2013年01月29日

演奏会のごあんない

 
出演予定の演奏会のごあんないです。
 
 
§ 前橋・市民オペラ合唱団 第1回記念公演「アイーダ」
 
日時…2013年6月23日(日)
会場…前橋市民文化会館
曲目…ヴェルディ/「アイーダ」
出演…日隈典子(sop)、山田精一(ten)、小澤和也(指揮)他
 
 
 § 港北区民交響楽団 第14回夏休み親子コンサート
 
日時…2013年8月18日(日)午後開演(二回公演)
会場…港北公会堂
出演…小澤和也(指揮)、秋山雅子(司会)
曲目…未定
 
 
詳細につきましては決定し次第、追ってお知らせいたします。
皆さま、どうぞお運びください。
 
 
posted by 小澤和也 at 22:39| Comment(0) | 演奏会情報

2013年01月28日

ご来場御礼

 
 
ソシオテックウィンドオーケストラ
第20回定期演奏会、
おかげさまで盛会のうちに終演いたしました。
好天にも恵まれ、およそ1100人のお客さまにおいでいただきました。
 
 
[第三部の演奏曲目]
デュカス:
「ラ・ペリ」へのファンファーレ
ムソルグスキー:
組曲「展覧会の絵」
(アンコール)
チャイコフスキー:
「くるみ割り人形」〜トレパーク
ハチャトゥリアン:
「仮面舞踏会」〜ワルツ
 
 
ご来場くださいました皆さま、
ありがとうございました。
これからも、
応援よろしくお願いいたします。
posted by 小澤和也 at 22:49| Comment(0) | 日記

2013年01月25日

フルトヴェングラーを味わう

 
 
今日1月25日は、僕の敬愛する大指揮者ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの誕生日にあたる(1886年生)。
仕事から帰ったら、久しぶりにじっくり腰を据えて何か聴こう…
などと考えながら一日を過ごす。
 
そして夕方。
自室にて「WFバースデーコンサート」、開催!
 
 
まず1曲目は…
ヴェーバー/「魔弾の射手」序曲
(BPO,'35年録音)
しなやかな歌、そして自在なオーケストラコントロールが見事。
WFを論ずる際に必ず出てくる
 〈"有機体" としての音楽〉
という言葉(氏自身も用いていたか)とその概念が実にしっくりくる、そんな演奏。
実に真っすぐで健康的なドイツ・ロマンの調べ、深い森の音楽だ。
 
 
2曲目に選んだのは、
モーツァルト/交響曲第40番ト短調K.550
(VPO,'48-’49年録音)
第1楽章の冷徹なる疾走に鳥肌…
セピア色の甘い旋律美とは程遠い。
(実に、作曲者の指定はMolto allegroである)
"宿命" を超えて、死の予感さえ覚える痛切なト短調の響き。
 
続く第2楽章にも、安らぎの瞬間はついぞ現れない…
あるのは哀しみと諦念。
 
切り立つ絶壁の如きメヌエットを経て、フィナーレへ。
第2主題、何かに思い焦がれるようなオーボエの音色が艶かしい。
(WFはこの曲では第1版を使用)
 
この指揮者の心の奥底から湧き上がる暗く熱い気質と、楽曲の持つ性格が素晴らしく一致した名演だと思う。
 
 
休憩を挟んで、後半のプログラムへ。
3曲目は…
シューマン/交響曲第4番ニ短調
(BPO,’53年録音)
むせ返るような浪漫の香り。
スコアに様々な手を加え、ここまで濃密なシューマンの音世界を描き切ることのできた「時代」というものに対し、半ばジェラシーにも似た羨望を覚える。
(現代においては…ここまでやるにはリスクが少なくないのではないか)
60年前のモノラル録音から、オーケストラの無限の色彩が浮かび上がるのだ!
 
惜しむらくは、第1〜第2楽章間の無音が長いように思えるところ。
WFのオリジナルの解釈なのか、LP編集時に生じたものなのか。
第1楽章最後のニ長調の力強い全合奏の和音から、次の楽章の寂しげなニ短調の和音(管楽器のみ)へ…
ここにこそ「有機的繋がり」が必要なのではないかしら?
 
今日も、そしてこれからも、フルトヴェングラーの音楽・音による思想は、僕に無限の示唆を与えてくれることだろう。
 
(追記)
ここまで書いてしまってから、2012年の今日のBlogを見てみた。
やはり、フルトヴェングラー・コンサートをやっているではないか!
セレクトした曲が重なっていないから、まあ良しとしようか。
posted by 小澤和也 at 23:29| Comment(0) | 日記

2013年01月24日

灯油販売車の音楽

 
灯油の移動販売車はたいてい、音楽を流しながら営業している。
これまで聞いたことがあるのは
「雪」「たき火」など。
 
わが家の近所を走る灯油販売車の音楽は、唱歌ではなく、オリジナルの演歌風のものだ。
歌い出しは、こんな感じ。
 
 
1コーラス14小節の単純な節回し。
歌詞は残念ながらよく聞き取れないのだが、全部で3番まであるようだ。
曲冒頭には8小節の前奏があり、トランペットがひなびたメロディを吹き鳴らす。
(「北国の春」のそれと似たイメージ)
 
ところでこの曲、
灯油屋さん共通のテーマソングなのだろうか?
なぜ急にこんなことを思ったかというと…
小学生の頃(もう30年も前のことだ)に住んでいた横浜市某所で聞いた音楽と、まったく同じものだったから。
旋律はもちろん、テンポからアレンジから、すべて当時の記憶とピタリ重なるのだ。
 
〜と、ここでハッと思い出す。
3番のサビの部分、お店の名前がそのまま歌詞になっていたはずだ!と。
そう…
昔、横浜で聞いたのは
「いーしーだー、こうーさーんー〜♪」(とりあえず仮名)
であった。
 
では、今この近所で聞けるこの曲では3番のサビはどうなっているのか…
こうなるともう、気になって仕方ない。
昨日、たまたま停まっていた灯油屋さんの車の横に立って、じっと耳を傾ける。
(怪しいヤツと思われたかも)
さて、3番のサビは…
「とーうーゆーーは、サンヨーウー〜♪」(仮名)
ちゃんと歌詞が差し替えられているではないか!
 
タイトルも作詞/作曲者名も分からないが、きっとどこかの系列の会社の統一イメージソングなのだろう。
30年ぶりにこの曲を聞けるとは思わなかった。
(どなたかご存じの方がいらしたら…教えてください)
posted by 小澤和也 at 11:37| Comment(0) | 日記

2013年01月21日

ついにゲット!

 
 
ずっと探し続けていたCDを、都内の中古レコード店にて発見!
H.S-イッセルシュテット指揮のベートーヴェン、第九交響曲と荘厳ミサが収められた2枚組である。
 
さっそく「荘厳ミサ」から聴く。

オーケストラは彼の手兵、北ドイツ放送響。
予想通りに重心の低い、まさにドイツ的な響き…それでいて緩急のメリハリが実に適切なのだ。
(トータル78分、1枚に納まっている)
 
加えて、何かを「狙った」ような表現は皆無であり、極めて高い次元での「中庸」が実現されている。
また、独唱、合唱ともクオリティが高く、声楽と器楽とのバランスの良さも見事である。
 
これからさらにじっくり聴き込もう。
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 日記