2013年06月30日

美しい女声合唱の響き

 
津田ゼンガーフェストの演奏会を聴く。
(29日@津田ホール)
合唱団は総勢29名。
ピアノは小介川淳子さん。
 
清潔で均質な発声、そして各パート毎の自律性が強く感じられる…
実に理想的な在りよう。
前半のプログラムの中で印象に残ったのが、信長貴富「わたしという不思議」。特に同タイトルの第3曲が美しい作品だった。
瑞慶覧尚子「ぎんいろ じかん」もチャーミングな曲集。
なかでも「いっしょに」、木下牧子も同じテキストに作曲しているのだが、こちらの屈託のない明るさもとっても魅力的に感じた。
 
後半最初のホルスト「リグヴェーダ賛歌」は、繊細な音程感覚の求められる難曲。
演奏ははじめ硬さがあったようだが、後半へ進むにつれ安定感が出てきたか。
初めて聴く作品だった…貴重な体験。
ラストはジブリ曲集。
やや凝ったアレンジだが「さくらんぼの実る頃」などは充分楽しめた。
 
白のワンピースを基調に、ステージ毎にワンポイントのアレンジを加えた団員さんの衣装がとても素敵だった!
特にホルストでのオリエンタルな雰囲気満点のゴールド、そしてジブリでの爽やかな緑色…
(画像の無いのが残念)
 
マエストロ&ピアニストとの強い信頼感に裏打ちされたような真摯な演奏。
何かと制約の多い女声合唱だが、津田ゼンガーフェストの皆さんの歌はそれを感じさせない表情豊かなものだ。
得るものの実に多い演奏会であった。
 
ご盛会おめでとうございます。
ますますのご発展を!
 
posted by 小澤和也 at 23:55| Comment(0) | 日記

2013年06月28日

稽古後のサプライズ

 
Aida合唱プローべへ。
(@立川、27日)
いよいよ第2クールのスタートだ。
前週のマエストロ練を踏まえ、より細部にこだわって重要な箇所を詰めてゆく。
 
合唱指導の森口賢二さん、今週をもってひとまず "お疲れさま"。
ということで、稽古後に軽く飯でも食べますか、ということになっていたのだけれど…
 
お店に着いてみると、ゆうに10数人分の席が用意され、ピアニストさん、サポート合唱団員さんが続々と勢ぞろい!
なんと、僕の「前橋アイーダ盛会おめでとう」も兼ねた会であった!
(左端が森口さん)
 
『男の肉盛り合わせ』…この店の名物らしい。
 
そして…
デザートタイムで極めつけが。
 
 
立川の仲間たち、最高だ!(T_T)
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:35| Comment(2) | 日記

2013年06月27日

小澤和也プロフィール

東京生まれ。12歳よりテューバを始める。
東京農工大学を卒業後、1997年より東京音楽大学にて指揮を学ぶ。汐澤安彦、広上淳一の両氏に師事。在学中より『ラ・ボエーム』『魔笛』他のオペラ上演においてP.G.モランディ、船橋洋介両氏らの下で研鑽を積む。

2000年、神奈川新聞社主催「夢つむぐコンサート」出演、グラズノフ『四季』等を指揮する。'01年より、新国立劇場公演『ナブッコ』『トスカ』『イル・トロヴァトーレ』『ラ・ボエーム』他の副指揮、助演を務めている。'03年、オペラ『かぐや姫』(平井秀明作曲)世界初演に際しても音楽スタッフとしてその手腕が高く評価された。'05年には男声合唱組曲『風に寄せて』(中橋愛生作曲)を委嘱・初演、新しい響きの可能性の追究に取り組む。これまでに『ある母の物語』『メリーウィドウ』『アイーダ』などを指揮、いずれも好評を博した。

また、フランデレン(ベルギー)の作曲家ペーテル・ブノワ Peter Benoit の研究にも力を注いでいる。'08年「荘厳ミサ "Hoogmis"」日本初演に際してはピアノリダクションを担当、また合唱指導等にも携わり公演の成功に大きく貢献した。

現在、各地のオーケストラ、合唱団等の指揮、指導を行っている。'12年より立川市民オペラ合唱団指揮者に就任。東京農工大学グリークラブ、合唱団あしべ指揮者。
posted by 小澤和也 at 16:54| Comment(0) | プロフィール

2013年06月24日

前橋Aida、終演

 
〜前橋・市民オペラ合唱団
旗揚げ公演「アイーダ」〜、
満場のお客様の声援に支えられ、盛況のうちに終演。
 
小ホールゆえ、オーケストラピットはもちろんなし。
指揮者は客席最前列、ピアノは上手花道と制約の多い音楽的環境であった。
(右端がピアノ、右下に白く写るのが僕のスコア)
 
 
 
それにもかかわらず、キャストの皆さんは指揮とのコンタクトを終始切らすことなく、ダイナミックかつ緻密な歌唱を聴かせてくださった。
アイーダ(日隈典子さん)、ラダメス(山田精一さん)のお二人はもちろんのこと、アムネリス(巖淵真理さん)、そしてアモナズロ(馬場眞ニさん)が声・演技ともに圧倒的な存在感を示していらした。
 
そして合唱。
およそ一年間のトレーニングの成果を存分に発揮されていたと思う。
僕が通い始めた4月からと比べても、格段の進歩だ。
"Coro interno" はほんとうに苦労した。
姿こそ舞台にはないが、ストーリーの展開に欠かせない陰のコーラス(特に第4幕)。
この「アイーダ」では、最後の最後が合唱(とアムネリス)のppで終わるのだ。
 
全幕を見事に歌い切って…
カーテンコール。
いつまでも続くお客様の拍手。
合唱団の皆さん、ご成功おめでとうございます。
次回の公演へ向けて、これからもがんばってください!
 
ご来場くださいました皆様にも厚く御礼申し上げます。
 
 
posted by 小澤和也 at 21:47| Comment(2) | 日記

2013年06月20日

完売御礼

 
前橋・市民オペラ合唱団のAida。
火曜日の通し稽古を終え、あとはゲネプロと本公演のみ。
課題はまだ多いが、ひとつひとつクリアしていく。
 
おかげさまでチケット完売とのこと…ほんとうに嬉しい。
急遽立見席を数十枚出すことになるそうだ。
 
 
指揮台から見たこの日の合唱団メンバーの生き生きとした表情、忘れまい。
 
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。
 
 
2013年6月23日(日)
午後1時開演
前橋市民文化会館小ホール
posted by 小澤和也 at 09:03| Comment(0) | 日記