2013年02月18日

ヴィオロンでの雅なひととき

 
 
カフェ・ヴィオロンにて『21世紀にこれだけは残したいSPの名演奏』と題したレコードコンサートを聴く。
(17日、阿佐ヶ谷)
 
駅北口、飲食店街を抜けて住宅地にさしかかったあたりに建つこのお店。
外観からして雰囲気満点。
 
 
中へ入ると…
すでに店内は暗く、開演を待つお客さんの姿もちらほら。
 
解説の板倉重雄さん。
(こっそり撮ってしまってごめんなさい…)
月一回のペースで、もう10年以上にわたってこの会を催していらっしゃるそうである。
 
 
この日はベートーヴェン特集。
はじめに聴いたのは、ケンプの弾く『熱情』ソナタ。
('43年録音)
冒頭、針音の向こう側にある音色そのものの美しさにいきなり度胆を抜かれる。
空間を感じる録音、ピアニシモも綺麗だ。
40歳代のケンプの、瑞々しくロマンティックな演奏を楽しむ。(技術的には既に完璧ではなかったようだが)
 
続いてのプログラムは、メンゲルベルク&コンセルトヘボウによる第8交響曲。
(’38年録音)
弦の色、管の奥行きをしっかりと感じる演奏。
第3楽章、ホルンとトランペットのファンファーレが、実によい音で録れている。
随所に現れるルバート(メンゲルベルク節)にニヤリ、聴き終えてニッコリ。
 
ここまでで改めて感じたこと。
"ベートーヴェンは…SPで聴いてもまったく遜色ないのだな"
楽曲の持つ色彩感、そしてダイナミズムが、SPの技術の枠内に(ギリギリだが)収まっているように思えるのだ。
そして、演奏者の「意志」がしっかりと聴き取れる音質であった。
 
 
休憩を挟んでの後半、カペー四重奏団による『ラズモフスキー第1番』を聴く。
(’28年録音)
おっとりと始まる第1楽章。
やや乾いた音色だ。(前2曲との10〜15年の収録年の差か?)
最初の2つの楽章は、曲の前衛性とカペーSQの演奏スタイルが今ひとつマッチしないように感じられたが、後半は素晴らしかった。
第3楽章の、1stヴァイオリン主導のカンタービレ、そして力感を取り戻したフィナーレ…
 
往年の巨匠達の奏でる音楽を充分堪能するとともに、状態の良い盤を優れた機器で再生したときの、SPレコードの持つ情報量の多さに心底感服した。
もちろん、ノスタルジックな意味合いでの感動も深い。
SPの収録時間は片面数分ずつ。
この日の『熱情』『第8』は3枚6面、『ラズモフスキー』は6枚12面であった!
途中で面(盤)を替え、ゼンマイを巻き直して再び針を落とす、この儀式のような感覚が懐かしかった。
(LP時代でも、"1枚もの"の『第九』では第3楽章の途中で必ず面が変わったものだ)
 
アンコールとして、ヴォルフシュタールの独奏による『ロマンス』第2番が再生された。
初めて聴く名前だった(フレッシュ門下のドイツ人とのこと)が、甘い音色の美しいヴァイオリンであった。
 
楽しいひとときを味わう。
ご案内くださった板倉さんに心から感謝。
 
帰り道にふと気付いた。
"今日の演目、全部「ヘ調」の作品だった…アンコールまで!"
これは偶然ですよね?
(板倉さんにお尋ねしないと!)
 
 
posted by 小澤和也 at 22:11| Comment(0) | 日記