2013年02月27日

オラトリオ『戦争』のスコア

 
 
アントウェルペン音楽院のヤンさんから戴いた『戦争』のフルスコア。
おそらくは…
日本にあるのはこの1冊。
 
表紙をめくると、ペーテル・ブノワのリトグラフと、なぜかまた表紙(?)。
かなり古そうな本。
紙は茶色く焼け、製本もかなり…
 
 
めくってゆくそばから、見事にバラバラに…
 
 
ヤンさん曰く「ブノワの最高傑作」とのこと。
 
これを読んで、さらにブノワ道を究めるぞ!
posted by 小澤和也 at 23:57| Comment(0) | 日記

2013年02月25日

追悼 サヴァリッシュさん

 
昨日、突然僕の耳に飛び込んできたヴォルフガング・サヴァリッシュさんの訃報。(2月22日死去)
ショックだった…
引退されて久しかったし、90歳に近い高齢(1923年生まれ)でいらっしゃったのだから、仕方がないといえばそうなのだけれど。
 
NHK交響楽団とゆかりが深く、それゆえTVやFM放送でそのお名前や姿を見聞きする機会も多かったサヴァリッシュさん。
いわゆる "楷書体" の指揮をなさる方だなぁと、昔から思っていた。
サヴァリッシュがベートーヴェンやブラームスを振られるN響定期にも、よく足を運んだものだ。
 
これはラジオでの記憶でしかないのだが、鮮烈に印象に残っている演奏がある。
それは1981年8月のザルツブルク音楽祭…カール・ベームが指揮するはずであったシューベルト・プログラム。
ところがベームはこの月の14日に亡くなってしまう。
そして代役がサヴァリッシュさんであった。
このときの『未完成』の、刺さるような鋭いエッジの響き、火を吹くような『グレイト』のスケール感は30年経った今でもほんとうに忘れられない。
 
N響との共演は2004年が最後だったとのこと。
その別れ際、サヴァリッシュさんはオーケストラに向かって(Auf wiedersehenでなく)"Lebewohl!" とおっしゃった、という話を聞いたことがある。
どこまでも筋の通った、真っ直ぐなマエストロだったのだ…
 
昨晩は、大好きなシューマン/第2交響曲のCD(シュターツカペレ・ドレスデンとの録音)を小さくかけて、お別れをした。
第3楽章…沁み入るように美しかった。
 
サヴァリッシュさんの指揮姿からは実にいろいろなことを学んだような気がする。
そして…これはまったく内輪なことなのだけれど、サヴァリッシュさんと僕は誕生日が一緒(8月26日)なのだ。
〜そのことだけでも、不思議な親近感を覚えていたのだった。
 
RIP, Maestro Sawallisch...
posted by 小澤和也 at 23:58| Comment(0) | 日記

2013年02月24日

「魅惑の室内楽」

 
 
友人でピアニストの平野裕樹子さんが出演された室内楽コンサートを聴く。
(22日@津田ホール)
 
書き下ろし作品2曲(野崎美波/午後の光と影、プティ/渦巻く恐怖)を含め、ほとんどが初めて耳にする作品だったが、大いに楽しんだ。
中でも印象に残ったのは、上記プティの曲、そして萩京子/3つの悲歌である。
 
「渦巻く恐怖」は、クラリネット、ファゴット、ピアノおよびメゾソプラノのための作品。
作曲家によって書かれた詩の朗読に続き、タイトルから連想されるイメージ通りの刺激的な響きが畳み掛ける。
それらはときに痛々しいものだけれど、決して無秩序ではなくある一定の「フォルム」を持っているように感じた。
またそれぞれの音型も、各楽器の特性を巧みに活かしたものになっていて、前衛的なサウンドながら強い説得力を帯びていたと思う。
 
フルート、ファゴット、ピアノのためのトリオ「3つの悲歌」では、ひたすらに美しい響きに惹かれた。
穏やかな、それでいて遣り場のない哀しみが綿綿と流れてゆくような音楽。
プログラムノートによれば、萩さんの先輩であり同志でもあった作曲家・林光氏の訃報がこの曲に影響を与えているとのこと。
(余談だが、演奏終了後に客席にいらっしゃる萩さんが紹介された…僕のすぐ目の前に座られていた女性がすっと立ち上がられて一瞬ビックリ)
 
その他、グリンカ/悲愴トリオは僕が唯一聴いたことのあるものだったのだが、それは2本のクラリネット&ピアノでの演奏だった。
今回聴いたクラリネット、ファゴットとピアノ(こちらがオリジナルなのだろう)のほうが色彩感、立体感に富んでいて好感。
ハールストン/トリオ ト短調では、ブラームスそっくりのメロディが一瞬出てきたりして思わずニヤリ。
 
平野さん(そしてファゴットのF.ルブロワさん)は全曲乗り番…
お疲れさまでした!
 
 
この日、池袋からホールまでてくてく歩いた。
途中、高田馬場あたりまで路面電車の専用軌道としばし並行。
 
(高戸橋交差点付近)
posted by 小澤和也 at 00:37| Comment(0) | 日記

2013年02月22日

ブルックナー雑感

 
昨日、東京芸術劇場でブルックナー/第5交響曲(読響名曲シリーズ・下野竜也さん指揮)を聴いてから、頭の中がずっとブルックナー・モードである。
 
演奏を聴いて感じたこと。
前半2楽章はどちらかといえば静的な印象、端正な造型感覚に好感を覚えた。
続くスケルツォはメトリークが明快で実に鮮烈。
(特に中間部!)。
そして終楽章は一転、マエストロの創意工夫が満載。
 
オーケストラのサウンドも素晴らしかったな。(Hrnソロが絶品!)
ブルックナー演奏として限りなく理想的な響き。
Mr.Sの遺した大きな功績のひとつなの だろう。
 
今日はあれこれスコアを眺め、音源を確認したりして過ごす。
改めて思うことだが、ブルックナー演奏は指揮者が「何かやってやろう…」と思うところに危険をはらんでいるような気がしてならない。
表現としての "あざとさ" を排し、この作曲家独自の響きを肌で感じながらひたすらに愚直を通す…
これが僕のイメージするブルックナー像だ。
 
どの作曲家にも作風の変遷があるように、ブルックナーの作品にも年代によってカラーの差があるように思う。
この「第5」、番号こそ5番目であるが、僕らが一般に耳にする「第3」や「第4(ロマンティック)」の決定稿よりは成立が早いのだ。
《第5=1878年、第4第2稿=1880年、第3第3稿=1889年》
その意味で、第5交響曲は彼の「初期スタイル」の総決算と呼んで差し支えないだろう。
流麗で洗練された第7、あるいは第8交響曲と違ってゴツゴツしているが、そこがまた堪らなく魅力的なのだ。
 
この日は、正指揮者というポストでの下野さんの最後の演奏会だったとのこと。
楽員の皆さんが退場した後、下野さんの「ソロ」カーテンコール。
素敵な場面であった。
昨日の演奏は、オーケストラと指揮者によるこのうえなく幸福な共同作業であったと思われる。
 
 
posted by 小澤和也 at 00:45| Comment(0) | 日記

2013年02月20日

伝記 ペーテル・ブノワ(4)

 
§第2章
[ペーテル・ブノワの少年時代]
 
(前回からの続き)
ブノワの母親もまた、息子の心を動かすすべを理解していた。
彼女は、宝物のような物語・伝説の数々を知っており、表現豊かな朗読を聞かせることにより、子供たちのイマジネーションに強い感動を与えられるような、不思議な力を持った女性だった。
彼女はあるとき、ドイツの作家コツェビューの戯曲を全幕朗読した…それは韻文で書かれ、演劇協会によって10回以上も上演されている作品であった。
こうして母親はペーテル少年のために、おとぎ話の登場人物や伝説的な出来事に満ちたミステリアスな世界を築いてみせる。
そして、それらのイメージや感動の宝庫(後にこの芸術家を幾度となく奮い立たせる)は、幼い頃よりペーテルの敏感な心の中で育まれていたのだった。
 
さて、これらはすべて事実だろうか?
あるいは、それらの奇抜さが書き遺されることによって生まれた空想の産物なのか?
今後の本格的な調査が、ブノワの青年時代に新たな光を投げかけるかもしれない。
 
ハレルベーケには、この少年を抑えがたく引きつけるさらに別のものがあった…それは日曜日や祝日に教会で演奏された音楽である。
そこにはオルガンだけでなく、オーケストラおよび充実した合唱団があり、共に大変有名な作曲家〜なかんずくハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン…既に100年以上にわたり世界中で演奏され、喝采を送られている三人のウィーンの作曲家〜の偉大な作品を演奏していた。
 
ペーテル少年はこれらの演奏を、一つの響きも聞き落とすことなく熱心に聴いていた…彼のような少年は他にいなかった。
彼の思考は、音楽によって高みを浮遊していく。
美しい旋律の響き、オルガンやその他様々な楽器の音色は、注意深くそして有頂天になってそれらを聴くペーテルにとって魅惑的な夢の世界の黄金の扉を開いたのだった。
 
音楽への欲求は抗いがたくかきたてられ、そしてペーテルは音楽的能力を身につけるためのあらゆる機会を逃さなかった。
教会で聴いた音楽によって、少年はより多くの恩恵を受けたであろう…家族から与えられたそれよりも。
(彼は父親の吹く甲高いクラリネットや祖父の吹くクラクションのようなホルンを聴いているのだが)
けれども、二人は常に音楽を理解する耳を持っていた…ともに音楽をこよなく愛し、そして疑いなくペーテルの音楽的成長に大いに貢献したのであった。
 
(第2章 つづく)
 
posted by 小澤和也 at 09:30| Comment(0) | 音楽雑記帳