2012年06月27日

心の洗濯

 
ベルリン国立美術館展を観る。
(@国立西洋美術館)
サブタイトルは
「ルネサンスからロココへ…
ヨーロッパの素描、絵画、彫刻の四世紀」。
 
 
展示は次のように区分されている。
 
1)15世紀:宗教と日常生活
2)15-16世紀:魅惑の肖像画
3)16世紀:マニエリスムの身体
4)17世紀:絵画の黄金時代
5)18世紀:啓蒙の時代へ
6)魅惑のイタリア・ルネサンス素描
 
 
心に残った作品をいくつか。
 
〈マルティン・ルターの肖像〉
(L.クラーナハ(父)の工房、1533年頃)
この絵をゆったりと眺めながら、(時代は異なるが)ハインリヒ・シュッツや大バッハの質実な音楽が僕の脳内を巡っていた。
 
〈真珠の首飾りの少女〉
(J.フェルメール、1662-5頃)
揺るぎないデッサン感覚。
少女の素朴な表情がいい。
そして…
部屋に射し込む光のなんという柔らかさ!
 
〈果物、花、ワイングラスのある静物〉
(J.D.デ・ヘーム、1651年)
作品の前に立ち、はっと息をのむ。
造形美、色彩美の極致。
当然ながら、実物はこの画像の何百倍も鮮やか。
 
 
展示を見終えて…
心のエンジンをオーバーホールしたような、すっきりとした気分に。
 
 
ひたすらに「美」を追究する姿勢、
そして作品を通して「何か」を訴えかけんとする衝動。
人間の持つこれらの欲求は、時代を超えて常に不変であるのだな…
と改めて実感。
 
posted by 小澤和也 at 22:45| Comment(0) | 日記