2013年07月31日

成城ホール

 
成城ホールへ。
東京農工大グリークラブとの演奏会を来週に控えての、ステージリハーサル。
 
白と茶を基調とした、清潔感のある客席空間。
音楽専用ではないので、充分なホールトーンという訳にはいかないが、まずまずの響きだ。
 
学歌のリハーサル風景。
 
これから「アイヌのウポポ」の通し。
 
舞台上から見た客席。
広さのわりに傾斜が大きく、後方の座席からは舞台を見下ろすような印象だ。
 
女声合唱「童謡つづれおり」では、並び方を少し変えてみた。
(こういうことができるのも舞台稽古の有難さである)
昨日の練習が功を奏したか、とても充実したサウンドに!
 
メインの「光る刻」は唯一ピアノ伴奏付きの作品。
農工グリーのような小編成の合唱団では、伴奏とのバランスがちょっぴり悩ましいところ。
(単にピアノの音量を落とすだけでは音楽が死んでしまう)
いろいろ考えないとな。
 
 
8月8日(木曜日) 19時開演。
入場無料です。
みなさま、どうぞお運びください。
 
posted by 小澤和也 at 23:28| Comment(0) | 日記

2013年07月29日

音楽の疲れを音楽で癒す

 
Q「余暇には何をされますか?」
A「ピアノをさらいます」
 
何かの本で読んだ、大ピアニスト・バックハウスのとあるインタビューでの言葉である。
 
今日は久しぶりの完全オフ。
バックハウスの真似ではないが、朝から本を読み、音楽を聴いて過ごした。
 
数日前に届いたばかりの「ジャン・シベリウス〜交響曲でたどる生涯」(松原千振著、アルテスパブリッシング)。
副題の通り、代表作である7曲の交響曲を軸に、この大作曲家の歩みを追ったもの。
 
R.シュトラウスやブルックナーから影響を受けているのはもちろんのこと、ベートーヴェンをはじめとするウィーン古典派の作品からもシベリウスは多くを学んだとのこと。
ページを繰りながら、彼の作風とその変遷に思いを馳せる。
 
今回改めて、シベリウスの最初期作品に強く興味を惹かれた。
クッレルヴォ、エン・サガ、そしてレンミンカイネン組曲…
あの第1交響曲に先立つ彼の音楽スタイルがここにはあるに違いない。
 
そのまま一気に読了。
良書であった。
どのページからも、シベリウスのあの深い響きが聞こえてくるかのよう。
 
いい休日だったな。
そして、この本との出会いにも感謝。
 
 
posted by 小澤和也 at 23:21| Comment(0) | 日記

2013年07月28日

大人買い

 
むかし通っていた歯科医院で薦められた歯ブラシ。
なんとなく使い始めて…
すっかり気に入ってしまった。
 
国内大手衛生用品メーカーの製品だが、ドラッグストアなどではあまり見かけないかも。
(外箱には「歯科用」と書いてある)
 
とあるルートで大人買い。
これで2年ぐらいはもつかな?
posted by 小澤和也 at 00:29| Comment(0) | 日記

2013年07月25日

農工グリーの若き歌声

 
いよいよ2週間後。
みなさま、どうぞお運びくださいませ。
 
 
§東京農工大学グリークラブ
§第33回演奏会
 
19時開演
@成城ホール
(小田急線成城学園前駅下車)
全席自由・入場無料
 
『光る刻』(木下牧子)
『アイヌのウポポ』(清水脩)
『中山晋平 童謡つづれおり』より(江口泰央編)
『いつからか野に立って』(木下牧子)
 
小澤和也(指揮)
小関歩(学生指揮)
宮代佐和子(pf)
 
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 演奏会情報

2013年07月22日

本日、土用ノ丑ノ日

 
恒例により、今年も。
 
鰻の旬は晩秋〜初冬とのことだが、まあそれはそれとして…
 
平賀源内作とされるこのセールスコピーも、そもそもオフシーズンの夏場に売り上げが落ちる鰻屋さんを助けるために考案されたのだそう。
 
今年試してみたのは、
「蒸し焼きにする前に、蒲焼についているたれを洗い流す」という斬新(?)な一手間。
なるほど、たれが焦げなくてすむ…ということだろう。
 
効果は…あったようだ。
ただしその分、後からかけるたれはたっぷりあった方がよいみたい。
 
美味しくいただきました。
 
posted by 小澤和也 at 21:56| Comment(0) | 日記