2012年08月17日

ペーテル・ブノワ生誕178年

 
 
今日8月17日は、ペーテル・ブノワ(1834-1901)の誕生日。
 
ブラームスとほぼ同世代、ベルギー(フランデレン)の作曲家。
そして…
僕にとっての「ライフワーク」ともいえる存在だ。
 
いま僕の頭の中で最も強く響いている作品、
「レクイエム」を聴く。
 
 
H.ルールストレーテ指揮
BRT合唱団、コルトレイク混声合唱団&室内管弦楽団
(1975年録音)
 
 
神秘的なホルンのモットー。
そして男声合唱が厳かに歌い出す。
「我らに永遠の安息を与えたまえ…」
 
ブノワのトレードマークともいうべき二重混声合唱が、全曲を通してある時は重厚に、またある時は柔らかく綾をなすように響く。
 
「怒りの日」の中ほど、「思い出したまえ」の、胸を震わせる美しいメロディ、
そして「聖なるかな」のアカペラ女声合唱は、天使の歌声そのものだ。
 
 
〜近い将来、「レクイエム」を日本で演奏する〜
 
この記念の日に際し、
改めて心に誓った。
posted by 小澤和也 at 23:04| Comment(0) | 日記