2012年10月31日

4年生からの贈りもの

 
 
専修フィル4年生のみんなから
贈りものをいただきました。
 
筆記用具のセット。
ノック式の「鉛筆」、
替え芯は濃いめの2B。
そして消しゴム、定規&ペンケース。
 
定規がちょっと変わっていて、
 
 
素材が、アルミ+畳!
 
嬉しいね…
だいじに使います。
 
4年生のみんな、ありがとう。
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年10月28日

立川市民合唱祭

 
 
立川市民合唱祭、無事終了。
市民オペラ合唱団の皆さんとともに、目下取り組んでいる「カヴァレリア・ルスティカーナ」からのナンバーを演奏した。
 
Santuzzaのソロパートは、合唱団の母親的存在、発声指導などでいつもお世話になっている宮崎京子さん(ソプラノ)、
ピアノは清水新さん。
 
総勢約60名がステージいっぱいに広がる。
僕が日頃からメンバーに求めている集中力と、この団にもともと備わっている大らかさとがうまくマッチして、のびのびとした歌声がホールに響く。
楽しく、そしてあっという間の10分間であった。
 
合唱団の皆さん、お疲れさまでした。
コーラスサポートのみんな、今回もありがとう。
12月15日のオペラ本公演へ向けて、さらにがんばっていきましょう。
 
(演奏終了後、宮崎京子さんと)
posted by 小澤和也 at 23:49| Comment(0) | 日記

2012年10月27日

今季も通います

 
三菱電機SWOとの、今季2回目のプローべへ。
今日もメインの「展覧会の絵」の合奏。
参加人数がちょっと少なくて残念だったけれど、いろいろ試せたのでまずまずよかった。
 
稽古終了後、久しぶりに駅近くの「珈琲庵」に立ち寄る。
この店のマスターは高校の大先輩。
『お久しぶりです』
と声をかけると、
『おお!また練習始まったのー?!』
しっかり覚えていてくださった。
嬉しいものだ。
 
 
店内はレトロな雰囲気。
落ち着くんだな、これが…
いつものマンデリンを戴く。
今日はベートーヴェンの「テンペスト・ソナタ」が流れていた。
posted by 小澤和也 at 23:49| Comment(0) | 日記

2012年10月25日

新調

 
 
新しいCDプレーヤが届く。
結局、これまで使っていたモデルの後継機を選んだ。
 
セッティングして、まず最初にかけたのは
ルプーの弾くシューベルト「即興曲集」。
少し硬質で、玉のようにコロコロと転がる音色がいい。
次いで、ブロムシュテット&SkDのブルックナー「交響曲第7番」。
僕が初めて買ったCDである。
どちらも20年越しの愛聴盤。
お気に入りのCDがいい音で鳴ってくれて一安心だ。
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年10月23日

楽譜の行間にあるもの、そして伝えたいこと

 
昨日、専修フィルとの今季2回目のプローべへ。
前回に続き、今日もヴァーグナー/マイスタージンガー前奏曲とベートーヴェン/皇帝協奏曲を見る。
 
メンバー達のモチベーションは変わらず高く、難しいパッセージもよくさらっている。
積極的に楽器を鳴らす若々しい姿勢に、大いに好感。
 
ヴァーグナーを指揮しながら、今日彼らに伝えたいことを考えていた。
ある程度譜読みが進んだ段階で、各自に意識してもらいたいこと…
3つ浮かんだ。
微妙な音程感覚、音色を創る意識、
そして、曲ごとのダイナミクスレンジの設定。
(よし、これが今日のテーマだ)
 
 
とりわけ弦楽セクションにおいて、微妙な音程感覚を磨くにはどうすればよいだろう。
それは…
月並みではあるが、課題となっているパッセージの、その調性での音階練習が最も効果的ではないだろうか。
個人でさらっていて、もし音程が外れた時にハッと気づく耳、そしてそれを修正する能力。
これらが積み重なっていくことが、アンサンブルの完成度upに繋がってくるはずだ。
極言すれば…
たとそのフレーズを20回さらっても、音程を正しくとらえていなければ無駄なのである。
 
 
あるフレーズから次へと移るその瞬間、音色への意識が薄くなりがちである。
例えば、休符を挟まずに subito p(突然pで)で新しいフレーズが続く場合、p の直前の音を無造作に扱えばその効果は損なわれてしまう。
聴く側に自然な subito p の効果を感じさせるには、極めて短い時間(1/2拍とかその半分とか…)のうちにdiminuendoが行われるような、そんな意識が求められるのだ。
フレーズの終いにおいては、常に音色への配慮が必要である。
 
 
この日はヴァーグナーの後にベートーヴェンを稽古した。
だからであろうか…
後者での f が粗くなりがちであった。また逆に、p で音の芯が損なわれてしまうことも。
時代様式の違いはもちろん、作曲家の個性によっても、ダイナミクスのレンジはその都度綿密に考えられるべきである。
ベートーヴェンにおいて、f とff の間には明確な差があるべきだし、p はあくまで "美しく" であって "弱く" ではないと思う。
 
 
…3時間の合奏はあっという間に終了。
一つでも多く、メンバー達の心に伝わっていることを願っている。
 
 
専修フィルが今度演奏するのは、この2曲プラス「幻想交響曲」(ベルリオーズ)。
どれも素晴らしい作品だ。
是非とも、それぞれの楽曲に相応しい「音色」「語法」によって、堂々と表現し切って欲しいと思う。
posted by 小澤和也 at 21:45| Comment(0) | 日記