2013年12月09日

シューマンを辿る(2)

 
§弦楽四重奏曲第2番ヘ長調 op.41-2
1842年作曲。4楽章からなる。
 
ソナタ形式の第1楽章。
冒頭の主題が実に清々しい。
次いで現れる第2主題ともども入念に対位法処理が施された、均整のとれた楽章である。
 
第2楽章:アンダンテの深い響きは、あたかもベートーヴェン後期の変奏曲のよう。
続くスケルツォの怪奇なリズム(執拗なシンコペーションの連続!)はピアノ曲的な発想か。
 
そして第4楽章は、『春の交響曲』フィナーレの気分をそのまま受け継いだような第1主題で始まる。
ほどなく現れる第2主題を耳にして、アッと思った。
テンポ感こそことなるものの、これは紛れもなく『第2交響曲』フィナーレの「讃美の主題」の先取りではないか!
 
(譜例:上が弦楽四重奏曲、下が第2交響曲)
 
この高貴なるフレーズが、すでにロベルトの心の中に在ったということになる。
(単に僕が知らなかっただけのことではあるが)新鮮な驚きにふっと頰が緩む瞬間であった。
 
前作から大きな飛躍を遂げたこの作品、「今や青春の真っ直中」といったところだろうか。
posted by 小澤和也 at 00:38| Comment(0) | 音楽雑記帳