2013年05月29日

「ハルサイ」としんちゃんの思い出


ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」。
今日(5/29)は初演からちょうど100周年とのこと。
いま、そのCDを聴きながら、ふと高校時代の親友、しんちゃんのことを思い出している。

ある日、しんちゃんが僕に話しかけてきた。
「オーケストラ曲を聴きたいんだけど…何でもいいからオススメを教えてくれないかな?」
何でもいい、って…困ったな…
聞くと、これまでクラシックにはまったく馴染みがなかったらしい。
少し考えて、ドヴォルジャークの「新世界」交響曲のレコードを貸した。

翌日。
「オザワクン、新世界、すごくいい曲ですね!」
よかった、気に入ってくれて…
また何か教えて欲しいとのことだったので、冗談半分で、
「こんな曲もあるよ!激しくて、前衛的で、全然きれいじゃないんだ…まあ試しに聴いてみて」
と、彼に渡したのが『春の祭典』。

また翌日。
興奮の面持ちでやってきたしんちゃん。
「こ、これはすごい曲だ!なんて素晴らしいんだ!」
まったくの予想外の反応にビックリ。
どこで手に入れたのか、スコアのコピーを繰りながら一心不乱に耳を傾けている。

どちらかといえば古典派〜ブラームス、ブルックナーあたりが好きだった僕は、一抹の不安を感じつつ、次にベートーヴェンのレコードを彼に貸した。
ところが、返ってきた答えは
「これは僕にはつまらなかったです」
そしてしんちゃんは、ショスタコーヴィチ、ヒンデミット、ヴェーベルンetc.の方へと(ある意味真っ直ぐに)歩いていった。

その後しんちゃんとはクラスが別々となり、さらに高校卒業と同時にすっかり疎遠になってしまった。
お元気だろうか。

(今もベートーヴェンは嫌いかしら?)









posted by 小澤和也 at 23:56| Comment(0) | 日記

2013年05月26日

あしべの歌声@地域まつり


ああ、晴れてよかった…

青い空のもと、江戸川区の中央地域まつりが開催された。
合唱団あしべにとっても楽しみな、そして貴重な発表の場である。

朝10時、鼓笛隊のパレードが次々とメイン会場へ到着。
(舞台脇より撮影)

全員が揃ったところで、開会セレモニー。
あしべは今年も、ステージで江戸川区歌を斉唱する役目を仰せつかった。
セレモニーに続いて各種アトラクションの時間…一番バッターはもちろんあしべである。

歌ったのは
「ゴンドラの唄」「峠の我が家」、そして「花は咲く」の3曲。
今年は、びっくりするほど大勢の方々があしべの歌を聴きにお集まりくださった。
これに触発されたか、メンバーの歌声にも一段と気合が入る。
一昨日録音したばかりのピアノ伴奏(藤城敬子先生)に合わせ、心を込めて歌いぬく。
ホールでの演奏とは一味違う、開放感と(よい意味での)ザワザワとした賑やかさ、そして頬に触れる風を感じながらの、楽しい本番であった。

皆さんお疲れさまでした。
次は秋の合唱祭に向けてがんばろう!







posted by 小澤和也 at 23:07| Comment(0) | 日記

2013年05月22日

演奏会のごあんない

これから出演するコンサートの情報です。


§ 前橋・市民オペラ合唱団 旗揚げ公演「アイーダ」

日時…2013年6月23日(日) 13時開演
会場…前橋市民文化会館小ホール、全席自由 4500円
曲目…ヴェルディ/アイーダ 全4幕
出演…日隈典子(アイーダ)、山田精一(ラダメス)、巖淵真理(アムネリス)、小澤和也(指揮)他


§東京農工大学グリークラブ 第33回演奏会
日時…2013年8月8日(木) 19時開演(全席自由、入場無料)
会場…成城ホール(全席自由、入場無料)
曲目…木下牧子/男声合唱組曲「光る刻」、清水脩/同「アイヌのウポポ」他
出演…小澤和也(指揮)、宮代佐和子(ピアノ)他


§港北区民交響楽団 第14回夏休み親子コンサート
日時…2013年8月18日(日)午後開演(二回公演)
会場…港北公会堂(入場無料、要入場整理券)
曲目…エルガー/威風堂々第1番、芥川也寸志/交響管弦楽のための音楽 他
出演…小澤和也(指揮)、秋山雅子(司会)


皆さま、どうぞお運びください。

posted by 小澤和也 at 20:42| Comment(0) | 演奏会情報

2013年05月19日

前橋アイーダ・稽古風景


18日の合唱立ち稽古より。

第2幕第2場、凱旋のシーン。

槍は団員さんの手作り。

第3幕幕切れ、緊張の場面。

これも団員さん作。


公演は6月23日(日) 13時〜
@前橋市民文化会館小ホール です。
みなさま、どうぞお運びください。


posted by 小澤和也 at 00:37| Comment(0) | 日記

2013年05月17日

ラファエロ・サンツィオの描いた美


ラファエロ展を観る。
(16日、@上野・国立西洋美術館)

11歳頃より工房に入り、17歳で "親方" となった早熟の天才。
その筆致に、モーツァルトの音楽にも似た空気を感じた。

(良い意味で)隙のまったくない、完全体としての造形の美しさ。
また作品に、苦労の跡のようなものが(少なくとも表面的には)ほとんど見られないところも…

心に残った作品をいくつか。

『自画像』

『聖家族と仔羊』

『大公の聖母』
やはり、これがもっとも素晴らしかったな。
いつまでもずっと見ていたいと思った。

佳い時間であった。


posted by 小澤和也 at 00:08| Comment(0) | 日記