2013年11月29日

井戸の茶碗

 
根津美術館へ。
特別展「井戸茶碗〜戦国武将が憧れたうつわ」を観る。
 
 
解説によれば…
井戸茶碗とは16世紀頃に朝鮮半島から渡来した高麗茶碗と呼ばれる茶碗の一種。
桃山時代以来、侘び茶の道具として武将や茶人達の心を引きつけてきたものだそうだ。
 
一つひとつの茶碗をじっくりと眺める。
造型や釉薬の色彩のみならず、轆轤(ろくろ)目の粗さや繕いの跡までもを愛でる「侘び寂び」の精神。
日本人独特の感性ではないだろうか。
 
地下一階の講堂へ移動する。
今日の来館のほんとうの目的は…
実はこれ。
 
 
『井戸の茶碗』を聴く会。
立川談慶さんの豪快で気風のいい語り口で、「真田小僧」そして「井戸の茶碗」を堪能する
美術館と落語の組み合わせ…
これが意外とマッチするものだと感じた。
(談慶さんご自身もTwitter上でそうおっしゃっている)
 
ゆったりと、佳い時間であった。
 
 
posted by 小澤和也 at 23:21| Comment(0) | 日記

2013年11月26日

宮城への旅(2)

 
24日、旅の第二日目は
宿の美味しい朝食からスタート。
 
9:00am、チェックアウト。
まず向かったのが
北上川沿いにある石巻市立大川小学校。
津波によって多くの犠牲者が出てしまった場所である。
 
 
献花。
 
根元から折れ曲がった柱。
 
校庭の端にあった建造物。
壁面に「卒業制作」と記された大きな絵が描かれていた。
 
『世界が全体に幸福にならない
うちは、個人の幸福は
ありえない…  宮沢賢治』
 
 
Sさんの車で太平洋岸を南下。
女川町、海沿いの道から見下ろす風景。
 
石巻港からフェリーで
田代島を目指す。
 
「津波到達高」の表示。
 
 
仁斗田港に着く。
ここから徒歩でぐるりと島巡り。
 
猫好きのSさんはしっかりとニボシを持参。
そう…田代島は『猫の島』なのだ。
 
 
何事もなかったかの如く
穏やかな海。
 
 
しかし、この島にも
津波は襲いかかったのだった。
 
高台へと登ってゆくと、
現れたのは「猫ロッヂ」の数々。
 
 
 
 
再び猫たちに遭遇。
 
 
猫神社にお参り。
 
およそ90分のウォーキング。
帰りは大泊港から乗船、
石巻を目指す。
 
 
仙台へ到着した頃にはすっかり日の暮れ。
夕食は待望(?)の牛タン定食。
 
そして…
旅の締めくくりは、仙台城址。
夜景を眺め、伊達政宗公に謁見。
 
再び市街へと戻り、解散。
深夜の高速バスにて帰京の途へ。
 
この2年8ヶ月、ずっと行きたい、否、行かねばと思っていた東東北。
美しい自然、そしてあの日の記憶。
今回、Sさんの計らいにより貴重な体験をさせていただいた…ご尽力に感謝。
 
この心で感じたもの、この目で見たものをしっかりと刻みつけておきたい。
(完)
 
posted by 小澤和也 at 00:13| Comment(0) | 日記

2013年11月25日

宮城への旅(1)

22日夜、
高速バスにて東京・八重洲口発。
 
4列シートはちょっぴりキツかった。
 
23日 5:00am、仙台到着。
 
街はまだ眠っている。
 
やがて朝の予感。
 
ここからは高校の後輩、宮城県職員のSさんに車でご案内いただく。
目指すは南三陸町…快晴。
 
この日はまず、
NPO法人田んぼ さんが手掛けられている「ふゆみずたんぼ農法」のボランティア活動に参加。
 
 
参加者全員で「ひころの里」にて昼食。
 
 
 
今秋にこの田んぼで収穫されたササニシキをいただく。
 
久々の肉体労働…心地よい疲れ。
 
作業終了後、再びSさんとともに南三陸町庁舎跡へ。
 
献花。そして祈り。
 
言葉が出ない。
 
気を取り直し高台へ移動。
新しくできた仮庁舎や診療所、スポーツ&文化施設などを見学。
 
この日の宿は「追分温泉」。
味のある、のんびりした雰囲気の旅館だった。
お湯も最高!
(ただしこの日は大混雑)
 
 
 
美味しい夕食をいただきながらビール。
すると…
あっという間に睡魔が到来、9:00pm過ぎにあえなくダウン。
 
〜第一日目、終了〜
 
posted by 小澤和也 at 15:51| Comment(0) | 日記

2013年11月22日

2014・立川『アイーダ』公演のごあんない

 
今月15日、
チケット発売開始しました。
特に二日目(日曜日)のチケットは早々によく出ているとのことです。
みなさま、ぜひお運びくださいませ。
 
 
§立川市民オペラ公演2014
ヴェルディ『アイーダ』
(全4幕/原語上演・字幕付き)
 
2014年3月15日(土)17時開演
2014年3月16日(日)14時開演
たましんRISURUホール(立川市市民会館)大ホール
 
§主な出演(15日/16日)
アイーダ:庄智子/日隈典子
ラダメス:上本訓久/山田精一
アムネリス:諸田広美/森山京子
アモナズロ:牧野正人/青山貴
 
演出:直井研二、指揮:古谷誠一
立川管弦楽団、立川市民オペラ合唱団
合唱指揮:小澤和也  他
 
posted by 小澤和也 at 22:10| Comment(0) | 演奏会情報

2013年11月21日

昼蕎麦

 
自宅からすぐのところに最近オープンした手打ち蕎麦屋へ。
 
こぢんまりと落ち着いた構え。
雰囲気のある店内。
蕎麦茶と一緒に出てきた揚げ蕎麦が香ばしい。
期待に胸が膨らむ。
 
田舎そば(大盛り)とかき揚げをオーダー。
かき揚げが巨大!
 
蕎麦の歯ごたえとほのかな香りをゆっくりと楽しむ。
さすが手打ち…
美味しくいただいた。
 
昼間からちょっぴりゴージャスな気分。
たまにはいいかな。
午後からの勉強も大いに捗ったことだしね…
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:54| Comment(0) | 日記