが、実に的確かつ音楽的。
(もっとアクの強い音楽を何となく想像していたのだけれど…やはり「百聞は一見に如かず」である)
オーケストラは、完全にプレトニョフの「手兵」たるスーパースター集団だ。
 
アンコールは「眠れる森の美女」〜ワルツ。
Vnの譜面台の上に「アルルの女」らしきパート譜が乗っていたので、
(せっかくいいチャイコフスキーを聴いたのに「ファランドール」だったらどうしよう…)
と思ったのだが…取り越し苦労だった。
 
久しぶりに、とても嬉しい気分になれた、そんなコンサートである。
posted by 小澤和也 at 23:16| Comment(0) | 日記

2012年06月11日

「月光とピエロ」

写真.JPG

普段、詩を読むことなどあまりないのだけれど、
この「月光とピエロ」は僕にとって特別だ。
僕の場合、合唱組曲などの音楽作品から入り、それからその詩人・詩作に慣れ親しむというパターンが多い。
(立原道造、草野心平などもそうだった)


堀口大学の第一詩集「月光とピエロ」、
その中の「月光とピエロ」は六編の詩からなっている。

・雪
・月夜
・ピエロ
・秋のピエロ
・月光とピエロとピエレットの唐草模様
・雪の庭
(ピエロが登場しない二編の詩が、いずれも雪に関わるものになっている)


「月夜」「ピエロ」「秋のピエロ」
これらの中に一貫して流れているのは、しっとりと濡れた(恋の)悲しみ、そして泣きながらも笑うしかないピエロの辛さである。
言うまでもなく、ピエロ=大学自身であろう。
以下、自由に引用させていただくと…

月の光の照る辻に
ピエロさびしく立ちにけり。
ピエロの姿白ければ
月の光に濡れにけり。
(月夜)

ピエロは/月の光なり!
白く明るく/見ゆれども
月の光は/さびしかり!
(ピエロ)

身すぎ世すぎの是非もなく
おどけたれどもわがピエロ、
秋はしみじみ身に滲みて
真実なみだを流すなり。
(秋のピエロ)

読み進めるほどに、大学独特の夢幻的な世界へ否応なく引き込まれてゆく。


さて、
「月光とピエロ」に続いて収められている「EX-VOTO」(「捧げ物」とでも訳せるか)の中にも、
「ピエロの嘆き」と題された一編がある。

かなしからずや身はピエロ、
月の孀(やもめ)の父無児(ててなしご)!


話を戻して…
「月光とピエロとピエレットの唐草模様」、
これは少し雰囲気が変わっていて、
月の光に照らされて/ピエロ/ピエレット/踊りけり/歌いけり…
といった言葉が幾何学的文様のように、様々なリズムを与えられて自由に飛び交っている、
そんな感じの詩である。
タイトルのW唐草模様Wのイメージが初めよく掴めなかったのだが、
要するにこれはWアラベスクWこのとなのだと、改めて気付いた。
アラビアン模様の如く華麗に、そして自由に装飾された音楽のような…
ここにあるのは飄々とした、やや乾いた気分、それだけ。


清水脩が1949年に作曲した男声合唱組曲「月光とピエロ」、
7月1日(日)に演奏します。

東京農工大学グリークラブ
第32回演奏会
府中の森芸術劇場ウィーンホール
posted by 小澤和也 at 23:32| Comment(0) | 日記

2012年06月10日

また買ってしまった

写真.JPG
数字パズルが好きである。
特にこれ…
ナンバープレイス。
手元にあるとついつい解いてしまうので、勉強の妨げにはなるわ寝不足にもなるわ…
しばらく封印していたのだが、ついに禁を破ってしまったことに。

タイトルに「超難問」とあるのでこの本を選んだのだけれど、
Q1とQ2はアッサリ解けてしまった。
それでも、頭の中がスッキリして気持ちがいい。
これでまた、しばらく楽しむことにしよう。
posted by 小澤和也 at 23:52| Comment(0) | 日記

2012年06月07日

小金井キャンパスの癒し系

農工大グリークラブのレッスンヘ。
今日は小金井キャンパス。
池のほとりを通りかかると…
 
 
カルガモ親子。
 
 
可愛い…
見ているだけで、癒される…
 
 
おっと、稽古場に行かねば…
 
 
それじゃ、またね!
posted by 小澤和也 at 23:55| Comment(0) | 日記

2012年06月06日

フランデレン語で歌おう!

我がペーテル・ブノワの音源を新たに入手した。
 
 
"De Wereld in!"(世界へ!)
副題:Kindercantate(子どもカンタータ)
 
1878年、ブノワがアントウェルペン音楽学校校長として、フランデレン語(≒オランダ語)による教育に力を注いでいる時期の作品である。
 
届いてすぐに…まず一聴。
予想通り小ぢんまりと可愛らしく、何とも微笑ましい曲想だ。
テキストも極めて教育的・啓蒙的。
純粋に「習い、歌われるための」音楽である、と位置づけてよいのではないか。
一般に好んで聴かれる、あるいは後世に永く伝わってゆくような名作とは異なるものだと思うが、
「ブノワがこの時期にこういう曲を書いた」、
そのことが(少なくとも僕にとっては)大切なのだ。
 
フランデレン語が公用語として認められてゆく途上にあって、このカンタータが子ども達によって元気よく歌われたのだろうな…
などと想像を巡らす。
posted by 小澤和也 at 01:11| Comment(0) | 日記