2013年02月09日

渋谷公会堂で聴いたルスラン

 
港北区民交響楽団とのプローべへ。
久しぶりなのでとても楽しみだった。
会場の都築公会堂、よく知っている場所(昔演奏会でよく利用)にもかかわらず迷ってしまい、時間ギリギリに到着。
始まる前から大汗…
 
今回の曲目はドヴォルジャーク/第8交響曲、ハイドンの104番、そして定番「ルスランとリュドミラ」序曲。
譜読みを始めてまだ二週目とのことだったが、皆さん必死に食らいついてくださっていた。
 
ルスランといえば、ちょっとした思い出がある。
あれは大学生の頃、黛敏郎さんが司会をしていらした時代の「題名のない音楽会」の公開収録を観に行ったときのことだ。
(あの頃の「題名〜」はほんとうに良かったな)
出演は岩城宏之さん、たしか2本撮りだったっけ…
 
そのうちの一本が「暗譜」をテーマにした回だった。
岩城さんは基本的に暗譜で振られる方で、「覚えにくい曲」としてシベリウス/第5交響曲の第3楽章を例に挙げ、スコアをスクリーンに写しながら演奏を聴かせてくださった。
 
次に「オーケストラが暗譜で弾くとどうなるか?!」という話題に移り(通常そういうことはあり得ない)、ここで指揮者はじめ全員が暗譜で演奏したのが…ルスランとリュドミラだったのだ。
凄まじい集中力で一気呵成に弾き切った瞬間…客席からは万雷の拍手!
でも、岩城さん曰く
「ちょっと "守り" に入ってたかな」
 
放送で流れたのはたしかここまで。
収録の際には黛さんが間髪を容れず、
「では今度は楽譜を見て弾いていただきましょうか!」
(今思えば…なんと人遣いの荒いこと!)
岩城さんはさっと指揮台に上り、オーケストラも実にのびのびと、先ほどよりさらにパワーアップしたルスランを聴かせてくださったのであった。
 
この曲を2度も続けて聴いた経験は、後にも先にもこの時だけである。
 
区民響の皆さん、また来月に!
posted by 小澤和也 at 23:24| Comment(0) | 日記

2013年02月06日

ドライヴ

 
 
寺田由美パーカッションアンサンブル「ドライヴ」のコンサートを聴く。
(@横浜みなとみらいホール(小))
 
 
メンバーの一人、天明さおりさんは高校の後輩だ。
(チラシ・中央左端)
演奏家としての天明さんを聴くのはおそらく今日が初めて。
 
プログラムは二部構成。
前半のオリジナル作品2曲、「オルタネイト・スティッキン・パレード」(村松達之)と「セレブレーションとコラール」(N.D.ポンテ)がやはり圧倒的に楽しめた。
定番曲らしく、華やかな演奏効果とカッチリとした曲のつくりが魅力。
 
それから、今回彼らと共演する形となった木管五重奏団「アンサンブル・ネージュ」によるミヨー/ルネ王の暖炉も佳演。
(木五を聴くのも久しぶりだったなあ…懐かしい)
 
演奏会後半は、木管五重奏+打楽器アンサンブル、そしてフルート三重奏+打楽器アンサンブルという新しいスタイルの作品が4曲。
いずれも委嘱、あるいは編曲作品である。
 
これらは「演奏していて楽しい曲」なのだろうなぁ…
というのが正直な感想。
客席には、楽器を携えた学生さんと思しき若い方々の姿も多く、彼らへアピールする力というものはすごく強いのかもしれない。
ただ申し訳ないことに、僕には「限りなく小編成な吹奏楽」との違いを感じ取ることができなかった。
サウンド的にはとても美しかったのだけれど。
 
それでも、前半が聴けただけで大満足!
(「プライマリートリオ」によるフルート三重奏(メルカダンテ/セレナード)も素敵だった)
 
天明さん、お疲れさまでした!
楽しいコンサートをご案内くださってありがとう。
 
 
posted by 小澤和也 at 22:26| Comment(0) | 日記

2013年02月05日

魂のごはん

 
「バッハの音楽とは?」
『"魂のごはん" です』
 
とあるNHKのTV番組での、鈴木雅明さんの言葉。
限りない高みにあって、しかも何ら"特別なものではない" ということなのだろう。
 
けだし至言。
 
 
posted by 小澤和也 at 23:56| Comment(0) | 日記

2013年02月03日

アイディアノート

 
丸の内オアゾの丸善にてノートを買い求める。
紙の質や綴じ方などにメーカーの強いこだわりが感じられる、そんなノートだ。
 
 
数年前から「アイディアノート」(ありきたりな命名…)をデスクの傍に置いて、思いついたことや心に響いたことなどを書き留めている。
この "LIFE/ Noble Note" を使うようになってから、それまでにも増して書くこと、考えることが楽しくなった。
なんといっても、書き味、ペンのすべりがいい。
 
こういった知的作業、昨今ではパソコンや各種ポータブル端末を使ってやられるのが主流だとは思うのだが、僕は未だに「紙とペン」派である。
 
結構お高いノートだけれど…
これのおかげでヤル気が湧いたりよい着想が生まれるのであれば、決して無駄ではなかろう。
(…と己に言い聞かせるのであった)
posted by 小澤和也 at 23:52| Comment(0) | 日記

2013年02月02日

音楽ノート 満3年

 
 
2月2日。
この「小澤和也 音楽ノート」を書き始めてから、本日で満3年となりました。
 
こうして続けることができたのも、ご覧くださっている皆さまの応援のおかげです。
心より御礼申し上げます。
 
これからも音楽家として、またひとりの人間として、この深遠なる芸術に対し真摯に向き合っていくことを、
そして、その中から湧き上がる喜びや感動を皆さまと分かち合えるよう努力してゆくことを、ここに誓います。
 
今後とも「音楽ノート」をよろしくお願い申し上げます。
 
小澤和也
 
posted by 小澤和也 at 01:16| Comment(2) | 日記