2012年06月15日

嬉しい時間

プレトニョフ指揮/ロシア・ナショナル管弦楽団の来日公演を聴く。
(@東京オペラシティ)
 
 
演目は
・グラズノフ/組曲「中世より」
・ベートーヴェン/ロマンス第2番
・チャイコフスキー/憂鬱なセレナーデ、ワルツスケルツォ&懐かしい土地の思い出〜メロディ
(Vn:樫本大進)
・チャイコフスキー/白鳥の湖(プレトニョフ構成)
 
座席は1階2列…やはり近い!
 
 
ここならバスがガンガン聴ける…
と思ったら、対向配置だった。
(でも、そのおかげで2nd Vnをつぶさに観察できた)
 
管打楽器の山台がなくてちょっとビックリ。
もっと驚いたのが…
コンサートマスターの椅子。
 
 
なぜか、並椅子の三段重ね!
(まさかピアノ椅子が足りなかったワケではあるまいが…)
 
グラズノフのこの曲、
初めて聴いたのだがなかなか佳い作品。
前奏曲〜スケルツォ〜吟遊詩人のセレナーデ〜フィナーレ、十字軍騎士の4曲からなる。
オーケストラの扱いの上手さはさすがリムスキーの後継…といった感じ。
 
樫本大進さんのヴァイオリン、凄まじい求心力!
テクニックの披瀝はいうまでもなく、真に彼の中にある豊かな「音楽そのもの」が迸り出ていた。
はじめにプログラムを見た時は、
(コンチェルトじゃないのか…)
と正直なところ思ったのだけれど、今日の4曲で十分過ぎるほど堪能した。
 
前半だけでゆうに1時間を超える充実の内容。
 
休憩後は、マエストロ自身がバレエ全曲版からセレクトした「白鳥の湖」全12曲。
(この曲は暗譜で指揮していた)
有名な組曲に含まれるナンバーがあまり含まれておらず、5曲目にようやく例の「情景」のオーボエが流れると、客席も何やらホッとしたような雰囲気に。
これはこれで楽しめる。
 
プレトニョフの指揮も今回初めて見ることができた。
スマートなバトンとは言えないが、実に的確かつ音楽的。
(もっとアクの強い音楽を何となく想像していたのだけれど…やはり「百聞は一見に如かず」である)
オーケストラは、完全にプレトニョフの「手兵」たるスーパースター集団だ。
 
アンコールは「眠れる森の美女」〜ワルツ。
Vnの譜面台の上に「アルルの女」らしきパート譜が乗っていたので、
(せっかくいいチャイコフスキーを聴いたのに「ファランドール」だったらどうしよう…)
と思ったのだが…取り越し苦労だった。
 
久しぶりに、とても嬉しい気分になれた、そんなコンサートである。
posted by 小澤和也 at 23:16| Comment(0) | 日記