2012年12月31日

シューベルト/ピアノ・ソナタ考

 
ここのところ、仕事を離れてよく聴いている音楽、それがシューベルトのpfソナタ。
それも、20代前半に書かれた青春真っただ中の作品群である。
 
1817年
イ短調 D.537(第4番)
変ホ長調 D.568(第7番)
ロ長調 D.575(第9番)
1819年
イ長調 D.664(第13番)
完成されたものだけでもこれだけあるのだ。
 
『…シューベルトの音楽は魂から流れ出したものがそのまま楽譜になっている感じ。…無垢の音楽。無防備を通り越している。』
数日前、Twitter上でテノールの山枡信明さん(ドイツ在住)とシューベルトのpfソナタについてお話しした際の、氏のツイートである。
まさに的を射た言葉!
ソナタ形式という「鋳型」のような枠の中での、極限のカンタービレがそこには感じられる。
特に、上記D.664のイ長調ソナタはその最上の例ではないだろうか。
すべての抑制から解き放たれたかのような、なんと幸福な音楽…
 
さて、シューベルトが尊敬していた同時代の巨匠ベートーヴェンは、あのガッチリと構成感の強い「熱情ソナタ」(さらには「田園」「第5」交響曲など)を書いたのち、少しずつ作風を変えていった。
1809〜14年頃の作品、
pfソナタで言えば…第24〜27番(第26番は有名な「告別」ソナタ)、
弦楽四重奏ならば…第10番「ハープ」や第11番「セリオーソ」、
そして交響曲では…第8、そしてあの第7!
これらに共通するのがやはり「カンタービレへの志向」である。
旋律の息が長くなり、歌謡的な要素が強くなっていくのだ。
 
この変化を自身の中に取り込み、天賦の才能を活かし、流れるような筆で「歌うソナタ」を書いたのがこの時期のシューベルトなのではないだろうか。
【その後、シューベルトにも「ペンが進まなくなる」ときが来る(1820〜22年頃)。
そして、ベートーヴェンはさらに深遠を極めた作風で晩年の傑作を書き、シューベルトも独自の深化を遂げていったのは周知の通りである】
 
シューベルトといえばまず「歌曲」なのだろうが…
これらの若さ溢れるソナタたちも、彼の音楽の持つキラキラとした魅力をいかんなく発揮していると思う。
posted by 小澤和也 at 07:28| Comment(0) | 日記

2012年12月30日

非常食の試食

 
非常食仕様の缶入りパン(頂き物)の賞味期限がきていたので、開けてみた。
 
 
中身は驚くほどしっとり柔らか。
「温めるとより美味しくお召し上がりになれます…」
とあったので、さっそくレンジでチン。
 
 
一口食べてみると…
普通にイケる!
パンの缶詰というのは初体験だったが、こんなに美味しいとは!
 
有事に備えて、改めて補充しておかないといけないな。
棚の中はあと、ビスコとリッツがあるのだが…
何事もなく賞味期限を迎えて、また今日のように気軽に試食できることを願うばかりだ。
 
posted by 小澤和也 at 23:58| Comment(0) | 日記

2012年12月29日

今年のコンサート聴き納め

 
 
「クローバー Bachを歌う」を聴く。
(@オペラシティ・近江楽堂)
 
クローバーは9名編成のアカペラ・ヴォーカルグループ。
うち、お声を掛けてくださったSさんはじめ、Mさん、Kさんと知り合いが三人!
それだけでももう楽しみ。
 
 
プログラム前半は、中世・ルネサンスのポリフォニーと日本のアカペラ小品を並べたもの。
オープニングで歌われた作者不詳のカノン「夏は来たりぬ」が、会場に柔らかな気分を振り撒く。
前半のなかでは、シンプルで美しい響きのタリス "If ye love me" と、大中寅二「夕べの祈り」の2曲が特に良かった。
この大中作品は、かなりレアなものなのだそうだ。
 
休憩を挟んで…
メインのバッハ/モテット第3番 "Jesu, meine Freude" (BWV227) が歌われた。
指揮の松平敬さんによる丁寧な解説は、多くの聴衆にとってこの楽曲の理解の助けとなったであろう。
演奏は所々ヒヤリとする場面もあったが、作曲家への敬意と歌う喜びの感情に溢れたものだった。
 
これにて、
2012年のコンサートは聴き納め。
来年も素晴らしい聴体験ができますように。
 
 
posted by 小澤和也 at 23:14| Comment(0) | 日記

2012年12月25日

My Homeland Chorus

 
 
東京農工大学・女子美術大学
混声合唱団 第55回定期演奏会へ。
(24日、三鷹芸術文化センター風のホール)
 
農工グリーも、そして女子美音楽部とも毎年関わっているが、「混声リサイタル」を聴くのは5年ぶり。
 
第1ステージは「黒人霊歌集」。
オーソドックスで、安心して聴けるアレンジ。
それだけに、英語の発音のさらなるブラッシュアップ、
そしてテキストの持つ意味へのより深い共感があればもっと良かった。
 
第2ステージは「どうぶつのうた?」(森山至貴作曲/木坂涼作詩)
音楽、テキストともに活力に溢れた、元気いっぱいの曲。
学生指揮者Uさんのリードのもと、この若い合唱団が歌うのにぴったりの作品だったと思う。
 
 
休憩を挟んでの第3ステージは、
千原英喜作曲の「雨ニモマケズ」。
全4曲、25分を超える大作。
どの楽章もどっしりとした重みを持つが、特にアカペラで歌われる第3曲「野の師父(抄)」から終曲「雨ニモマケズ」が Attacca で演奏されたあたりは心にぐっと来るものがあった。
 
ただ、この接続部を含めそこここに用いられていたステージ照明のフェードin/outが、僕にはかなり煩わしく感じられた。
浅い効果を狙い過ぎたのではないか、音楽だけで充分に表現できたのではないか、と。
 
ホールの豊かな残響にも支えられ、混声合唱団の歌声はとても美しかった。
正直なところ期待以上であった。
 
この合唱団を25年以上の永きにわたってご指導くださっているのが、高嶋邦幸先生。
 
 
僕がこの団に入部したまさにその年からである。
この日僕が会場へ駆けつけた目的のうちの半分は、先生の指揮を拝見することであった。
あの時と全く変わらない、若々しく柔軟な、歌うようなタクト。
懐かしさを覚えると同時に、実に学ぶべき点の多い、美しい姿であった。
(ゆっくりお話しできなかったのが残念…)
 
合唱団の皆さん、お疲れさまでした。
 
 
posted by 小澤和也 at 22:36| Comment(3) | 日記

2012年12月21日

煌めく歌声

 
 
東京ヴォイシズ
クリスマスコンサート2012へ。
(20日、ミューザ川崎・市民交流室)
 
東京ヴォイシズはダブルカルテットのヴォーカルアンサンブル。
立川のカヴァレリアでご一緒した齋藤佳奈子さん(MSop・ルチア役)に今回お誘いいただいた。
市民合唱団の男声を支えてくださった荒木俊雅さん(Ten)もここのメンバー。
 
 
林光編曲の日本抒情歌集からポピュラーなクリスマスソング、讃美歌、そしてJ.ラターの作品まで、美しい歌が目白押し。
特に僕の心に残ったのが
武満徹「死んだ男の残したものは」…林光編(未出版とのこと)
ラター "The Lord bless you and keep you"
 
ダブルカルテットは、いわゆる「合唱」という形態の基本形だと思う。
響きの「厚み」そして「純度」をともに究めることのできる編成。
(SopとAltを一人ずつ増やしたらバランスは更に良くなるかもしれない)
 
(女声コーラスをバックに「ママがサンタにキスをした」熱唱する荒木さん)
 
齋藤さん、荒木さん、
楽しいひとときをありがとうございました。
 
posted by 小澤和也 at 00:53| Comment(0) | 日記